運営者 Bitlet 姉妹サービス
341件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-01 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 開催日:2018.10.01 ロ、施設更新事業につきましては、配水管更新工事、十勝川温泉その1から14ページの音更町浄水場井戸原水濁度計更新工事まで20件の工事を実施したところでございます。  (2)保存工事の概要でございますが、量水器整備事業につきましては、計量法に基づきます量水器1,909個の取り替えを行ったところでございます。   もっと読む
2018-09-26 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 開催日:2018.09.26 あの湧水路は水源を井戸から取っているんですけれども、その井戸が最近、おそらく2年前の大雨以降、ちょっと井戸の調子があまり芳しくないというところで、点検、調査をしているのですが、ちょっと清掃だとかが必要だという段階で、1年で全部清掃業務ができるかどうか。そういうふうに考えております。  それと、先般の停電に絡んで、直近では節電ということでとめているという経緯もございます。  以上です。 もっと読む
2018-06-28 札幌市議会 平成30年総合交通調査特別委員会−06月28日-記録 上はもう開通しましたので、周辺の井戸でモニタリングしておりますが、現状で特に問題ないと報告されている事例でございます。  そのためには、いろいろと工夫しなければいけません。すぐに持っていけないときには仮置きをしますので、仮置きのときの管理も非常に重要だと考えております。これは、実際の写真ですが、仮置きの現場の一つの典型的なイメージでございます。   もっと読む
2018-03-13 旭川市議会 平成30年 予算等審査特別委員会-03月13日−05号 ◎尾藤建築部設備課主幹 地中熱による熱量についてでありますが、一般的に地中熱は、採熱用井戸の深さ1メートル当たり、50から60ワット程度の熱が得られると言われており、100メートルの採熱用井戸1本当たりでは、5から6キロワット程度の熱が得られると考えられます。   もっと読む
2018-03-12 釧路市議会 平成30年第1回 2月定例会 経済建設常任委員会-03月12日−03号 主な内容といたしましては、第1目原水費におきまして、電気・井戸設備の修繕工事の増加などによる前年度比529万1,000円、38.9%増の1,891万円、第3目総係費におきまして委託料の減少などにより、前年度比715万5,000円、32.8%減の1,465万円を計上しております。  なお、第2項営業外費用は前年度比2万円、0.5%減の392万8,000円を計上しております。   もっと読む
2018-03-05 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第1回 定例会( 3月)-03月05日−01号 内容としましては、在来線の移設に係る調査及び水文調査、井戸ですとかというものの調べ物になるのですが、こちらの調査の負担金ということになっております。  以上です。 ○議長(鈴木保昭君) よろしいですか。  ほかに質疑ありませんか。  原田芳男君。 ◆7番(原田芳男君) 45ページの通学バスの運行委託料の関係です。   もっと読む
2017-12-12 帯広市議会 平成29年第5回12月定例会-12月12日−04号 ◎泉和知都市建設部長 現在は湧水とくみ上げ井戸の地下水を水源としてございます。新たな水源を確保して水を供給することはなかなか困難なものと考えてございます。  このため、一定程度の効果があらわれております自然循環型の対策として実施しております水質改善を継続しながら、今後も経過観察をしていきたいと考えているところでございます。  以上でございます。 ○佐々木勇一副議長 稗貫議員。 もっと読む
2017-09-26 音更町議会 平成28年度決算審査特別委員会(第5号) 本文 開催日:2017.09.26 西部簡易水道事業費につきましては、北地区、旧大牧地区でございますが、配水管調査設計委託、配水管布設工事及び設備機器更新工事やハギノ地区の井戸掘削工事などを実施したものでございます。東部簡易水道事業費につきましては、豊田浄水場の薬品注入設備更新などの工事を実施したものでございます。   もっと読む
2017-08-01 釧路市議会 平成29年第4回 9月定例会 水道事業審査特別委員会-08月01日−02号 消火栓設置では、各年度3基の移設として700万円、浄水場施設整備では平成34年度の阿寒地区における取水井戸工事2億8,500万円や平成41年度の音別地区における電気機械設備の更新5億9,200万円など、浄水場施設整備全体で11億8,300万円を予定しております。   もっと読む
2017-06-20 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成29年 第2回 定例会( 6月)-06月20日−03号 皆さん井戸を掘っている。でも、これから開発を伸ばしていくには、水道を通してほしいですとか、そういった話も出てくるでしょうし、今、既存のあいている土地にホテルが建てば、水道の供給量、水の供給量が足りなくなるという懸念も出てきているようです。 もっと読む
2017-03-21 根室市議会 平成29年 3月 一般会計予算審査特別委員会-03月21日−03号 それで、各地で同じような施設がある中で、ランニングコストを下げる上で、海水を引っ張り上げるというよりは別な方法で、井戸で本当に海水が出てくれば、当然井戸ですから、ろ過された海水を使えるという状況になれば一番いいのではないかと思いますが、設計上、委託にかけるときにそういうものも視野に入れてかけることになりますか。 ○委員長(五十嵐寛君)  水産指導主幹。 もっと読む
2017-03-17 北見市議会 平成29年 予算審査第2特別委員会-03月17日−01号 それから、小川委員から飲用水井戸の関係なのですけれども、飲用水井戸につきましては、今現在599名の方が一般飲用として利用されていると考えてございますが、この数字なのですけれども、これはあくまでも飲用井戸につきましては個人申請という形でございます。 もっと読む
2017-03-17 旭川市議会 平成29年 予算等審査特別委員会-03月17日−17号 第1期となります武道館の整備の際には、第2期以降の整備というものを見越しまして、例えば電源用の地下埋設物ですとか、受電の設備、また、トイレなどに使用します2次用使用水としての井戸、こういったものの整備が入ってきますので、そういったことで面積当たりの単価が若干割高となってございます。   もっと読む
2017-03-16 帯広市議会 平成29年第1回 3月定例会 予算審査特別委員会-03月16日−03号 グリーンプラザの浴室を廃止をするということで、それの関連予算ということでございますけれども、まず廃止をする浴室につきましては、会議室及び更衣室に改修をするということで、委託費、工事費、備品購入費を計上しておりまして1,513万4,000円、また昨年故障した給湯ボイラー、これの改修費が415万円、あと温泉をやめるということで、温泉井戸の閉塞工事費こちらが200万円、あと浴室とは直接関係しないんですけれども もっと読む
2017-03-13 釧路市議会 平成29年第1回 2月定例会 経済建設常任委員会-03月13日−03号 主な内容といたしましては、第1項建設改良費、第1目新設改良費では、取水井戸設備更新工事などを予定し、前年度比14万3,000円、7%増の217万3,000円を計上しております。  この結果、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額465万2,000円につきましては、当年度分資本的収支調整額16万1,000円などで補填することといたしております。   もっと読む
2017-02-24 釧路市議会 平成29年第1回 2月定例会-02月24日−01号 工業用水道事業会計につきましては、資本的支出で取水井戸設備更新工事等465万2,000円を計上し、収益的支出では、営業費用等7,339万8,000円を計上し、これにより、この会計の支出総額は7,805万円となります。   もっと読む
2016-12-15 函館市議会 平成28年第4回12月定例会-12月15日−06号 まず、地熱につきましては、現在、南茅部地区と恵山地区でそれぞれ東京の事業者が地熱発電事業の可能性調査を進めておりまして、南茅部地区では、地面の上から調査する地表調査を終えまして、調査のための井戸、いわゆる調査井を掘削し、今後、地下の状態を確認する噴気試験などを計画しております。また、恵山地区では、地表調査を終了し、現在は調査井の掘削準備の段階というふうになっております。   もっと読む
2016-10-26 札幌市議会 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月26日-09号 とりわけ、政令指定都市の熊本市の水道においては、基幹管路の破損や水源である井戸が濁ったことにより、市内全ての約32万戸が断水し、復旧するまでの間、市民生活や社会経済活動に大きな影響を及ぼしたのは記憶に新しいところであります。札幌市においても、最大震度7の被害想定があり、いつ大規模な地震が発生するかわからない状況にあると言えます。 もっと読む
2016-10-24 札幌市議会 平成28年第一部決算特別委員会−10月24日-07号 札幌市では、この報告を受け、ガソリンスタンド近辺の5カ所の飲用井戸の汚染状況を速やかに調査して、その結果、ベンゼンは検出されなかったことを確認しております。しかし、汚染物質は時間をかけてゆっくり拡散していくため、今後も安心して地下水を使用できるのか、飲用井戸の所有者は不安を抱えていると思います。   もっと読む
2016-09-20 旭川市議会 平成28年 第3回定例会-09月20日−03号 井戸を掘り上げた人をないがしろにしたツケとまでは言いませんが、そういったことが試合減の要因となっているかもしれません。トップ同士の太いパイプづくりはこれからでも必要です。そうでないと考えているというのであれば、試合増に向けて結果を残すべきです。  本気で開催増に結びつけるには、球団から要求された増設、常時2万人を超える球場をつくることについて対応すべきだと考えます。   もっと読む