8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

稚内市議会 2020-11-27 11月27日-01号

全日空では、東京直行便が今年4月以降、繁忙期及び連休などの期間を除き、減便されておりますが、地域の声として、地域経済はもとよりでありますが、生活においても欠かすことのできない非常に重要な路線であることを改めて伝えさせていただいたところでもありますし、また、フジドリームエアラインズに対しては、今年5月に新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、本年度予定されていた約300便のチャーター事業の休止を申

稚内市議会 2020-09-24 09月24日-02号

現在は、貨物船チャーター事業にて年5回運航の予定でありますが、1回目は0.5トン、2回目は2.9トンと、500トン級の貨物船でありながら、少量であるのが気になります。以前の計画では、ベースカーゴとして、将来的には多くの貨物輸送を目標にしていたものの、この現状では、乗船客確保も含め、多くの課題が山積しておりますので、常に航路再開に向けた準備をしておくべきと思いますが、見解をお伺いします。 

稚内市議会 2019-06-17 06月17日-01号

なお、サハリンとの物流に関しては、これまでも、距離が近いこと、大量に輸送できることなど、海上輸送優位性を発揮すべく、本市として貨物船チャーター事業に引き続き取り組んでいきますので、皆様の御理解を賜ればと考えている次第であります。 以上、私からの説明とさせていただきます。 ありがとうございます。 ○議長岡本雄輔君) :以上で市長特別発言は終了いたしました。

稚内市議会 2019-03-08 03月08日-03号

観光一つを取り上げても、昨年のブラックアウトの影響はあったものの、国から広域観光周遊ルートに指定を受けてからの3年間を見ると、特に外国人観光客の伸びは目覚ましいものがありますし、FDAチャーター便の実績を見ても特筆すべきものと考えており、そのことは、昨年10月、東京で行われました時事通信社主催地方空港に関するセミナーのパネルディスカッションにおいて、私も発表させていただきましたが、多くの方々にFDAチャーター

稚内市議会 2018-03-08 03月08日-02号

次に、ビジネスの振興と同時に、輸送手段確保は重要な取り組みであり、その輸送手段確保対策として、稚内市は一昨年から貨物船チャーター事業を行っております。 これまで、担当者がかわるたびに、トライアルや試験運航だと称して、行政が何年も何回もやっていまいりましたが、昨年からはいよいよ民間を巻き込んでの事業がスタートし、一歩前進したと評価しているところであります。 

  • 1