141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

低床車両の運行に当たっては、定期点検等の周期によって全車両を運行できないものの、朝ラッシュの取り残し対策のみならず、高齢者等が多く乗車する時間帯にも運行できるよう工夫し、利便性が向上した実感が得られるように取り組むことを求めます。  以上が、第一部・第二部予算特別委員会で、我が会派に所属する各委員が提言、要望を交えて行った質疑です。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第二部予算特別委員会−03月05日-06号

低床車両の運行に当たっては、定期点検等の周期によって全車両が運行できないものの、朝ラッシュの取り残し対策のみならず、高齢者等が多く乗車する時間帯にも運行できるよう工夫し、利便性が向上した実感が得られるよう取り組むことを求めます。  以上が、本特別委員会で我が会派に属する各委員が提言、要望を交えて行った質疑です。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

また、朝ラッシュの混雑時には1両増強して3両を運行しているということです。ポラリスに関しては、他の車両と比べて乗車定員が多いことから、今、課題となっている乗り残しへの対策に関しては有効なものだと思います。しかし、障がいのある方や高齢者に優しいのも低床車両の魅力の一つでもございます。高齢者などの乗車が多い時間帯の運行を期待する声も多数聞いております。  

札幌市議会 2018-12-19 平成30年総合交通調査特別委員会−12月19日-記録

まず、交通混雑に関してですが、検討区間には、赤丸で示されておりますけれども、主要渋滞箇所として対策が急がれる交差点が5カ所あり、特に朝夕ラッシュや冬季積雪時には混雑が発生しております。加えて、信号交差点が24カ所と多いため、特に冬季は信号に伴う減速や停止の回数が多くなっております。  

札幌市議会 2018-10-22 平成30年第二部決算特別委員会−10月22日-06号

路面電車を見ていますと、夏の朝のラッシュの乗客の数はやっぱり少ないのですよ。そして、冬になると自転車通勤がなくなるのでやはり乗っているなということで、その傾向はなかなか変わっていかないかなという気がしておりました。  そういった中で、実は、大阪市では、ことしの4月から大阪市の市営地下鉄を大阪メトロということで民営化して、経営力の強化や効率的な事業運営に取り組んでおります。

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

通勤ラッシュ地下鉄駅について、高齢者や障がい者の安全確保が重要であり、混雑緩和に向け、駅員の増員など効果的な対策を検討すべきと考えるが、どうか。地下鉄駅のエレベーターエスカレーターについて、安全性を維持するには、定期的な点検や整備のみならず、計画的な更新が不可欠と考えるが、どうか。

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第二部予算特別委員会−03月27日-10号

また、高齢者や障がい者の社会参加が進み、通勤時間のラッシュに、つえをついて歩く高齢者やベビーカーを押すお母さんなど、厚生労働省が移動制約者と定義する方々もふえ、大きなスーツケースを持った外国人観光客の利用も増加しています。  特に、東西線大通駅や南北線さっぽろ駅は、ホームの両側に列車が発着する島式のホーム構造のため、混雑が激しく、ホーム内の移動がとても困難になっています。

札幌市議会 2018-03-19 平成30年第二部予算特別委員会−03月19日-07号

ただ、通勤ラッシュは慢性的に混雑していて、高齢者や障がいを持っている方の社会参加が進んだことによると思うのですが、私が実際に通勤ラッシュの時間帯のときにお見受けするのは、つえをつきながら歩く高齢者やベビーカーを押すお母さんだったり、また、白杖で確かめながら進む視覚障がいをお持ちの方もいらっしゃいます。

札幌市議会 2018-03-19 平成30年第一部予算特別委員会−03月19日-07号

経済団体が言ったからそのとおりにするということでは全くありませんけれども、17日の意見交換の中でも、今でも在来線ラッシュは非常に混み合っていて、そういった中に、さらに新幹線の乗りかえの改札ができて、新幹線を乗りおりされる方が来ると非常に混雑するだろうといったお話がありました。現状だけをとると、もちろん混み合いますけれども、認可案でできないこともないと思います。

札幌市議会 2017-03-30 平成29年第 1回定例会−03月30日-07号

路面電車のループ化に伴い、乗車人員が増加する中、一部の停留場では、朝のラッシュに乗車できない事態が発生しており、利用者離れの懸念があるが、どのような対策を講じているのか。地下鉄大通駅のデジタル広告について、さらなる増収に向け、利用状況の分析によりニーズを把握し、稼働率を一層高める取り組みを検討すべきと考えるが、どうか。

札幌市議会 2017-03-22 平成29年第二部予算特別委員会−03月22日-07号

しかし、その反面、利用者がふえたことで、特に、朝のラッシュの一部の時間帯において乗り残しが生じている停留場があると聞いております。乗車できなかった利用者にとっては、特に冬や雨などの悪天候のときには次の電車を待つ時間が非常に長く感じることと思います。

札幌市議会 2017-03-01 平成29年第 1回定例会−03月01日-04号

また、エレベーターがある地上出入り口付近を見ても、バス停やタクシー乗り場が集まり、さらには自家用車の路上駐車も多く見られるなど、朝夕のラッシュには大変な混雑の状況が見受けられます。このため、車椅子利用者など障がいのある方、高齢者エレベーター前に停車できないことが間々あり、不便を強いられています。  

札幌市議会 2016-06-03 平成28年総合交通調査特別委員会−06月03日-記録

まず、1点目として、朝と夕方のラッシュ、冬期積雪時の交通混雑がございます。  創成川通は、都心に向かうほど交通量が多くなり、都心部では4万台以上の交通量があります。また、今回の各検討区間における主要渋滞箇所として、北34条、北24条の交差点など5カ所が位置づけられております。  次に、資料上段の図で旅行速度についてご説明いたします。  

札幌市議会 2016-05-26 平成28年第 2回定例会−05月26日-03号

その結果、現況の課題としては、朝夕ラッシュ、特に冬季の積雪時に自動車速度低下が著しいことや、移動時間のばらつきが大きいことなどを把握したところでございます。また、物流、医療などの関係者の方々へヒアリングを実施し、物流の効率化や救急搬送時間短縮による救命率の向上など、さまざまな面で効果が期待されるとの意見を伺っているところでございます。