11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月12日-03号

また、医師看護師ができる限り治療に専念できる体制を構築するため、医療業務に関しては医師事務作業補助員を、また、看護現場では看護補助員や看護事務補助を配置し、増員を図ってきております。さらに、直近では、入退院支援センターを設置しまして、入退院に伴う病棟における事務負担を軽減するなど、病院全体の業務分担の見直しも進めてきたところであります。

札幌市議会 2015-03-10 平成27年第 1回定例会−03月10日-06号

次に、病院局について、看護師の職場定着に向け、事務補助の増員等による職場環境の好転を期待する一方、働き方を含めた労働条件のさらなる改善が必要と考えるが、どうか。看護職員労働環境について、人員をふやしても離職者を減らさなければ苛酷な状況が続くことになり、改善するためには、実態把握の上、対策を講じるべきと考えるがどうか等の質疑がありました。  次に、水道局について。  

札幌市議会 2015-02-20 平成27年(常任)経済委員会−02月20日-記録

また、今年度からは、看護事務における事務的作業を補助する看護事務補助を新たに配置いたしまして、看護師の負担軽減に取り組んでいるところです。  こうした取り組みの結果、現在では、病棟や外来で看護業務の補助に当たる看護補助員として87名、事務的作業を補助する看護事務補助として11名を運用しているところです。

札幌市議会 2014-11-06 平成26年 第3回定例会−11月06日-06号

看護事務補助の配置について、看護師の負担となっている事務を軽減することは有効な離職防止策であるが、どのように考えているのか。看護職員労働環境について、苛酷な勤務による退職者の増加がさらなる負担を招いており、職員をふやさなければ悪循環を断ち切れないと考えるが、今後どのように改善していくのか等の質疑がありました。  

北斗市議会 1982-12-08 12月08日-議案説明・質疑・委員会付託・一般質問-01号

第5款労働費は、緊急雇用対策事業費で地域雇用のさらなる安定確保を図るため、国の緊急雇用創出推進事業を活用し、一般事務補助として直接雇用する臨時職員8人分の所要額307万8,000円と、森林整備作業員として10人分の新規雇用を創出する市有林除伐推進業務委託料1,113万6,000円の追加計上をしております。 

北斗市議会 1970-12-09 12月09日-一般質問・議案説明・質疑・討論・採決-03号

第5款労働費は、緊急雇用対策事業費で、地域雇用のさらなる安定確保を図るため、国の緊急雇用創出推進事業を活用し、一般事務補助として直接雇用する臨時職員7人分の所要経費290万3,000円、新規雇用者2人を見込んでいる食と観光推進業務委託料222万1,000円、また、新規雇用者6人を見込んでいる市有林総合整備業務委託料759万4,000円をそれぞれ追加計上しております。 

北斗市議会 1965-06-19 06月19日-一般質問-02号

介護保険の適正化の専門員が1名、収納嘱託員が4名、分庁舎の日直員が2名、同じく分庁舎の宿直員が3名、それから教育委員会指導主事が2名、図書館指導員が4名、それから手話通訳者が1名、一般事務補助が1名、児童家庭の相談員が1名、母子・父子自立支援員が1名。 以上でございます。 ○議長(中井光幸君) 前田治君。

  • 1