24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

札幌市議会 2017-03-16 平成29年第二部予算特別委員会−03月16日-05号

一方、マタニティーブルーが一時的なものであるのに対し、症状が2週間以上続くなど長引いたり深刻になるのが産後鬱で、出産後2週間から2カ月ごろまでに産婦の約10%から20%がかかり、育児不安や親としての自信喪失につながることさえあって、妊産婦のメンタルヘルスの問題は、育児ノイローゼのような育児に密接に関連した問題を抱えることにもつながり、子どもの発達にも悪影響を及ぼすことになると言われています。  

札幌市議会 2013-12-05 平成25年 第4回定例会−12月05日-04号

また、貧困やひとり親家庭がふえていることから、収入が少ない、働き続けられるかなどの経済的な悩みも多く、不安を相談する人がいないことなど、育児ノイローゼや虐待につながることが危惧され、産後のフォローが重要になっています。この点についての市長のご見解を伺います。  質問の第3は、助成額についてです。  現在、助成額は入院5日で38万2,750円です。

札幌市議会 2010-10-08 平成22年第一部決算特別委員会−10月08日-03号

自分から仕事を探せば、一日じゅう、何ぼでもあるのだよ、だから、人から言われないでみずから積極的に用務員の仕事をしっかりやってちょうだい、よく言ってあげてちょうだいねと言っておいたら、半年ぐらいたってからそのお母さんが来まして、うちの息子が最近はノイローゼぎみなのですと。どうしたのと聞いたら、学校用務員についたときに先輩がおられたそうです。

札幌市議会 2008-10-23 平成20年第二部決算特別委員会−10月23日-05号

このような場合、育児ノイローゼ育児放棄、ネグレクトなど、虐待をするような兆候がそこにあるという証拠であると思います。母親になり切っていない親の姿がそこにかいま見られます。ここまでわかっていて、未受診者にアンケートしても未回答であったり、何度も訪問して大変だとは思うのですが、不在であったなど、グレーゾーンのケースを放置していくことはそのまま虐待のハイリスク要因を見逃すことになってしまいます。  

札幌市議会 2006-08-22 平成18年(常任)文教委員会−08月22日-記録

お母さんから電話があって、病院代、タクシー代を払えというような意見があったり、あるいは、給食費を払っていないということで子どもにいろいろな形でお話ししたのでしょう、そういうことであれば、子どもを学校に行かせないだとか、そういう親御さんの声があったというようなことで、ある意味では学校に対する保護者の期待というか、あるいはまた、ある意味では筋が違うのではないかというようなことも今現場にたくさんあって、ノイローゼ

札幌市議会 2004-10-13 平成16年第一部決算特別委員会−10月13日-05号

クレジット会社から次々と支払いの督促が来ており、対人恐怖症、ノイローゼのような状態になっております。  そこで、質問でありますけれども、このケースの場合、本市の消費生活条例不当な取引行為に該当すると思うのですが、いかがか。その場合、速やかに是正するよう指導し、また勧告すると条例では規定しておりますけれども、この場合、このような措置を行うことができるのか、お伺いをしたいと思います。

音更町議会 2004-03-11 平成16年第1回定例会(第3号) 本文 2004-03-11

次に、地域コミュニティーによる支援拡充体制についてでありますが、虐待を行う保護者の背景として、育児ノイローゼや、保護者自身の虐待体験を繰り返す世代間連鎖などのほか、地域からの孤立、生活困窮といった、家庭が置かれている社会的状況が考えられます。児童虐待を予防していくためには、家族孤立を防ぎ、子供社会が育てているといった、地域子育て支援に対する協力と取り組みが必要不可欠であります。  

札幌市議会 2004-01-28 平成16年少子化対策・青少年育成調査特別委員会−01月28日-記録

育児ノイローゼというのは,多分にそういうことも含まれて起こる現象ではないかと思うのですが,子供を産むことに対して非常に強く不安感を持っている世代であると思います。  それから,評価が気になる中には,みずからがいじめや不登校などを経験したり,そういうものを目前に見てきた世代でもあると言えると思います。

札幌市議会 2001-10-17 平成13年第一部決算特別委員会−10月17日-07号

本郷俊史 委員  ブック・スタートにつきまして,今,関係部局ということなのですけれども,先ほどちょっと事業の内容をご紹介しましたとおり,要するに乳幼児健診のときにかかわるものですから,いわゆる育児ノイローゼとか,今,問題になっている幼児虐待だとか,いわゆる児童福祉の観点だとか,そういったことにも効果の期待できる事業でございまして,館長は元保健福祉部長もされていらっしゃいましたので,ぜひそういう観点

音更町議会 2001-03-14 平成13年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2001-03-14

ただ、教職員健康診断において、それなりの治療が必要だというようなところには、当然休暇をとった中に、あるいは休職をしながらでもその体の不調を回復してもらっている、そのような状態になってございますので、この健康診断の中において、問題はそのノイローゼとかいろいろな問題が今音更町内の先生にこの診断で判定がされているのかどうか、そのような話は聞いておりませんけれども、もしやはり入院をしながら健康を回復するというようなところであれば

札幌市議会 2001-03-08 平成13年第二部予算特別委員会−03月08日-02号

また,ノイローゼ気味になることもあるのではなかろうと,実はこんな感じがいたしているわけであります。  その中で,私は,こうした子供たちが,ぜひとも,お母さんは学校へ行っている間は学校にお願いしながら,帰ってきて,学校へ一緒へ行くこともあります。例えば,札幌市立の豊明養護学校は,父兄が付き添って行って帰ってきます。  そして,今度はそういった子供も受け入れる,重度な子供であります。

札幌市議会 2000-10-05 平成12年第二部決算特別委員会−10月05日-02号

しかし,機械的に,また過度に就労指導されることによって,保護世帯の中には,ノイローゼあるいはストレス性の胃炎になって,病院で受診せざるを得ない,こんな状況なども現実には起こっております。その辺の,適切な就労指導と機械的に過度な就労指導というのは,これ中身違うだろうと思うのですね。

札幌市議会 1998-10-09 平成10年第二部決算特別委員会−10月09日-03号

また,教科書どおりに,よい母親を演じようと,懸命な母親ほど,その重圧から育児ノイローゼに陥りやすいということも指摘されております。  母親が育児に重圧やストレスを感じながら子供に接することは,子供の心身の健全な発達には好ましくないということは言うまでもありません。  今の若い親たちは,核家族世帯の中で育って,兄弟も少なく,青少年期に乳幼児との触れ合いが乏しいまま親になっていると思います。

札幌市議会 1998-03-10 平成10年第二部予算特別委員会−03月10日-02号

乳幼児に対しての子育て支援,子育ての真っ最中にノイローゼになる若いお母さんもふえている中だからこそ,こういう事業は必要なのです。ですから,ゼロ歳から2歳児という乳児を抱えたお母さんたちは,この子育て支援事業に参加して非常に喜んでいるという,そういう結果も私たちは押さえているところです。  

札幌市議会 1996-12-03 平成 8年第 4回定例会−12月03日-03号

センターにおける相談・指導は,神経症,ノイローゼなど,心の健康相談から精神医療社会復帰を初め,アルコール,薬物,思春期,痴呆など多岐にわたっております。とりわけ,他行政機関との連携など総合的施策が必要なことから,道立精神保健福祉センターにおいて特定相談事業として行われてきたアルコール関連問題と思春期精神保健は,利用者の大半が札幌市民でもあります。

札幌市議会 1996-10-28 平成 8年第 3回定例会−10月28日-06号

具体的には,子供遊び相手がいない,子育ての相談相手がいない,また地域子育て中の母親が孤立化するなどの状況にあり,こんなことから,育児ノイローゼから我が子を虐待するなど,痛ましい事例を生み出しております。  言うまでもなく,子育て基本はあくまでも家庭にありますが,札幌市子育て支援計画においても,子育て中の家庭での育児力の向上を図ることを必要としております。

札幌市議会 1996-10-09 平成 8年第二部決算特別委員会−10月09日-02号

今,局長がおっしゃったように,少子化と言われる中で,家庭にいて子供を育てられない,ノイローゼになる,どうやって子供を育てていいかわからないお母さんたちに役立っている部分は大きいと思うのですよ。そういう事業が,保育園で単独でやられてきた。保育園を使うということについては,いろいろ私としても感じるところはあるわけなのですけれども,施策がふえるという点については,やはりすばらしいことだと思うのです。  

  • 1
  • 2