運営者 Bitlet 姉妹サービス
5076件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月12日−05号 その中から、やはりこう、いい人材がいて、この百年の森の意義と今後の次の200年に向かっても、この森を育てていくという観点も考慮した中で、ふさわしい人材がいればその方に担っていただきたいというふうに私も思っておりますので、あそこの百年の森は本当に本町の開拓120年の中の湿地帯の森の面影を持っている土地でもありますので、それを次の世代に引き継いでいくためにも、やはりその部分でもそういう思いのある人でないといけないと もっと読む
2018-12-11 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月11日−04号 ホテル等建設工事関係者やスキー場関係従業員の居住確保で、アパート家賃が高騰し、子育て世代や高齢者の住みかえを困難な状態にしていると推測しています。定住人口の減少にもつながる要因になっていると考えています。  新幹線工事に係る移転が対象住民には切実な課題であり、町の対策が不十分と考えており、移転を余儀なくされる対象者には特に十分な手当が必要と思いますが、今後の居住環境の支援対策について伺います。   もっと読む
2018-12-10 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月10日−03号 子どもや子育て家庭を取り巻く環境の変化や過熱する不動産投資などにより、生活にも影響が出始めており、子育て世代の負担が大きくなっているのではないでしょうか。  これからの将来を見据え、より安心して子どもを育てる支援策拡充について、町長に次の点についてお伺いします。  まず1点目、子育て世代へのインフルエンザワクチン接種の助成制度を。   もっと読む
2018-12-06 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号 次に、パークゴルフ場と恵庭公園陸上グラウンドの利用者の減少の要因と対策についてでありますが、パークゴルフ場については悪天候による影響、また、主な利用者層がシニア世代へシフトしており、利用回数の自然減少、さらには道内各地でパークゴルフ場が造成され、利用者の選択肢が拡大されたことも要因として考えられます。   もっと読む
2018-12-05 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−02号 ◎横道総務部長 記念式典や記念事業の全般の組み立てにつきましては、実行委員会の中で協議をさせていただきたいなと考えてございますが、20年後、30年後を展望したものにしていくためには子どもや若い世代の参加が重要であると考えているところであります。市内の小・中学校生や大学生など、恵庭の将来を担う若い世代につきましては、記念事業の中で参加をしやすいものを検討して参りたいと考えてございます。 もっと読む
2018-12-03 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月03日−01号 まず1点目にございました広報PRについてでございますが、こちらは広く世代を問わずG20に関するまだまだ認識が十分ではないと感じておりますので、PRさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-10-24 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号 項目の2つ目は、子育て世代が安心できる支援の充実についてお伺いをいたします。  子育て世代の所得は相当に厳しい環境にあることは以前からも指摘をしてまいりました。所信表明で示すように、産後ケアや発達健診の施策推進については大変重要性が増しています。その背景を如実に捉えた施策と判断をしており、評価をしております。   もっと読む
2018-10-23 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号 このたび、国が示しました社会保障・税一体改革により、幼児教育の無償化が実施された場合、その財源を活用することで、中学生と高校生の通院につきましても、助成範囲を拡大することが可能と考えており、何より子育て世代の負担軽減を図り、子育てのしやすいまちづくりを進めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-10-17 札幌市議会 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−10月17日-記録 オリンピック・パラリンピック招致に向けましては、市民理解を得ていくことが何よりも重要でありますことから、まずは、将来世代に過度な負担を残さない持続可能な開催概要計画を多くの市民の皆様に丁寧に説明してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-10-12 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月12日−01号 また、地域包括ケアシステムの構築のために、庁内に専門チームとして(仮称)地域包括ケアシステム構築プロジェクト本部を設置し、団塊の世代が75歳以上になる2025年に向け、医療、介護、予防、住まい、生活支援の5つの要素を切れ目なく提供できる体制を整備してまいります。  お年寄りも子供も、全ての市民皆様が良質な医療を安定的、継続的に享受することができるよう、医療体制の構築に努めてまいります。 もっと読む
2018-10-10 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-10月10日−代表質問、採決−05号 さらに、近年の子どもたちの遊びの趣向の変化や、少子高齢化などの世代構成の移り変わりから、利用者が求める公園のあり方も変化しており、時代に即した公園の整備が新たな課題として捉えているところであります。 ○大野憲義委員長 穂積教育長。 ◎穂積教育長 私からは、学力・体力向上の取り組みについての2つの御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-10-09 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-10月09日−代表質問−04号 次に、事業の課題についてですが、20歳代から50歳代の働き盛りの世代の参加率が低いことであり、親子、家族で参加しやすいイベント事業の拡大実施について検討しているところであります。   もっと読む
2018-10-05 札幌市議会 平成30年(常任)厚生委員会−10月05日-記録 先ほども述べたとおり、制度の拡充には複数の観点がありますが、子育て世代のあらゆる世帯がこの制度の対象となるように、所得制限を撤廃している政令市もあると伺っております。  そこで、質問ですが、他政令市において所得制限を設けていないのは何市あるのか、また、仮に札幌市において所得制限を撤廃した場合、平成29年度決算見込みをベースに想定するとどのくらいの経費増となるのか、伺います。 もっと読む
2018-10-01 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-目次 持続可能なまちづくりを目指す政策について    (1) 歳入財源の確保対策について    (2) ふるさと納税の施策展開について    (3) 人口減少対策の諸課題について      @高齢者が安心した生活を見据えた対策について      A子育て世代が安心できる支援の充実について    (4) 異常気象等における防災対策と本庁舎の安全性について   3.  もっと読む
2018-09-28 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月28日−03号 ◆河合初恵委員 次は部長にお聞きしたいんですけれども、やはりしっかり目標を、どこに底辺を置くのかということをそこをしっかり見据えた上で企業の誘致も考えていかないと、いつまでたっても、何か形だけ回っているけども実態はどうなのかといって、15歳から24歳の働く世代が、皆さんは釧路にやっぱり就職先がないから皆さん出ていかれるわけですよね、地元に残ってもらえる仕組みということをもう少し真剣に考えて企業誘致ということを もっと読む
2018-09-27 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 企業会計決算審査特別委員会-09月27日−02号 さらに、私含めまして、今指摘されてる2025年問題のように、最もボリュームのある世代の方々が75歳以上の後期高齢の年代に入っていくと、そういうようなものはどんどん顕著に出てくる。   もっと読む
2018-09-26 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月26日−01号 そういった三セク債が終わる、あるいは団塊の世代の退職手当のために借りた退職手当債、これにつきましても間もなく減ってくるだろうということもございますので、今計画的なこういった財政運営をしながら、将来的には必ず減っていくものというふうに考えてございますし、努力していきたいというふうに考えてございます。(村上和繁委員「一旦終わります」と呼ぶ) ○大澤恵介委員長 ほかに質疑ありますか。  河合委員。 もっと読む
2018-09-25 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月25日−06号 アベノミクスの3本の矢が依然として地方へと届かない中、旭川市においても人口減少や少子高齢化が進み、地方交付税の減少による財源不足など厳しい経済状況が続いておりますが、そうした中であっても将来世代に負担を残さないように安心して暮らせるまちづくりが重要であると考えます。   もっと読む
2018-09-21 恵庭市議会 平成30年  第3回 定例会-09月21日−一般質問−04号 定年年齢も引き上げられ、再雇用ということもあり、70歳まで働かれる方も増えてくるとは思いますけれども、それでも、75歳からの後期高齢者保険までには5年間の国保の加入があるというふうに予想できますけれども、そうしたリタイアする世代が今後の主な流れにどのような影響を与えるのか、考えをお伺いいたします。 ○長谷文子副議長 佐々木保健福祉部長。 もっと読む
2018-09-21 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月21日−05号 今日、少子高齢化、人口減少といった、これまで経験したことのない厳しい時代に直面しており、そうした中にあっても、このまちに住む市民一人一人が安全で安心して暮らせるまちであるとともに、国内外から多くの方々が訪れ、地域経済の活性化を図り、にぎわいと魅力あるまちを目指し、そして、元気な旭川を子どもたち、孫たちの次の世代にしっかりとつなげていきたいという強い思いを持ち、取り組んでいるところでございます。 もっと読む