2528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-01-17 令和02年(常任)経済観光委員会−01月17日-記録

石川 観光・MICE推進部長  検討会議の中では、宿泊事業者の委員から、システム改修に係る経費や、観光客への問い合わせ対応に関する負担などについての意見が出されておりました。このため、税の制度設計に当たっては、できるだけ簡素な仕組みにするとともに、税制度の周知徹底について十分に配慮することが重要であるというふうに考えてございます。

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

264時間、上下水道下水道係が247時間、町民課国保医療係が228時間、学校教育総務係が219時間、情報防災防災係が216時間、学校教育施設係が216時間、スポーツ施設管理係が216時間、企画課企画調整係が210時間、農業委員会農地振興係が206時間、総務課法制係が190時間、上下水道総務係が190時間、商工観光観光係が189時間、高齢者福祉介護保険係が188時間、情報防災情報システム

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

社会システムを根本から見直し、つくり替えるというところであります。  挑戦という言葉がついているので、これから国が思い切ってかじを取ってさまざまな新たな挑戦していくと。第4次産業革命による高度な経済、便利で豊かな生活が送れる社会の実現、また、人生100年時代の到来を見据え、誰もが幾つになっても活躍できる社会の構築ということであっています。

札幌市議会 2019-12-12 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−12月12日-記録

3点目の都心まちづくりでは、人を中心とした安全で快適な交通環境の創出や、誰もが都心にアクセスできる利便性の高い交通環境の形成を図ること、4点目の観光まちづくりでは、多様な旅行スタイルやニーズに対応した利便性の高い交通サービスの提供を図ること、5点目の広域連携では、札幌市と道内、国内外とを結ぶ広域交通機能の確保、充実を図ること、6点目の環境首都・札幌の実現を支えるの部分では、持続可能な低炭素型の交通システム

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

上段の13節委託料につきましては、ただいま申し上げました新規項目が加わったことに伴い、就学援助システムを改修しようとするものであります。  次に、2項小学校費、2目学校建設費の15節工事請負費に171万6千円の追加につきましては、来年度下音更小学校に入学される児童特別支援学級への在籍が適当と判定されたことから、手すりの設置やトイレ改修など必要な工事を実施しようとするものであります。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)建設委員会−12月09日-記録

それらに加えまして、耐震化あるいは二重化、そして分散配置などを図って強靱な水道システムの構築を目指しているところでございます。そこで、白川浄水場の改修は、大変に規模の大きなものとなるために、平成21年度から局内でプロジェクトを立ち上げて、事業の方向性、そして改修の内容などについて入念かつ具体的に検討を始めてきております。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

札幌市では、このスケジュールに間に合わせるため、債務負担行為を設定し、今年度からのシステム開発に着手するものであります。 ◆佐々木明美 委員  国において、システムを正しく取り込むための事前テストということですが、続いて質問させていただきます。  議案説明資料の1について伺いますが、保険証でも資格確認はできます。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

また、企業に対しましては、テレワークや業務管理システムの導入支援などを行って、多様な働き方ができる環境を整えますほか、新たに男性の育児休業を取り入れた企業を支援するなど、子どもを生み育てやすい職場環境づくりを進めてまいります。  こうした取り組みを進めることによって、札幌のまちの魅力の一つとなるような子どもを生み育てやすい環境づくりを目指していきたいと考えております。

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

大会開催後の利点については、新しい交通インフラシステムの充実などが出た一方、財政負担の増大、施設の維持費の増大などの市民負担を懸念する声がございました。  最後に、下のテーマ3は、大会開催の有無にかかわらず、2030年の札幌市がどのようなまちになっていたらよいか意見をいただいたもので、魅力とにぎわいのあるまち、ウインタースポーツが盛んなまち、高齢者に優しいまちなどの意見がございました。  

札幌市議会 2019-11-15 令和 元年(常任)財政市民委員会−11月15日-記録

このようなことを行うためには、日々仕分け、そしてセグメント分析は必要不可欠でありますので、今後の財務会計システム更新に当たっては、このことをしっかりと踏まえ、システム設計をしていただくことを求めて、質問を終わります。 ◆佐藤綾 委員  私からも、何点か質問させていただきます。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

まず、1番目のGPSなどを活用する取り組みですが、前のページでご説明しました(1)の作業日報などの提出書類の電子化に着手した後、そこで構築したシステムを活用もしくは改良しながら、その下にあります除雪機械の運行管理システムや作業経路などのナビゲーションシステムなどの取り組みへと、順次、発展、展開していきたいと考えております。  

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

さらに、地震被害想定とハザードマップの見直しについては、関連部局の情報を適切に反映しながら、ハザードマップ市民が身近で見やすくわかりやすい内容に一層の改善を図ること、また、関係部局が被災情報を随時共有できるシステムの構築と、本格整備を早期に進めることを求めます。  次に、総務局関係です。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

市内の河川水位情報システムの更新について、今後は、国や道の管理する河川とあわせ、一括して水位情報をウェブで閲覧することが可能になります。市民への周知に努めていただき、本市が提供する防災アプリそなえとのリンクや、カメラなどによる視覚的な情報発信に向けて検討し、取り組むよう求めます。  次に、水道局です。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

一方で、昨年の北海道胆振東部地震のような自然災害を初め、これまで経験したことがない人口減少・超高齢社会といった行政課題、またSociety5.0の実現といった社会システムの変革への対応など、現時点では見通すことが困難な事柄や市民ニーズにも、その時々のさまざまな状況に応じて的確かつ迅速に対応していくことが求められると考えます。  

札幌市議会 2019-10-23 令和 元年第一部決算特別委員会−10月23日-08号

児童虐待を発見した際の通告手段としましては、全国共通ダイヤルの189がございまして、電話をかけますと所管している児童相談所につながるシステムでございます。  札幌市におきましても、相談窓口の案内チラシの配布とか啓発ポスターの公共施設への掲示、さらには、今週月曜日からになりますが、地下鉄へのポスター掲出を通じて189の共通ダイヤルの普及啓発に努めているところでございます。