1704件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

今後の就職氷河世代への取り組みについて伺います。  1、町として非正規雇用等の実態調査を行う予定は。  2、就職氷河世代の支援を町独自で行う予定は。  3、就職氷河世代の町職員の採用予定は。  4、新たな雇用対策として、テレワークが注目されているが、町として導入する考えは。  5、ワーケーションを受け入れる自治体が増加しているが、町としての考えは。  

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

開町記念の意義については、議員と認識を同じくしているものと思っておりますが、幾多の困難を克服しながら開拓に取り組んでこられた多くの先人たちのたゆまぬ努力と不屈の開拓魂を深く感謝し、音更のさらなる発展とともに、未来を担う世代に確かな明日を約束することが今生きる我々に課せられた責務であることを改めて認識する機会であると考えております。  

札幌市議会 2019-12-12 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−12月12日-記録

また、実際問題、地域では子育て世代の方々からも清田区への地下鉄延伸を望まれる声を私も多く受けているところでございます。今回の改定案の今後10年間に行う施策をまとめた第2編の交通戦略では、清田方面公共交通機能向上の検討が新たに位置づけられております。  そこで、質問ですが、清田方面公共交通機能向上の検討とはどのような検討を行うものなのか、考えを伺います。

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

次に、2の令和元年人事院勧告の概要でありますが、(1)といたしまして、民間の初任給との格差を踏まえ、行政職における大学卒の初任給を1,500円、高校卒の初任給を2千円それぞれ引き上げるとともに、世代間の給与配分の観点から若年層の給料月額を平均0.1%引き上げるというものでありまして、平成31年4月1日から実施しようとするものであります。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)建設委員会−12月09日-記録

先輩の世代の方々につくっていただいた水道関係の財産、これがそろそろという時期が近づいてきているということでございまして、お金もきちんとためてきたのだということでございます。  それでは、次に、今回のビジョン案において、白川浄水場について主にどのような見直しを行ったのか、その理由も伺います。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

一つ目の柱は、1、子どもを生み育てる世代への切れ目のない支援であります。  結婚、出産、子育ての不安を緩和する支援体制といたしまして、産前産後ケアや相談体制の充実などを進めてまいります。また、子育て環境の整備・充実といたしまして、認定こども園などの保育施設整備や、多様な保育サービスを提供するとともに、子育て世帯経済的負担の軽減として、子ども医療費の助成を小学6年生まで拡充してまいります。  

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

今回の市民対話事業は、さまざまな世代市民から、幅広く、大会招致に関する期待や懸念などの意見を求めるため、各種ワークショップを合計13回開催し、約1,200人というこれまでに例がないほどの多くの市民参加していただいたということでした。秋元市長も、可能な限りワークショップ参加し、積極的に市民の声に耳を傾け、直接、市民との意見交換参加していたことは、我が会派としても評価しているところです。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年第 4回定例会−11月28日-目次

………………………………………32    1 今後の財政運営    2 北海道新幹線トンネル発生土の対応    3 児童虐待防止に向けた取り組み    4 障がい者施策の充実    5 介護施策の充実    6 水素エネルギーの利活用    7 成長や拡大が見込まれる産業分野    8 災害時における水道システムの機能強化    9 持続可能な建設産業の体制確保に向けた取り組み    10 子育て世代

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

このプロジェクトを含めた雪対策に関するさまざまな情報発信については、テレビ新聞などのマスメディアに加え、ツイッターなどのSNSやインターネットなどの多様な媒体を活用し、幅広い世代効果的に広報を広めてまいりたいというふうに考えております。 ◆竹内孝代 委員  ゆきだるマンプロジェクトの活動内容、また、冬のはたらくくるま博、今後の広報活動について理解いたしました。

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

若い世代への性感染症防止に向けた啓発活動として、年齢を限定したSNS上の広告を本市独自に行うことに加え、若者の立ち寄りやすい場所にステッカーやポスターの掲示をすべきと考えるが、どうか。人の死や死後のあり方に対する市民意識の醸成には、本市みずからの努力と葬送に関するノウハウを持つ関係団体等との協働の取り組みが必要と考えるが、どのように進めていくのか。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

次に、経済活性化と雇用に向けた課題についてですが、政府は、ことし7月、就職氷河世代の就職を支援する推進室を設置し、日本の将来に係る重要課題として取り組むとのことであるため、就職氷河世代への施策が後手になれば即効性が薄れ、問題を抱えたまま高齢化することとなることから、極めて重要な観点と考え、継続的に取り組むよう強く指摘します。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第一部決算特別委員会−10月25日-09号

今後の人口減少を見据え、将来世代に負担を残さない財政規律を維持していくためには、中長期的な財政見通しを立て、建設事業費の平準化や総量の抑制による建設費の圧縮、市債発行を抑制し、将来にわたってバランスのとれた財政運営を進めていくことが重要です。  それでは、第一部決算特別委員会において、我が会派の委員が取り上げた各局の課題について、提言を含め、順次、述べてまいります。  初めに、財政局です。