53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2018-02-20 平成30年(常任)経済観光委員会−02月20日-記録

でも、日本はどうかといいますと、日本国内でこのサイトに登録されている五つ星ホテルは、この時点でわずか28軒しかなく、これは、ベトナムの26軒を少し上回る程度ということです。例えば、タイで言いますと、外国人観光客が年間2,900万人訪れていて、110軒の五つ星ホテルがあります。バリ島だけでも42軒、年間3,200万人が訪れているメキシコは、93軒の五つ星ホテルがあるということでした。  

札幌市議会 2017-03-21 平成29年第二部予算特別委員会−03月21日-06号

中でも、1人当たりのGDPが最も高いシンガポールや、極めて堅調な経済成長が続くASEAN5のインドネシアマレーシアフィリピン、タイ、ベトナムは魅力的なマーケットであります。  昨年、シンガポールを訪れる機会があり、JETRO事務所、一般財団法人自治体国際化協会、そして、札幌も派遣している北海道ASEAN事務所を視察してまいりました。

札幌市議会 2016-10-18 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月18日-06号

これまでに、今後、訪日旅行客の増加が見込まれるインドネシアベトナムでシティプロモート事業を展開いたしました。事業を実施前後に行いましたインターネット調査の結果では、インドネシアでは29.8%から34.7%、ベトナムでは19.5%から24.1%と札幌の認知度が高まったという報告を得ているところでございます。  

札幌市議会 2016-10-14 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月14日-04号

しかし、ことし6月には、ベトナムから職業訓練のために来日した実習生が風疹を発病し、計7名に感染が拡大したという事例が関東において報告されております。このように、国内での風疹流行はおさまっているものの、海外の流行国から風疹患者の流入が発生していることなど、状況の変化も見られているというふうに考えております。  

札幌市議会 2016-05-25 平成28年第 2回定例会−05月25日-02号

具体的には、人口規模や経済成長の見通し、貿易事情等を総合的に勘案しまして、このシンガポールを拠点に、ベトナム等を先駆的な対象国と位置づけ、現地ニーズの把握やテスト輸出を実施し、物流、商流を開拓するなど、効果的な支援を行うことにより、ASEAN諸国への販路拡大につなげてまいりたいと考えるところでございます。  私からは、以上でございます。 ○副議長(恩村一郎) 板垣副市長。

札幌市議会 2016-03-17 平成28年第二部予算特別委員会−03月17日-07号

このような中、札幌市では、今年度の新規事業として、環境関連技術を有する市内企業中国企業とのビジネス交流や、モンゴル国への消防関連企業のPRを行うインフラビジネスグローバル化事業、市内IT企業海外現地のニーズに対応した商品開発支援、自社の技術や製品を売り込む商談会をベトナムで開催するIT産業海外展開支援事業を実施したところであります。

札幌市議会 2015-12-07 平成27年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−12月07日-記録

中華文明に染まっている国としては、韓国、ベトナムシンガポールなど、大体、中国語が通じるような場所は赤く染まっています。しかし、日本だけがどこにも染まっておりません。よく言えば、非常に強固な文明を維持している、悪く言えば友達がいない寂しい国です。日本語がしゃべれる人は1.28億人しかいませんから、どこの国に行っても日本語が通じません。  

札幌市議会 2015-10-26 平成27年第二部決算特別委員会−10月26日-07号

私自身のことを振り返ってみても、昨年は、1年のうち、トータルで2カ月弱はベトナムのホーチミンにいたことになりますが、それでも現地で十分にその役割を果たすことは容易ではありませんでした。3カ月ぶりに行ってみると、前回来たときと全く変わっているということもよくあります。それぐらい変化のスピードは速いです。  

札幌市議会 2015-09-01 平成27年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−09月01日-記録

このUBERに関しては、私も、以前ベトナムのホーチミンで利用したことがありますが、世界の主要な都市ではもはや常識になってきています。少し前までは、旅行先で、ここはWi−Fiがつながらないから不便だという言われ方をされておりましたが、今は、このまちはUBERが使えない、このまちはAirbnbが使えないから困る、不便だというふうになってきております。

札幌市議会 2014-12-11 平成26年(常任)建設委員会−12月11日-記録

また、地元企業協力し、高度浄水処理技術に関する特許を取得しており、その技術ベトナムのハイフォン市の浄水施設へ導入するなど、海外への技術移転を国際的なビジネスとしても成功させております。このような取り組みは、収益の増加による水道事業の経営基盤の強化として有効であるのみならず、民間企業のビジネスチャンスの拡大や地場産業の振興にもつながるものと考えます。

札幌市議会 2014-10-28 平成26年第二部決算特別委員会−10月28日-07号

さらに、札幌市映像制作助成金を活用しまして、タイ、ベトナム台湾との国際共同制作案件を計4件誘致したほか、国内外の映画等の撮影案件も具体化しつつあるところでございます。加えまして、平成26年度は、市内企業による映像を活用した海外販路拡大等の取り組みに対して助成する制度を新たに創設しておりまして、公募によりアジア諸国への旅行商品販売に関する事業を1件採択したところでございます。  

札幌市議会 2013-12-10 平成25年(常任)総務委員会−12月10日-記録

また、職員人材育成につきましては、現在、国際部から外務省への派遣職員ベトナム・ホーチミン総領事館へ配置されており、現在、引き続き、東南アジアにも派遣を要望しているところでございます。また、財団法人自治体国際化協会は、現在、ソウル事務所へ派遣をしておりますが、再来年からはシンガポール事務所へ移転することとしております。