11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

帯広市議会 2010-04-20 03月10日-04号

緩和させていくために、政策主導でこういった仕事をやはり出していくということが必要になってくる、もう少しテンポアップして。そのために全体像としてどういうふうに考えるのかということが私は大事だろうというふうに思います。 もう一つは、小零細企業仕事つくりという点では、小規模修繕登録制度が広がって喜ばれているわけですが、この実施状況についてもお伺いしておきたいというふうに思います。

北見市議会 2010-04-20 03月10日-04号

緩和させていくために、政策主導でこういった仕事をやはり出していくということが必要になってくる、もう少しテンポアップして。そのために全体像としてどういうふうに考えるのかということが私は大事だろうというふうに思います。 もう一つは、小零細企業仕事つくりという点では、小規模修繕登録制度が広がって喜ばれているわけですが、この実施状況についてもお伺いしておきたいというふうに思います。

札幌市議会 2009-01-29 平成21年税財政・地方分権調査特別委員会−01月29日-記録

坂本恭子 委員  もっとテンポアップしてやっていかなければいけないのではないかというふうに思っておりますし、それが私ども委員会の総意でもありましたし、これは議会として決議されていることですから、本当にテンポを上げて、市として具体的な工程表をつくりながら進めていっていただきたいというふうに思っているところです。  

札幌市議会 2008-12-09 平成20年(常任)総務委員会−12月09日-記録

そういう中で、どれだけテンポアップしてこれらのことが可能になるのかということが大事だと思います。ですから、今、1カ月10%の減給という処分についての問題ではありますけれども、こういう処分を抱えながらどれだけ誠意を持って市民の皆さんと対話していくかということが重要だというふうに思います。

帯広市議会 2003-08-05 03月12日-05号

そういう意味では、地域への拡大テンポアップが必要になってくるのではないかでしょうか。 それで、今後どういった場所で、どういう手法で、この地域版を考えていくのか、今検討計画がございましたらお聞かせ願いたいと思います。 最後に、設置許可の件でございます。 38施設中9施設、11業者の方が民間事業者ということでございました。民間事業者の方に決まった理由なども今お聞きする限り、理解はできると思います。

北見市議会 2003-08-05 03月12日-05号

そういう意味では、地域への拡大テンポアップが必要になってくるのではないかでしょうか。 それで、今後どういった場所で、どういう手法で、この地域版を考えていくのか、今検討計画がございましたらお聞かせ願いたいと思います。 最後に、設置許可の件でございます。 38施設中9施設、11業者の方が民間事業者ということでございました。民間事業者の方に決まった理由なども今お聞きする限り、理解はできると思います。

旭川市議会 2002-06-26 06月26日-03号

旭川市で事業所訪問が開始されたことは評価いたしますが、より効果的に展開するためには、テンポアップ対象数拡大が重要でないかと考えますが、いかがでしょうか。 また、そのためには、全庁的課題として取り組むことを考えるべきではありませんか。 融資制度についてお尋ねします。 これまで改善を進めてきていることについては評価をいたします。道では独自の施策として、借りかえ融資制度を創設しようとしています。

釧路市議会 2000-12-06 12月06日-01号

もちろん大変大事なことではありますが、今まで長い間ずうっとこの合併について論議をされておりまして、もうこれだけ具体的に市長自身が前向きなご発言をされているわけですから、ひとつ期限を設定して取り組みのテンポアップを図るべきではないか、そう思うものでありますから、ぜひ前向きなご答弁をお願いするものでございます。 次に2つ目太平洋炭鉱海外研修生受け入れについてお伺いをいたします。 

釧路市議会 1998-12-10 12月10日-02号

この指定を受けたことによりまして、リバーサイド整備計画に優先的に補助金がつくことで事業テンポアップが期待されるところですが、まず1点目、物揚場については、今年度末広側がようやく完了し、来年度からいよいよ大川町側に着手する計画ですが、指定を受けたことによってもっと工事をスピードアップできないのか。加えてリバーサイドパーク整備も同時進行できないのか、お考えをお示しいただきたいと思います。 

釧路市議会 1996-09-20 09月20日-02号

例えば、踊りテンポアップなり──いきなりそういうことはいきませんけども──そういった踊りの新しい創作をするとか、あるいは新しい踊りの形をつくるとか、そういった問題も含めてですね、これは別に無理して企画委員会だけではなくて、公募制ということもできるわけですよね。いろんな手法があると思うんですよ。専門家に聞くだとか、公募をとるだとか。

  • 1