運営者 Bitlet 姉妹サービス
7614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月07日−一般質問−04号 そこでは、国だけに限らず自治体も課題解決のための主体であるとされております。  SDGsは、市民に身近な自治体においてこそ取り組むべき課題が多くあり、自治体の果たす役割は大きいと思います。  自治体向けのSDGsの導入のためのガイドラインも作成され、積極的な推進が求められております。   もっと読む
2018-12-06 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号 現在、花の拠点整備事業が実施設計等において佳境を迎える中、センターハウスの運営主体が決まっていない状況です。単年度黒字化に向けた実効性ある具体的方策が望まれます。  1、パークPFIでホテル建設が決まり、ホテルの集客のためにセンターハウスとの連携が極めて重要です。年間通して観光拠点としてのセンターハウスの集客の目玉について伺います。   もっと読む
2018-12-05 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−02号 市といたしましては、スポーツ基本法の理念のもと、平成26年11月に制定されました恵庭市スポーツ振興まちづくり条例や夢と健康を育むスポーツ都市宣言、及び、平成28年3月に策定した恵庭市運動・スポーツ推進計画に基づいて、学校、スポーツ団体及び民間事業者等、スポーツに関する多様な主体と連携・協議して、スポーツの推進に総合的かつ計画的に取り組むことが重要だと考えているところであります。   もっと読む
2018-10-26 根室市議会 平成30年10月 予算審査特別委員会-10月26日−01号 今回、わかりやすい資料をいただいたのですが、それに基づいてちょっと、その中の質問でございますけれども、実施する運営主体は当市でありまして、運営体制は5名程度の職員配置、そしてその身分や現行のセンターとの職員との関係性など、今後どのような運用のもとで体制をしていくのかということも現時点でわかっているのを教えていただきたいと思います。 ○委員長(五十嵐寛君)  水産指導主幹。 もっと読む
2018-10-24 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号 そして、根室港につきましては、先般改正された北特法において国や北海道、隣接地域の市町村は特定共同経済活動の円滑な実施のための環境整備に努めると明記をされたことから、その拠点の一つとして整備の必要性を強く要望するとともに、その実現に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますし、先般お話ありました、根室から主体的に動くべきだとしっかりと受けとめて推進してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-10-23 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号 更に、現在、日ロ両国間において協議が進められている四島における共同経済活動の実現に向けては、隣接地域がその中心的な役割を果たしていくことも必要であり、そのためにも北方四島との自由往来に関する枠組みの検討を進め、隣接地域と四島との間における主体的かつ戦略的な地域間交流、更には顔の見える未来志向の関係構築を目指すべきだと考えております。   もっと読む
2018-10-17 札幌市議会 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−10月17日-記録 今、財政問題は市民の一番の関心事なので、経費削減と積極的な情報公開を求めているところですが、これまでの取り組みを見ますと、市民にしっかりと公式にアンケートをとったのが2014年10月で、その後、マスコミやさまざまな団体のアンケートはあったかと思いますけれども、札幌市が主体となって行ったアンケートはこれだけでした。   もっと読む
2018-10-12 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月12日−01号 北方四島との自由往来、自由交易の特別な制度創設をはじめ、共同経済活動と地域振興を科学する(仮称)根室市共同経済活動に関する専門家会議を設置するほか、主体的かつ戦略的に北方四島との地域間交流を進め、信頼関係の中で、顔の見える未来志向の関係を構築してまいります。  このたびの選挙に当たっては、私は温故拓新というスローガンを掲げました。   もっと読む
2018-10-09 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-10月09日−代表質問−04号 地域版避難所運営マニュアルは、地域の自主防災組織や町内会、防災マスター、学校教員などが連携し、防災学習会等を重ね、その地域の特徴に合った形で地域に根差したマニュアルとなるよう取り組んでいるところであり、地域や学校の主体的な取り組みが大切であると考えております。   もっと読む
2018-10-05 札幌市議会 平成30年(常任)文教委員会−10月05日-記録 、「本手引の内容を機械的に適用することは適当ではなく、飽くまでも各市町村における主体的な検討の参考資料として利用すること」、学校規模の標準は、「特別の事情があるときはこの限りでない」とされる弾力的なものであり、地域の実情に応じた分析に基づいて行うべきものということが書かれています。いわゆる手引を参考に各自治体が検討、分析して、地域の実情に合わせて自治体が決めるのだということです。   もっと読む
2018-10-03 音更町議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.10.03 事業内容につきましては、音更町十勝川温泉観光協会を事業主体として、町内17の宿泊施設を対象に、1回の利用につき1人当たり2千円を助成するものであります。実施期間については、本年10月30日から12月6日までの休前日を除く27日間とし、この事業専用のプランで申込を行った全ての宿泊者を助成の対象といたします。 もっと読む
2018-10-01 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 開催日:2018.10.01 ◯保健福祉部長(重松紀行君)  それでは、まず子ども食堂の考え方でございますけれども、子ども食堂、五、六年前にそういう言葉が出てきて、今、全国で2,300件ほどそういった事業が行われているということで、その実施、まず運営主体がNPO法人ですとかボランティア団体というふうに聞いているところでございまして、今のうちの町の考えと申しますか、今、町のほうで認識している点につきましては、先ほどおっしゃられましたとおり もっと読む
2018-09-28 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月28日−03号 そこで、もうちょっとというたら怒られるけども、もっと何か、毎年同じ中身を見てみたら同じような話、例えば家畜の伝染病の話をどうするとか、これが出たらどうするとか、そういう話というけど、ここが主体で新規就農や後継者対策というのをしっかり話し合わなきゃだめなんですよ、本当は。だから、もっと私は、この予算70万円執行した、こんなもの700万円でもいいと思っているんですよ。 もっと読む
2018-09-27 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 企業会計決算審査特別委員会-09月27日−02号 新浄水場のお話出ましたので、私ども、今、膜ろ過の施設の主体工事に向けて、来年以降、実は土木職というよりも機械、電気が必要になってきます。この辺も、せんだっての総務部との組織機構のヒアリングの中でも強く申し入れをさせていただいているところでございます。そういった全体の技術職の枚数の問題と、それぞれ個別の職種の中での枚数の、このやりとりが非常に難しくなってございます。 もっと読む
2018-09-27 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月27日−個別質疑−03号 この避難所運営マニュアルを拝見しますと、地域主体で行っていくというようなことを一つ大きな軸として掲げられております。私、この辺、大変勉強不足でして、ちょっといろいろと教えていただきたいんですが、自主防災の取り組みの中で、こうした避難所運営マニュアル、地域主体で行っていくためには、当然こうした趣旨に基づいた活動を地域の皆さんにお願いしていかなきゃならないと思います。 もっと読む
2018-09-26 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月26日−01号 市の役割は、制度に対する各種市民対応及び保険料の徴収事務となっており、今後とも実施主体である広域連合との連携のもとに、適正かつ円滑な事業運営に努めるとともに、保険料の収納率については高い水準で推移しているところではありますが、徴収に当たって、より一層の努力を求めたところでございます。  次に、6ページの介護保険特別会計の保険事業勘定でございます。   もっと読む
2018-09-26 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 開催日:2018.09.26 その間、町が事業主体等やっているもの、あるいは国、法務局がやっているものもあろうかと思います。大ざっぱでよろしいので、概要でよろしいのですけれども、29年度については共栄南、共栄台と。0.41平方キロということでありますけれども、ほぼ5線を境にして南側のほうは終わったのかなと。 もっと読む
2018-09-26 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月26日−個別質疑−02号 この件数が1件ということで、どのように捉まえているかということだったのですが、この制度は、母子家庭の母や父子家庭の父の主体的な能力開発の取り組みを支援して、自立の促進を図るために支給している事業となっていますので、安定した生活が図れるようにするために、皆さんにいろんな資格を取得していただいて、少しでも生活費が増えて生活が安定できればということで支給しているものとなっております。 もっと読む
2018-09-25 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日:2018.09.25 地域生活支援事業費につきましては、障害者総合支援法に基づき、市町村が主体となって実施する事業でございまして、平成29年度は15の事業を実施しております。相談支援事業は、障がい者等からの相談に応じ、必要な情報提供、定期的な訪問支援、関係機関との連携など総合相談を行うため、基幹相談支援センターの運営を民間の法人に委託しているもので、常勤2名体制で業務を行っているところでございます。   もっと読む
2018-09-25 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月25日−06号 ◎福祉保険部保険制度担当部長(金澤匡貢) 国民健康保険の都道府県単位化による変更点につきましては、市町村が資格管理や保険給付、保険料率の決定、賦課、徴収、保健事業などを引き続き行いますが、都道府県が財政運営の責任主体として中心的な役割を担うこととなり、所得や医療費の格差により市町村間で差が生じていた保険料が平準化されることとなりました。   もっと読む