88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-14

もちろんデイケア型も受けることができます。平成29年度、厚岸町の出生数は52人、宿泊型の利用者数は3人、9日の利用でありました。ケアセンターまで1時間弱と移動に比較的時間がかかりますが、厚岸町では6%ぐらいのお母さんが宿泊型を利用している。このことからすれば、制度が実現すれば、音更町でも20人前後の利用が見込まれるのではというふうに私は見積もっております。  

音更町議会 2017-09-26 平成28年度決算審査特別委員会(第5号) 本文 2017-09-26

内訳につきましては、介護老人福祉施設5カ所、通所介護7カ所、デイケア1カ所、グループホーム7カ所、サ高住1カ所、小規模多機能2カ所、養護老人ホーム1カ所、ケアハウス1カ所、有料老人ホーム1カ所、それから社会福祉議会の配食サービス1カ所で、全て高齢者関係でございます。  

音更町議会 2017-05-24 平成29年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2017-05-24

デイケア実施施設において、母子の健康チェック、授乳及び育児指導乳児を預かっての休養の確保、食事の提供等を行うということで、本事業が管内の産科医療機関委託して行うということで今回の委託料が予算計上されておりますけれども、サービス事業を行う管内産科医療機関は何軒あるのか、また、産後デイケア実施施設しかサービスは受けられないのか、その点をお伺いしたいと思います。  

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月12日-03号

外出機会を確保し、社会参加を促進することを目的として行われており、通院治療を欠かせず、デイケアや作業所でのリハビリを必要とする障がいを持つ方だけではなくて、そのご家族にとっても救済となっています。  その障がい者交通費助成ですが、2017年4月にICカードに移行するため、今、準備を進めております。

札幌市議会 2015-10-28 平成27年第一部決算特別委員会−10月28日-08号

札幌市ひきこもり地域支援センターは、当該センターを運営する法人精神科デイケア施設内に開設されており、ひきこもり支援コーディネーター2名のほか、専門知識を有する当該デイケア施設職員とも連携して対応できる体制を整えているところでございます。また、ひきこもり者の状況に応じて速やかに適切な支援機関につなぐなど、既存の地域資源を活用しながら現行の体制で対応したいと考えているところでございます。  

札幌市議会 2014-10-30 平成26年第一部決算特別委員会−10月30日-08号

家庭内の問題あるいは統合失調症、広汎性の発達障がい、適応障がいなどをあわせ持ち、心理的なストレスなどにより、医療機関との連携、家族会等の心理的な援助、社会的な居場所としてのフリースペース、デイケアなどの広範な経験を有する人材の確保が極めて重要だというふうに思っております。  

音更町議会 2013-04-17 平成25年第2回臨時会(第1号) 本文 2013-04-17

交通費助成事業につきましては、新たに精神障害回復者の医療機関でのデイケア利用者と、在宅障害児の訪問リハビリテーション利用者を対象者に加え実施いたします。また、町独自に実施している18歳未満の児童が障害福祉サービス地域生活支援事業、補装具などを利用した場合の利用者の負担軽減策についても引き続き実施いたします。  

札幌市議会 2012-10-29 平成24年第一部決算特別委員会−10月29日-08号

大谷内 子ども未来局長  今、松浦委員からご指摘のあった、例えば施設の転用というようなことについて、古くは、私も承知しているのは、細川内閣平成5年にできたときに、そのパイロット事業で、学校に老人のデイケア施設をつくる、そういうようなことを始めて、平成7年に宇治市の中学校でそういう施設ができたものを視察させていただいたことがあります。

札幌市議会 2012-02-21 平成24年第 1回定例会−02月21日-03号

また、4階には児童デイケアが設置されることになっていますが、地震や火事などの避難を考えると、安全避難誘導をさせることができるのでしょうか。特に、老朽化した施設であるひまわり整肢園や第二かしわ学園は、早急に新築移転すべきですが、静療院成人部門があいたからといって、この際だから一切合財詰め込んでしまおうというやり方は容認できません。

札幌市議会 2011-02-16 平成23年第 1回定例会−02月16日-03号

国民年金を受給している75歳の男性は、週4回のデイケアに通っていますが、食事代を含めると月3万円の負担となり、ケアマネジャーから他のサービスの利用も勧められていますが、これ以上の負担は経済的に無理と、必要なサービスをあきらめています。  介護保険制度は、利用するたびに使ったサービスの1割を本人が負担する仕組みのため、介護度が上がると必要なサービス量もふえ、同時に利用料もふえます。

札幌市議会 2009-10-16 平成21年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

デイサービスを利用する場合には、日中はデイケアを受けて、自宅で親御さん等が夜間のケアをしながら生活しているのが現状です。  しかし、ことしの10月から身体障がい者用のケアホームが認められたことに伴い、共同住宅の構造や設備については、障がいの特性に応じて配慮することが義務づけられたというふうに聞いております。

札幌市議会 2008-12-05 平成20年第 4回定例会−12月05日-03号

もみじ台地域介護サービス施設は、老人保健施設デイケアが1カ所、グループホームが1カ所、ヘルパー事業所が2カ所と介護施設が少なく、市内で最も高齢化の進んでいる戸建て住宅地域東北以北最大でエレベーターのない団地群などとなっており、地域性と実態に見合った施設の充実を早急に行うべきと思いますが、もみじ台地域介護施設に関する認識と今後の増設計画について伺います。  

札幌市議会 2008-10-23 平成20年第一部決算特別委員会−10月23日-05号

その概要は、市内の精神科病院デイケアに通所される7名の障がい者の協力のもとに、6、7、8月に動物園に訪れていただいて触れ合い体験のプログラムに参加してもらい、その経過とか記録を観察したものでございます。  それから、参加した事後アンケートの結果では、動物園のプログラムを通じて自分に対する新たな気づきがあったとか、また、今後も同じようなプログラムに参加したいという回答がございました。

札幌市議会 2007-10-19 平成19年第一部決算特別委員会−10月19日-05号

動物園におけるアニマルセラピー機能のあり方を検討することを目的といたしまして、精神病院デイケアに通っている方を対象に、夏から動物園での動物との触れ合いや対象者同士及びスタッフとの交流を実施しております。これらの成果を分析しまして、年度内には結果が出るものと思われます。