10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倶知安町議会 2020-06-09 06月09日-03号

ここだと、アウトドアがこれだけ、スキー事業も含めて夏冬通して一年中そういった自然に恵まれた中でアウトドア関係というところで大変注目されて多くの方々が来ている、こういった環境の中でたくさんのお客様を迎え入れているといったところもあり、雪の多いといったところもあります。

倶知安町議会 2020-03-23 03月23日-04号

現在のエースファミリーリフトゲレンデにつきましては、スキー場周辺道路交通対策として、町が当時のスキー事業者、サンモリッツリフト株式会社に協力を求めて、昭和60年に完成いたしましたニセコアルペン交通スキー場造成工事により作造されまして、現況の尻別2号川についても、この造成工事とともに整備されているところでございます。 

旭川市議会 2017-12-14 12月14日-05号

加えて、スキー事業者、ホテル・旅館関係者旅行代理店担当者並びに留学生による事業化を見据えたテーブルをつくり、意見交換会を早急に実施すべきと、こちらも御提案させていただきます。 国からのこの補助金を消化したらそれでオーケーというのではなくて、次につながる仕組みづくりのためのチャレンジと位置づけ、取り組んでいただきたいと思います。 

倶知安町議会 2012-09-12 09月12日-03号

次に、ニセコ自然公園規制緩和についてでありますが、この件につきましては、前回6月定例会でも御質問に対して経過を含め答弁しておりますが、国定公園ひらふ地区は、国定公園事業区域として公園利用計画に基づくスキー事業、宿泊事業駐車場事業公園事業執行地となっておりまして、四季を通して世界じゅうから多くの観光客公園利用いたしております。 

倶知安町議会 2012-06-20 06月20日-04号

次に、ニセコ自然公園内の建設規制緩和についてでありますが、きのう、原田議員、それから笠原議員にお答えをしているわけでありますけれども、重複の部分があろうと思いますけれども、できるだけ省いて申し上げますが、今までの経過はどうだったかということでありますが、国定公園ひらふ地区は、国定公園事業区域として、公園利用計画に基づくスキー事業それから宿舎事業駐車場事業公園事業執行地となっておりまして、四季

倶知安町議会 2012-06-19 06月19日-03号

町・観光協会ひらふ支部・道による協議の経過と内容についということでありますけれども、ヒラフスキー場地区公園内の利用についての規制緩和についてでありますが、国定公園ひらふ地区国定公園事業区域として、公園利用計画に基づくスキー事業それから宿泊事業駐車場事業執行地となっておりまして、四季を通して世界じゅうから多くの観光客公園利用していることは皆さん御承知のとおりだと思います。 

倶知安町議会 2012-06-18 06月18日-02号

4番目、ヒラフスキー場地区の開発についてということでありますが、ヒラフスキー場地区公園内の利用についての規制緩和についてでありますが、国定公園ひらふ地区国定公園事業区域として公園利用計画に基づくスキー事業、宿舎事業駐車場事業公園事業執行地となっておりまして、四季を通して世界じゅうから多くの観光客公園利用いたしておるのが現実であります。

  • 1