9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

また、こうした汚染は、福島県内にとどまらず、いわゆるホットスポットと言われる高濃度汚染地域が、千葉県柏市岩手県一関市近辺など、200キロメートルほど離れた場所にまで点在していることも明らかになりました。このようなまだら状の分布になった理由は、そのときの風の向きや速さ、地形などの影響を受けて拡散したと言われています。  

札幌市議会 2014-03-07 平成26年第一部予算特別委員会−03月07日-04号

福島第一原発事故時には、福島市上空を放射性プルームが通過し、放射線ホットスポットが市内各所にできており、当時はそうした情報がなく、状況がわからないまま、多くの方が被曝されたというふうに考えられます。緊急時モニタリングを確実に実施することは、札幌へ避難される方々にとっても、札幌市民にとっても、放射線から身を守るために不可欠です。

音更町議会 2012-12-12 平成24年第4回定例会(第2号) 本文 2012-12-12

私、その気になって、音更町のワイファイのいわゆる公衆に開放しているスポット、ホットスポットというんですけれども、これはどれぐらいあるのか。有料もあります。無料はほとんどない。ドコモと契約している人はただ、契約していない人はお金もらいます。隣のワイファイスポットへ行ったら、今度はauと契約している人はただ、だけれどもそれ以外の契約していない人は有料、あるいは使わせません。

札幌市議会 2011-10-27 平成23年第一部決算特別委員会−10月27日-07号

しかし、この新たな重点区域であるUPZの対象外である福島第一原発から約60キロメートルの距離にある福島市においては、現在も6から7シーベルトという高い放射線量が計測されているホットスポットがあるなど、除染作業や学校での屋外活動の制限、そして、将来にわたっての子どもたちの内部被曝が懸念されているところであります。

札幌市議会 2011-10-05 平成23年災害・雪対策調査特別委員会−10月05日-記録

今でも放射線管理区域の2倍ぐらいの放射線量の非常に高いところで日常生活を送っておられる現状であるとか、ホットスポットのすぐ隣で生活するとか、既に事故が起こってしまった後に策定する計画には、札幌でそうしたことを想定した場合に自治体としてどう判断するのかという視点が大変必要だというふうに思っています。充実した調査内容とすることを強く求めたいというふうに思います。  

札幌市議会 2010-03-03 平成22年第二部予算特別委員会−03月03日-02号

この自殺総合対策推進会議は、保健福祉局を初めといたします自殺の未然防止を推進する部局が中心となっておりますけれども、そのほかに、自殺が多発する場所、いわゆるホットスポットと呼ばれておりますが、こうしたホットスポットと関係する部局もメンバーとして加わってございます。このホットスポットには高層ビルや公園などがございまして、その関係で都市局、それから環境局の緑化の方などがメンバーとなっております。

札幌市議会 2010-02-26 平成22年(常任)厚生委員会−02月26日-記録

○村上仁 副委員長  私からは、自殺が多発する場所、いわゆるホットスポット対策についてお伺いしたいと思います。  札幌市における自殺の概要による自殺の要因分析におきまして、自殺の場所については自宅が全体の5割を占めているということであります。山梨県青木ヶ原樹海のような特定の自殺の名所はないということであります。

札幌市議会 2003-06-16 平成15年(常任)建設委員会−06月16日-記録

カフェは,一流の音楽,居心地のよい明るい待ち合わせ場所のホットスポットとして,また,インターネットカフェの機能を持った施設の提案でございます。  次に,中層階でございますけれども,ここにはカルチャー,大学テライト,専門学校の提案でございます。  カルチャーとしては,カルチャースクールですとかカジュアル料理教室でございます。

  • 1