101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北見市議会 2018-06-27 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号

次に、本市を核とした幅広いニーズに対応した周遊ルートについてでありますが、北海道観光振興機構が本年度に公募した広域観光周遊ルートビジネスモデル形成促進事業において、本市が企画提案したJR石北本線を軸とした北見・網走・阿寒湖ゴールデントライアングル事業が採択されたところであります。

音更町議会 2018-03-16 平成30年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2018-03-16

これがもしか、十勝にもし拠点がもう一つできれば、ちょうど十勝からも高速で札幌まで2時間ちょっと、北見までも2時間ちょっとということで三角形のトライアングルできて、高速使ったカーリングの地域の張りつけができると思うんです。そういう部分で、現状としては十勝では現段階でカーリング場が、そのような役割をできるような施設があるのかどうか。

北見市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

道東のスキースポーツ、糠平、阿寒、遠軽のトライアングルのハブ都市として北見市存在感を大いに発揮できるのではないでしょうか。  また、現状においても、若松スキー場の営業期間をもう少し工夫して、オープンしているスキー場の少ない時期のスキー合宿の要望に応えることができると聞いております。

北広島市議会 2017-08-29 平成29年  第3回 定例会-08月29日−02号

そこで、南環状線は、札幌市南区の真駒内から白旗山の市有林、そして清田区を通り、北広島の大曲から西の里国有林を抜けて江別市のリサーチトライアングルノースの計画に至るという大きな道路新設構想を立て、また同時に北環状の計画も持ったと言われています。国に対しては、調査費補助を付けるよう盛んに中央陳情を重ねていたようです。  こうした計画があったことは、本市は認識していたのでしょうか。

根室市議会 2017-03-02 平成29年  3月定例月議会-03月02日−01号

広域交通網の整備に当たっては、釧根トライアングル整備構想を核として北海道横断自動車道根室−釧路間の早期着手、根室道路及び国道44号根室防雪の早期完成に向け、周辺自治体や関係団体と連携して、国等に対し強く要請してまいります。  交通安全対策に当たっては、重大事故の防止対策として高齢運転者の運転免許証の自主返納を奨励し新たに返還後の移動手段の支援に取り組んでまいります。  

釧路市議会 2016-12-05 平成28年第4回12月定例会 都心部市街地整備特別委員会-12月05日−01号

しかし、HACが全体的にトライアングルといいますか、コミュニティーがなかなかやれない。要するに機材繰りができない。そういう方向から最終的に釧路は函館線をカットされて、釧路・丘珠、丘珠・函館という運行の配置をとられた。だけど、今そこがドル箱なんです。安定している。  

石狩市議会 2016-03-11 平成28年  3月定例会(第1回)-03月11日−代表質問−03号

鍵は、他種にわたる農水産物が一定の規模で生産できる一次産業、高齢化率50パーセント超を逆手にとった高齢者福祉施設の増設と働き手の確保、観光資源の立体的な組み立て、このトライアングル地域振興と自立を真剣に探ることと私は考えております。  第1に、高齢化率50パーセントを超えた地域高齢者福祉の拠点施設は欠かせません。

根室市議会 2014-07-18 平成26年 総合計画審査特別委員会-07月18日−10号

そのことを今盛んにずっとトライアングルで要請しているんだよね。 ○委員長(滑川義幸君)  期成会も今そういう方向で。 ◆委員(田塚不二男君)  期成会も全部これで動いてしまっているようなので。 ◆委員(久保田陽君)  根室市から要望出していることが一つあるのは、例えば防災の関係で今のルートの中から防災の逃げ道で、あそこ交通どめになっていて直線になるはずだけれど、そこに1本入れていると。

千歳市議会 2014-06-10 平成26年 第2回定例会-06月10日−02号

計画書によりますと、市街地と支笏湖地区、市街地と農家、農村地区の回遊とありますが、以前、市街地内の回遊として、トライアングル構想というものがあったとお聞きしております。それは、多分、空港、中心市街地、サケのふるさと館、空港という回遊の構想だったのかと推測します。以前空港とふるさと館の間に送迎バスがあったものとも記憶しております。

釧路市議会 2014-03-07 平成26年第1回 2月定例会-03月07日−03号

北海道の発展には、道央圏と結ぶということの中での高速道路が必要な中で、これで大きな物流というものが変わってくるところでありまして、その中で今、この東北海道のところで連携するトライアングル道路、これは釧路-根室根室-中標津、標津-釧路と、こうなるわけでございまして、もう一つ北網との連携と、4本があるわけでございますが、この地域が同じような中で、しっかりと北海道地域のスケールメリットを生かすために