4273件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2021-02-01 02月17日-02号

次に、商工費では、中心市街地繁華街における感染防止対策等への支援に関し、支援に至った経緯と、支援対象店舗支援対象資機材考え方事業スケジュール事業終了後の市の関与考え方、5番館ビル感染症対策モデル事業との関係と本事業における感染症対策との差の解消を図る考え、期待される効果と今後の飲食店等へのさらなる支援考え方などについて質疑意見がありました。 

北見市議会 2021-02-01 02月17日-02号

次に、商工費では、中心市街地繁華街における感染防止対策等への支援に関し、支援に至った経緯と、支援対象店舗支援対象資機材考え方事業スケジュール事業終了後の市の関与考え方、5番館ビル感染症対策モデル事業との関係と本事業における感染症対策との差の解消を図る考え、期待される効果と今後の飲食店等へのさらなる支援考え方などについて質疑意見がありました。 

厚真町議会 2021-01-15 01月15日-01号

ただ、厚真町としては先ほども申しあげましたようにあくまでも重症化リスクの高い方々の健康、命を守るために最小限の限定的な方々対象に要請をさせていただいたということでございますので、役場の職員が率先してモデルとしてやるということになりますと、当然税金もかかるわけでございますので、そのへんは優先順位としてあくまでもハイリスク者と接している方々を限定させていただいたというふうにご理解いただきたいと思います

石狩市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

一.エネルギー地産地事業化モデル構築事業取組内容と今後の展望について。一.エネルギー地産地事業化モデル構築事業の将来的な拡張考えについて。一.再エネイノベーション事業内容と今後の事業展開について。一.新港地域における立地率について。一.新港地域におけるコンテナヤード使用率拡張考えについて。一.ガントリークレーンを増設する考えについて。一.石狩湾新港管理組合が抱える長期債務について。

北広島市議会 2020-12-15 02月26日-02号

昨年末に改定された日本実施指針には、ビジネスとイノベーション、技術革新地方創生次世代女性のエンパワーメント、内発的な力の開花の3本柱を中核とする日本のSDGsモデル展開加速化が掲げられております。地方自治体民間企業など多様な担い手が一体となったオールジャパン取り組みが必須であるとして、公共と民間の垣根を越えた連携の推進が重要と指摘しています。

音更町議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-12-14

気象予測精度の向上のために次世代スーパーコンピューターシステム整備したい、次世代スーパーコンピューターシステムの運用に必要なインフラ整備が必要だ、河川洪水予報を提供する体制を強化したい、気象予報士等を活用した地方自治体における気象情報活用支援モデル事業を進めていきたい、自然災害に資する気象データ収集提供環境構築、そのようなこともやりたい、雨量データ高度利用気候変動に伴う異常気象等に対する

函館市議会 2020-12-10 12月10日-04号

現在、四稜郭権現台場などの周知につきましては、函館市の公式観光情報サイトはこぶらで、それぞれの概要や交通アクセス情報などについてインターネットで広く発信をしているほか、教育委員会では、モデル事業の一環で神山町会と協働でリーフレットを作成するなどPRを図ってきたところでございますけれども、やはり特別史跡五稜郭跡と比べますと観光客が訪れる機会は少ないものというふうに承知しております。 

旭川市議会 2020-12-08 12月08日-04号

また、総務課に引き継ぐ前の主務課においては、保存年数などで区分をし、フォルダー管理しているところですけれども、新庁舎移転に向けて、保有文書量の50%削減を目標に各種取り組みを検討しているところであり、現在、フォルダー管理の再構築に向けてモデル導入を実施しているところであります。 ○副議長白鳥秀樹) 品田議員

苫小牧市議会 2020-12-07 12月07日-03号

これは国、内閣府でもワーク・ライフ・バランスというのは仕事と生活の調和という概念で、非常に積極的に一生懸命取り組もうとしているテーマの一つでありますので、大企業さんはやはり本社のほうからそういう指示が来て、取組が進められていますけれども、やはり我々苫小牧市も含めて、地場の企業さんへのアプローチが重要であるというふうに考えておりますので、引き続きモデルを変えてチャレンジをしていきたいなと思っています。

札幌市議会 2020-11-02 令和 2年第 3回定例会−11月02日-06号

地区防災計画について、モデル地区取組先進事例として取りまとめ、広く市民に公開し、関心を高めていくことが重要と考えるが、今後どのように拡充していくのか。地震被害想定の見直しに当たっては、様々な断層の精査等により各地域最大震度液状化発生状況などを算出することとなるが、現時点ではどのような結果を見込んでいるのか。