7217件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

なのか、どれぐらいいるのか、どれぐらいの知識が必要なのか、そういったことを想定されているということであれば僕も安心できるんですけれども、なかなか、今の答弁ですとプロに任せたほうがいいのかなというふうに思ってしまうわけでありますが、ぜひ、帯広市、芽室町の災害処理計画がありますので、こういったものを参考にしながら、責任者になれるような、あるいは民間委託する際もその責任者になれる方が指導できるような、意見交換

音更町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-18

利用者からの御意見といたしましては、開始当初は、インターネットに接続できないとか通信速度が遅いといった内容が主なものでありましたが、電波の支障となる樹木の伐採や無線ルーターの交換などにより対応してまいりました。ここ数年はそういった御意見も減少傾向にあり、一般的なインターネットの利用にほぼ問題ないレベルは確保しているものと考えております。  

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

また、そういった中で、きょうのように、この一般質問の中でも、議会の皆さん方も我々も持ち得る自分たちの知識をしっかりこういうふうに表に出しながら、それを用いながら、またそれに関係する事業者を含めてその話のテーブルの上にしっかりと乗せさせていきたいと思いますので、今後とも双方の情報を開示しながら、また、交換しながらこれに対処していきたいと思いますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

環境整備では、市民との協働による事業といたしまして、ワークショップ等による意見交換を行い、地域のニーズを踏まえた水辺の整備を行います。  また、委託費等につきましては、記載のとおりでございます。  次に、表(2)河川維持管理費ですが、河川につきましては、本市が管理いたします421河川、延長581キロメートルの草刈り、しゅんせつ、護岸補修などを行います。

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

その中で校内の研修、独自の研修でいえばということで今意見いただいたんですが、やはり先生の中でも力の差というものが多少あるのかなというところで、これからいろいろな新しい勉強を取り入れていく中で、子供たちの教員同士の意見交換情報交換またはワークショップなど、そういうような、教員が、気軽にと言ったらおかしいんですが、いろいろな自分の弱みを発信できるような場所があったらもっと音更町の中での子供たちの情報とかもよりよくなっていくのかなということと

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

75 ◯町長(小野信次君)  今、久野委員からおっしゃれられたこと、我が町にとっても正直、今、御指摘をいただきました点、それで毎年、さっき説明の中で出ましたように、病院診療所の先生、そしてあと薬局の先生方、そういった方々と1年に一度なんですが、意見交換をしながら、あわせて今回の地域包括ケアシステムを含めて、今後の医療にあってどうあるべきかという意見交換

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

おとふけヘルスケアポイント事業費につきましては、町民の健康づくりを推進するため、健康診断を受診したり、健康教室や講演会などへ参加することにより、ポイントを集めて、そのポイント数に応じて記念品と交換したり、健康づくり関連用品が当たる抽せん会に応募できる費用でございます。  以上、保健福祉費の説明でございます。

音更町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-08

、今山本議員のほうから、せっかくこういった中で民間としてこういうことをやっているものを、行政として今後どういうふうに向き合うのかというお話では、先ほど渡辺部長からもお話がありましたように、連携協定を結びながら、あらゆる場面、それは健康も含めてそうですけれども、環境も含めた中でのお互いの見守り、そういったものの連携を深めていく中で、今突出して、山本議員がおっしゃっていただいた部分も含めて、常に情報交換

音更町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

本町農業家族経営を基本としながら、今後も地域における協力情報交換によるつながりを大切にして、各関係機関を初め既存の協議会等と連携を図りつつ、目覚ましい進歩を遂げるICT技術の利活用も視野に入れて、さらなる農業振興に努めてまいりますので御理解をいただきたいと存じます。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

次に、環境局について、環境計画費等では、災害時のごみ収集体制確保に向けた事業者との協定について、実効性のあるものにするためには、関係者が一堂に会し、意見交換を行うことが必要と考えるが、どうか。アスベスト対策について、新たな点検ルールを策定したにもかかわらず徹底されていないのは、職員の認識の甘さに起因するものと考えるが、今後どのように行っていくのか。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第二部予算特別委員会−03月05日-06号

災害時においては、歯科医療保健活動を円滑かつ迅速に展開する必要があり、日ごろからの歯科医師会や歯科技工士会等との体制づくりや情報交換が必要不可欠ですし、大規模災害時の拠点歯科医療機関である口腔医療センターへの自家発電装置の導入や歯科技工士の把握など、札幌市が関係団体と連携し、取り組むことを要望します。  次に、建設局です。  

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

建物の電気・機械設備等につきましては、設備の種別ごとに定められている耐用年数を参考に、施設ごとの老朽化の程度に応じ、病院運営の支障とならないように、点検や監視結果に基づいて計画的な修繕や工事、部品交換などを行っているところでございます。例えば、今年度は、部品交換を含めた空調機の修繕、ヒートポンプユニットの更新工事、蒸気配管の改修工事などを行っております。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第一部予算特別委員会−03月01日-04号

今年度は、まず、空港周辺の九つの地域におきまして、報告書の説明会及び意見交換会から始めております。この場におきましては、丘珠空港の利活用を推進することによって騒音が悪化するなどの不安の声がありました。一方、市が進める利活用促進に期待する声とか、具体的に実施すべき利活用策にかかわる意見も聞かれました。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第二部予算特別委員会−03月01日-04号

No Mapsにおいては、カンファレンスによる新しい発想や提言がきっかけとなり、交流事業での意見交換によって人と人とのつながりが生み出される点を特に期待しており、札幌市産業振興として意味のある取り組みと感じております。  また、新しい取り組みイコールNo Mapsというプラットホームの定着という答弁もありました。

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第一部予算特別委員会−02月27日-03号

モデル地区におきましては、住民同士がワークショップなどを通じまして、防災に関して自由に意見を交換し、相互に考えを確認し合いながら、例えば、災害時の情報共有の体制づくりとか独自の防災資機材の検討、さらには、企業との独自の協定締結など、それぞれ地区ごとに特色のある計画作成に取り組んでいただいているところでございます。