649件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

さて、この4年間を振り返りますと、市議会といたしましては、インターネット中継のスマートフォン対応を初めとする議会広報の充実や、大規模災害対応マニュアルの策定など、皆さんのお力で着実に改革を進めてまいりました。来期においても、より一層、市民の皆様に信頼される議会を目指すべく、改革の歩みをしっかりと進めていかなければなりません。  

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第一部予算特別委員会−03月04日-05号

その理由の一つといたしましては、スマートフォンの普及によりまして、SNS、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者の増加との関連がうかがわれるところでございます。このため、昨年の9月中旬から10月にかけて、17日間、子どもたちにとって身近なLINEによる相談を試行的に実施し、38人の相談に対応したところでございます。  

札幌市議会 2019-02-25 平成31年第一部予算特別委員会−02月25日-02号

ここで少し整理したいと思いますが、1点目は、イベント情報をお知らせのページに掲載せずに、かわりに、地デジのデータ放送、スマートフォンのアプリなどで配信するようになりました。これは、誌面を減らすという観点からだったと思います。もう1点が、特集記事などを充実させて全ページをカラー化する、そして、そのことによって魅力的な誌面にすることであったと認識しております。  

札幌市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会−02月18日-02号

バスの利便性確保については、バス事業者と連携しながら、バスの現在地をスマートフォンなどで確認できるバスロケーションシステムを導入するなど、バス待ち環境の改善を進めるとともに、ノンステップバスの導入も推進しているところでございます。  道路の交通円滑化につきましては、国や北海道などと連携しながら、ハード・ソフトの両面からさまざまな対策を計画的に行っているところでございます。

帯広市議会 2019-01-21 平成31年 厚生委員会-01月21日−01号

この中では特にICTの活用という部分、文字情報で見るという部分でいくと、さまざまなツール、特にスマートフォンなどのアプリ、こういうのも機能がどんどん進化してきて、しゃべった文字の認識というのもすごく進んできている、漢字までうまく変換できるものもふえてきています。こういう中で、さまざまあるんですけれども、今、自治体とかでも導入が広がってる、ツールの一つでUDトークと言われるものもあるんですね。

帯広市議会 2019-01-18 平成31年 産業経済委員会-01月18日−01号

また、収益性の高い帯広競馬場や直営場外における現金での発売につきましては、スマートフォン等の普及により減少傾向にあるところでございますが、帯広競馬場や各場外発売所でのイベント実施や道外でのPR活動などにより来場者の確保に努め、現在は昨年並みの発売額を維持しているところでございます。  以上でございます。

帯広市議会 2018-12-13 平成30年第5回12月定例会-12月13日−05号

北海道ではQRコードを記載した看板を設置し、利用者がスマートフォンで読み取ることで、外国語による注意事項が確認できる公園があると伺っております。市は、QRコードの導入に向けてどのように考えられているのかお伺いいたします。 ○大石清一議長 泉都市建設部長。 ◎泉和知都市建設部長 網走市にある道立オホーツク公園でQRコードが導入されていると伺ってございます。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)厚生委員会−12月11日-記録

また、スマートフォンから閲覧できる札幌こころのナビの運用を開始するなど、積極的に普及啓発に取り組んでまいりました。庁内外の連携強化に関しましては、庁内では、札幌市自殺総合対策推進会議を通じて関連施策と自殺対策との連携を図り、庁外では、相談窓口を中心とする関係団体と定期的な情報交換や連携事業を行ってまいりました。  

帯広市議会 2018-12-11 平成30年第5回12月定例会-12月11日−03号

ICTやロボット技術の活用は、技術革新によるスマートフォンやタブレットなどの高性能なモバイル端末の急速な普及によるものでありますが、今後十勝・帯広がスマート農業の先進地であるためには、人、物、金の集積が必要となります。今後の発展のためには仕掛けが必要であると思います。農業分野だけではなく、情報通信産業などの連携について、関連企業を呼び込む方策など、帯広市の考え方についてお伺いいたします。

恵庭市議会 2018-12-05 平成30年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−02号

私の持っているスマートフォンにもそういった情報が入ってきました。  信じられないなと思いながら、事実の確認、役所に電話してとりましたが、全くそんなことはないと。ただ断水については、一部停電していますので、水をくみ上げている高層のマンション等については、タンクの水がなくなればもう水はおりてこないということは、わかっておりました。  

帯広市議会 2018-11-21 平成30年 総務委員会-11月21日−07号

また、7日、スマートフォンの充電サービスを求めて多くの市民が本庁舎や避難所を訪れました。発電機の稼働状況と充電サービスの利用状況についてもお伺いいたします。  また、補正予算で発電機が購入されましたけれども、避難所における充足率、これは充足されたのかどうかもあわせてお伺いいたします。 ◎佐藤真樹総務部総務課長補佐 一時休憩所として市内12カ所の施設を開放して、その全ての施設に発電機を設置しました。

札幌市議会 2018-10-24 平成30年(常任)総務委員会−10月24日-記録

今回の震災では、長引く停電により、テレビ、スマートフォンなど重要な情報通信機器が使用できない状況に置かれ、被災者は十分な情報を得ることが困難となり、不安な生活を強いられたことは、いまだ記憶に新しいところです。  私は、先日の決算特別委員会でも、こういった教訓を踏まえ、災害時において必要な情報を提供するために、避難所等における情報伝達環境の強化の必要性について主張させていただいたところでもあります。

根室市議会 2018-10-24 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号

停電時に携帯電話やスマートフォンなどによる通話、情報収集は有効ですが、それらの電源には限りがあります。  こうした状況のもとで、市役所等において市民の皆さんの携帯電話、スマートフォン等の充電対策をとられたことは評価いたします。これらをもっと広範囲に素早く行うために、私は電気自動車を公用車として導入することを提案いたします。電気自動車を電源として活用できることは実証済みです。

札幌市議会 2018-10-22 平成30年第二部決算特別委員会−10月22日-06号

携帯電話とかスマートフォン、インターネットなどのいろいろな広告が出ていて、テレビすらも広告が減ってきている時代ですから、私は、いわゆる保証金が要るのかどうか、やっぱり、こういったことも見直すと。  そこで、一つ聞きたいのは、札幌市が設置している3,400カ所の広告枠に対し、代理店がこの広告を掲載してくださいと言って持ってきたら、掲載料は前納でもらうのか、それとも後納でもらうのか、どちらですか。

札幌市議会 2018-10-18 平成30年第二部決算特別委員会−10月18日-05号

これはスマートフォン等にも対応しており、LINEやインスタグラムといったSNSなど、相談者の年代や志向に合わせた広報媒体を積極的に活用しております。また、試行的ではございますが、出張相談先となる北区と連携いたしまして、乳幼児健診の案内文発送の折に、ここシェルジュSAPPOROのリーフレットを同封するという庁内連携も進めているところでございます。  

千歳市議会 2018-10-12 平成30年 決算特別委員会-10月12日−05号

しかしながら、先月発生いたしました台風21号や北海道胆振東部地震においては、水の供給は確保されたものの、北海道全域で起きたブラックアウトにより電力の供給がストップし、情報収集のために、スマートフォンの充電や明かりを求めて大変混乱したのは記憶に新しいところでございます。  

札幌市議会 2018-10-12 平成30年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

一般的には、停電を伴う災害時に情報を得るためのツールとしてはラジオが有効でありますが、現在は、パソコンやスマートフォンなどで無料でラジオ番組が聞けるradikoといったサービスなどもあり、ラジオそのものを所有していない家庭も多いと考えられます。このため、東日本大震災や熊本地震のときと同様、多くの市民がスマートフォンからSNSなどを通じて行政や報道機関からの情報を収集していたものと考えられます。  

旭川市議会 2018-10-10 平成30年 第3回定例会-10月10日−07号

しかし、近年は実店舗における人手不足やインバウンドへの対応、スマートフォンを活用した支払いサービスの登場等、キャッシュレス化推進の追い風となる動きも見受けられる。  政府も平成26年に閣議決定された「日本再興戦略」改訂2014において、2020年東京オリンピック・パラリンピック等を踏まえ、キャッシュレス化に向けた対応策を検討するなど、これまで4回にわたりキャッシュレス化推進の方針を打ち出してきた。