141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

今後も、法改正を目指す国の動向を十分注視しながら、就業サポートセンターとシルバー人材センターの連携強化や、体験つき就職説明会でありますシニアワーキングさっぽろの連携中枢都市圏内への拡大などによりまして、高齢者の就労機会のさらなる創出に努めてまいります。  次に、8項目めの雪対策についての1点目、パートナーシップ排雪制度についてであります。  

札幌市議会 2019-05-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−05月28日-記録

北24条にございますサンプラザ内に設置している就業サポートセンター内に札幌市シルバー人材センターの出張窓口を開設いたしまして、高齢者の多様な働き方や就業ニーズに対応できるように機能強化を図ってまいります。 ◎中田 農政部長  続きまして、農政部の主な取り組みについてご説明いたします。  

札幌市議会 2018-09-25 平成30年第 3回定例会−09月25日-01号

さらに、高齢者雇用促進に向けた企業セミナーや仕事体験会、求人開拓を実施するとともに、シルバー人材センターの体制強化により高齢者社会参加を促進するなど、誰もが活躍できる社会の実現に向けた取り組みを進めました。  今後とも、地域経済を元気にし、札幌の未来を担う若い世代が安心して働ける雇用の場を創出していくとともに、札幌の魅力を国内外へ発信する取り組みを進めてまいりたいと考えております。  

石狩市議会 2018-07-11 07月11日-議案説明、質疑-01号

歳出の主なものといたしましては、総務費では、集会所の改修に620万円、民生費では、幼児教育保育の無償化に対応するための経費に1億6,001万7,000円や、(仮称)ふれあいの杜子ども館建設に向けた設計費に3,000万円、衛生費では、水道の高料金対策補助金に1,004万9,000円、労働費では、シルバー人材センター拠出金に675万円、農林水産業費では、林道毘砂別線及び加賀の沢線の整備に2,200万円

石狩市議会 2017-12-15 12月15日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

一、シルバー人材センターにおける会員・受注件数の推移と一人あたり平均収入について。一、若者人材育成・職場定着支援事業における事業内容と評価について。一、牧野管理運営事業の縮小による効率化と課題について。一、乾牧草の売り払い個数について。一、青年就農給付金給付事業における前年比増の要因と離農実態について。一、麦の生産におけるEPAの影響について。一、遊休農地耕作放棄地の実態について。

札幌市議会 2017-03-30 平成29年第 1回定例会−03月30日-07号

子育てママ再就職支援事業については、子育て女性が働きやすい社内環境社会そのものを構築して積極的に採用する企業をふやすなど、環境整備を進めること、札幌市シルバー人材センターへの支援については、事務局体制をさらに強化するとともに、センターを活用した高齢者への就労支援との相乗効果を高め、支援の充実を図るよう要望いたします。  

札幌市議会 2017-03-29 平成29年第二部予算特別委員会−03月29日-10号

次に、札幌市シルバー人材センターへの支援については、事務局体制をさらに強化するとともに、センターの活用を進め、高齢者への就労支援との相乗効果を高め、支援の充実を図るよう要望いたします。  次に、IT産業の振興と人材確保については、IoT、ビッグデータ、人工知能といった先端技術の急速な進展を札幌IT産業の振興へつなげるため、人材の確保に全力を挙げるよう早急に求めます。  

札幌市議会 2017-02-27 平成29年第 1回定例会−02月27日-02号

高齢者の就労につきましては、これまでも就業サポートセンターでの求人開拓を初め、資格取得や職場体験などを通じた支援をしておりまして、今後は、シルバー人材センターを介した派遣での就労も拡大することとしております。生涯現役社会の実現に向けまして、さらに高齢者の就労を促進していくために、一人一人のニーズに応じた支援策をワンストップで提供する仕組みが重要であろうというふうに考えております。

石狩市議会 2016-11-30 11月30日-議案説明、質疑-01号

次に、議案第24号についてでありますが、本件は、これまでも同施設指定管理者として良好に管理運営を続けてきた公益社団法人石狩市シルバー人材センターを、引き続き指定管理者に指定しようとするものであります。 次に、議案第25号についてでありますが、本件は、これまでも同施設指定管理者として良好に管理運営を続けきた石狩市高齢者クラブ望来名木会を、引き続き指定管理者に指定しようとするものであります。 

石狩市議会 2016-07-31 07月31日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

企画経済産業振興担当では、一つ、石狩市シルバー人材センターの会員数と就業率について。一つ、本市における森林環境譲与税の配分見込額について。一つ、市内私有林の所有者数と林業就業者数について。一つ、自動施氷機器を厚田・浜益支所に設置する考えについて。一つ、浜益の漁港の機能強化対策について。一つ、アウトドア用車椅子導入の経緯と他の海水浴場の導入状況について。

札幌市議会 2016-03-17 平成28年第二部予算特別委員会−03月17日-07号

要望になりますが、これまで、高齢者の就職というと、マンションの管理や清掃、さらには、シルバー人材センターの仕事内容を見ても庭木の剪定などでございました。現在の高齢者は、スキルが非常に高く、体力が落ちているとはいえ、仕事はとても丁寧で、見識やバランス感覚においても大変すぐれた方が多く、まだまだ社会で元気に活躍できる方が多くいらっしゃいます。

石狩市議会 2015-12-11 12月11日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

一.シルバー人材センターの会員数の推移と受注実績について。一.シルバー人材センター会員の受注業務バランスについて。一.就業サポート事業の評価と新港企業求人要望について。一.季節労働者数の推移と通年雇用促進協議会の活動内容について。一.冬季雇用確保の取り組みについて。一.6次産業推進事業の実績と販路拡大の戦略について。一.地産地消の店認証目標達成に向けた取り組みについて。

札幌市議会 2015-11-06 平成27年第 3回定例会−11月06日-06号

次に、経済局についてですが、労働費では、高齢者の就労促進に当たり、社会参加への多様なニーズに対応するため、あいワークとシルバー人材センターの機能集約など、総合的な窓口を設置すべきと考えるが、どうか。子育て女性への就労支援について、勤務条件のミスマッチから再就職を断念する事例が多く、企業の理解を得る取り組みなどを一層強化すべきと考えるが、どうか。

札幌市議会 2015-10-26 平成27年第二部決算特別委員会−10月26日-07号

高齢者の中には、経済的な理由から就労を望む方、生きがいを求めてシルバー人材センターのように臨時的な就業を望む方、そして、社会に貢献するためにボランティア活動を希望される方など、たくさんの方がいらっしゃいます。しかしながら、いわゆる臨時、短期、軽易な業務のシルバー人材センターの登録者においても、実は経済的な理由から登録会員になった動機が多いと聞いております。  

石狩市議会 2015-09-28 09月28日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

今回、補正予算には、民生費として障がい者自立支援事業費、それから労働費として石狩市シルバー人材センター拠出金、農林水産費として担い手経営発展支援事業費が計上されており、これに関しては必要な補正であると考えますが、しかし、今後も多額の税金が投入されることが考えられるマイナンバーに係る予算計上には反対します。 以上です。 ○議長(伊藤一治) 4番蜂谷三雄議員