60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

NPO法人化学物質過敏症支援センターのホームページによれば、近年、柔軟剤、消臭スプレー、芳香剤、制汗剤など人工の香りつきの商品が続々販売されているが、それとともに体調不良を訴える相談がふえています。人工的な香り成分は、メーカー非公表ですが、化学物質でつくられており、これを吸い込み続けることで化学物質過敏症を発症しています。これは新たな公害であり、香害と言えます。  

札幌市議会 2018-10-16 平成30年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

洗濯をする際に、柔軟剤入りの洗剤とか、柔軟仕上げ剤の使用、あるいは、さまざまなにおいをカバーするための消臭スプレーなどを使用している方は大変多いと思います。それらには香りづけがされておりまして、ミントとかバラとか森林浴など、多様な宣伝がされておりまして、昨今は、その香り、つまり化学物質でつくられている香料が何日も持続したり、触れるたびに香りがするなど、より強力な商品がふえてきております。  

音更町議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-12

この専決処分につきましては、平成30年7月19日午後4時30分ごろ、音更町北明台2番地1の音更町車両センター南側ごみ集積所において、公園から回収したごみの分別作業中にスプレー缶のガス抜きを行ったところ、缶に残存しておりました塗料が噴出し、近くに駐車していた相手方の自動車に付着いたしました。この損害の10割を賠償するものでございます。  

札幌市議会 2018-06-11 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録

今回、項目数が減少した理由といたしましては、先ほどの資料3の要望結果のところにもありましたが、北本連系線の増強が決定したことや、スプレー缶にかかわる札幌市独自の収集が本格実施されたことのほか、再生可能エネルギーの促進に関する要望を水素社会の早期実現の項目内に統合したことによるものでございます。

札幌市議会 2017-10-31 平成29年第 3回定例会−10月31日-06号

ごみ収集車両の火災について、スプレー缶に起因する件数は減少している一方、ライターが原因の事案も依然としてあり、排出ルール効果的な周知方法を検討すべきだが、防止に向け、どう対応していくのか。生ごみの減量について、費用対効果等に鑑み、モデル事業を終了することは理解する一方、今後も継続して取り組むべき課題であり、将来的な見通しを持って検討する必要があると考えるが、どう進めていくのか。

札幌市議会 2017-10-23 平成29年第一部決算特別委員会−10月23日-07号

◆松原淳二 委員  私からは、スプレー缶類に起因する火災事故防止の取り組みについてお伺いいたします。  札幌市では、スプレー缶の穴あけによる住宅火災や、穴をあけていないスプレー缶の混入によるごみ収集車両の火災を防止するために、スプレー缶類について、清田区でのモデル地区収集を経て、ことし7月から、全市において、穴あけをしないで別袋で燃やせるごみの日に排出するというルールに変更しております。

札幌市議会 2017-04-24 平成29年(常任)総務委員会−04月24日-記録

続きまして、項目11の廃スプレー缶類改修・処理事業費でございます。  スプレー缶類の穴あけ事故と収集車両の火災事故の防止を目的に、清田区でモデル事業を実施してまいりました。モデル事業での検証結果が良好であることから、平成29年7月からの全市実施を目指しまして必要な準備を行ってまいります。  最後に、8ページをごらんください。  

札幌市議会 2017-03-30 平成29年第 1回定例会−03月30日-07号

新たなルールに基づくスプレー缶の排出、収集、処理について、当初予定のことし7月から実施できるよう万全の準備を行うとともに、年間約680万本の処理を行うので、万が一、何らかの理由で処理が滞った場合に備え、さまざまな角度から安定かつ確実な処理作業ができるよう、事前に対策を講ずることを求めます。  次に、建設局に関する課題です。  

札幌市議会 2017-03-29 平成29年第一部予算特別委員会−03月29日-10号

新たなルールに基づくスプレー缶の排出、収集、処理について、当初予定のことし7月から実施できるよう万全の準備を行うとともに、年間約680万本の処理を行うので、万が一、何らかの理由で処理が滞った場合に備え、さまざまな角度から安定かつ確実な処理作業ができるよう、事前に対策を講ずることを求めます。  

札幌市議会 2017-03-27 平成29年第一部予算特別委員会−03月27日-09号

◆ふじわら広昭 委員  私は、1項目めはスプレー缶の排出・収集・処理ルール変更に伴う全市収集について、2項目めは駒岡清掃工場の更新に関して、2項目質問いたします。  初めは、スプレー缶の排出・収集・処理ルール変更に伴う全市収集についてです。  私ども民進党は、これまで、スプレー缶の収集、処理のあり方等について取り上げてきました。

札幌市議会 2017-03-16 平成29年第一部予算特別委員会−03月16日-05号

もともと、学校では、教材や備品なども多く、教室の空気にはさまざまな化学物質がありますが、こうした香りの強い柔軟仕上げ剤を初め、シャンプー、リンス、汗を抑える制汗スプレーなど、合成香料のにおいが人を介して新たに教室の中に持ち込まれている状況があると思います。  先日、においに苦しんでいる子どもの話を聞く機会がありました。

札幌市議会 2016-10-31 平成28年第 3回定例会−10月31日-06号

スプレー缶類の処理体制について、排出方法変更の全市拡大に当たり、受託業者の安定した業務確保や、近隣住民等に支障が出ないよう処理施設の設置場所にも配慮が必要だが、どのように検討しているのか。リユースは、リサイクルと比べ、コストや廃棄物の発生が少なく、国においても強化が示されており、推進に向け、市民意識向上が不可欠と考えるが、どのように啓発するのか。

札幌市議会 2016-10-24 平成28年第一部決算特別委員会−10月24日-07号

次に、スプレー缶類の排出・収集方法の変更による全市実施に向けた今後の処理体制について質問いたします。  私ども民進党は、平成27年の予算特別委員会で、多くの市民から寄せられておりましたごみ収集車両の火災対策及び室内でのスプレー缶類の穴あけによる火災、負傷、死亡事故をなくすための対策について取り上げてまいりました。

札幌市議会 2016-09-21 平成28年第 3回定例会−09月21日-01号

次に、債務負担行為の補正でありますが、先ほどご説明いたしました円山動物園の象舎建設に関しまして、平成29年度から平成30年度分の工程に係る債務負担行為を設定するほか、後ほどご説明いたします廃スプレー缶の排出方法の変更に伴う廃スプレー缶の処理業務に関しまして、平成29年度から平成33年度までの債務負担行為を設定するとともに、廃スプレー缶の回収及び普及啓発業務等について金額の変更を行うものであります。

札幌市議会 2016-09-12 平成28年(常任)総務委員会−09月12日-記録

次に、スプレー缶類の清田区モデル地区収集の経過報告についてを議題とし、資料に基づき、理事者から説明を受けます。 ◎新津 清掃事業担当部長  それでは、スプレー缶類の清田区モデル地区収集の経過報告についてご説明させていただきます。  お配りした資料の説明に入る前に、モデル地区収集を実施するに至った経緯についてご説明させていただきます。  

札幌市議会 2016-06-09 平成28年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月09日-記録

適正処理困難廃棄物については廃棄物処理法の改正によって4品目が指定されておりますが、それ以外のスプレー缶、カセット式ボンベなどは自治体が処理することになっています。札幌市においては、現在、スプレー缶類は、穴をあけて、半透明の別袋に入れて、燃やせないごみの日の収集のほか、消防署や清掃事務所での拠点回収を行っているところです。  

札幌市議会 2016-04-18 平成28年(常任)総務委員会−04月18日-記録

項目の11番目、火災防止に向けたスプレー缶類の排出・収集方法見直し事業費でございます。  スプレー缶類の穴あけに伴う事故と収集車両の火災事故の防止を目的に、昨年10月から清田区の一部地域モデル事業を実施してまいりました。この4月からは対象を清田区全域に拡大しており、今後の全市での実施に向けて必要な検証を行ってまいります。  次に、7ページの23番目のリサイクル事業推進費をごらんください。