47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倶知安町議会 2016-03-17 倶知安町議会 会議録 平成28年 第1回 定例会( 3月)-03月17日−05号

まず、人事給与人事評価システムサーバ借上(平成28年度事業)、平成29年度から平成32年度まででございます。限度額183万3,000円でございます。  電話交換機等借上(平成28年度事業)、平成29年度から平成31年度まで、15万9,000円の限度額です。  固定資産管理システム借上(平成28年度事業)、平成29年度から平成32年度まで、84万円でございます。  

北斗市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月14日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号

これに伴う、実際は地方公共団体情報機構が構築している中間サーバに市の規定のシステムを接続するため、その接続の監視。あと、情報のやりとりはまだ先ですが、その際の副本を生成するためのシステム、コネクタ機能と言いますが、その機能を構築するためのサーバ、それと管理端末、接続端末、それと専用ルータ等の通信機器を導入するものでございます。  

北広島市議会 2015-09-08 平成27年  第3回 定例会-09月08日−01号

主な機器といたしましては、中学校全教職員用にタブレット型パソコン160台を導入するほか、小中学校15校の校務サーバセキュリティ対策サーバを更新するものであります。  契約につきましては、8月5日に指名競争入札を執行し、4,935万6,000円で野村家電販売株式会社北広島支店が落札いたしました。  指名業者及び入札の状況につきましては、参考資料をご覧いただき、説明を省略させていただきます。  

北斗市議会 2015-06-12 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月12日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号

それとの関係が、その違いといいますか、その辺のことが一つと、それから、多分これは、マイナンバー制度と関係すると思うのですけれども、番号制度中間サーバ共同化事業負担金、それから個人番号カード関連事務負担金、これを全部含めますと、今回の補正も含めると約1億3,000万円の大きな額になっていて、今回のこの財源を見ますと、国、道からの支出金が2,500万円と、つまり、50%は市が負担をするというような形になっていると

函館市議会 2014-03-19 平成26年度函館市各会計予算特別委員会-03月19日−04号

そして患者には、筋肉の痛みが起きるほか慢性的に長期間にわたって疲労感が起き、脳の認知機能の低下、自己免疫疾患も起きるということがこの中で教授は発表しておりまして、さらに前東海大学医学部教授の堺さんは、子宮頸がんワクチンの1つであるサーバリックスの製品情報から製造元のグラクソ・スミスクライン社による4年間追跡調査した結果の臨床報告により、15歳から25歳までの9,319人にワクチンを接種したところ、接種後

旭川市議会 2013-09-19 平成25年 第3回定例会補正予算等審査特別委員会-09月19日−03号

パソコンですとかファイルサーバというものを使って、事務をそれでしているという部分では、共通する経費という部分で考えておりますが、一方、検査ですとか試験というのは、特定の機器、それが証明力を持つ形の機器を買っていると。それがなければその事務ができないということで、その資本的経費を手数料には求めているということで、指針のほうは整理をさせていただいているという形になっております。

帯広市議会 2013-07-26 平成25年 厚生委員会-07月26日−06号

仮に1回目接種した人につきましては、2回目の接種が、サーバリックスというもののワクチンにつきましては1カ月後、それからガーダシルというワクチンにつきましては2カ月後となってございます。また、3回目については、サーバリックスについては5カ月後、それからガーダシルについては4カ月後ということになってございます。したがいまして、半年くらいの間に3回打たなければならないということになってございます。  

旭川市議会 2013-06-28 平成25年 第2回定例会-06月28日−05号

この子宮頸がん予防ワクチンの予防効果について、2013年6月現在、「サーバリックス」の抗体価の持続期間製薬会社によれば8.4年とされているが、厚生労働省人口動態調査によれば、24歳までの子宮頸がんによる死亡者はほとんどいない。さらに、このワクチンが子宮頸がんそのものを予防するのではなく、あくまでもHPVの感染を予防するものである。

石狩市議会 2013-06-27 平成25年  6月定例会(第2回)-06月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

日本承認されている子宮頸がんワクチンは、2009年12月発売のサーバリックスと2011年8月発売のガーダシルの2種類です。国は、臨床試験の終了を待たずに導入を決めた経緯があり、治験が不十分であったことが指摘されています。アメリカワクチン有害事象報告制度の報告によると両ワクチンによる副反応被害者数は、全世界で2万8,661人、死亡者は130人にのぼると言われています。

旭川市議会 2013-06-24 平成25年 第2回定例会-06月24日−02号

そんな中で、時間もないので進みますけれども、副反応のところなんですけど、旭川で使われているのは2種類の、全国そうかもしれませんが、薬だということで、サーバリックスというのと、もう一つが何でしたっけ、済みません、2つ種類があります。  それで、何を言いたいかといいますと、この2つの種類は副反応の出方が違うんですよ、実はね。

帯広市議会 2013-06-19 平成25年第3回 6月定例会-06月19日−04号

サーバリックスとガーダシルでありますけれども、サーバリックスは2009年11月、その年の12月から接種開始なんですね。ガーダシルはそれにおくれること2011年7月です。ことしは2013年です。9年間というのは合わないわけだけれども、これは諸外国で先に先行して行われているので、その結果をもって9年間というふうにしているんだというふうに思います。

釧路市議会 2013-06-18 平成25年第3回 6月定例会 民生福祉常任委員会-06月18日−02号

◎叶田近永健康推進課長 子宮頸がん予防ワクチンにつきましては、サーバリックスとガーダシルっていう2種類がございまして、それと国のまとめで報告させていただきますと、それぞれの販売開始日からことしの3月末までに国に報告された副反応の報告数は、医療機関からと製薬会社からの報告を合わせまして1,968件報告されてございます。

倶知安町議会 2013-06-17 倶知安町議会 会議録 平成25年  6月 定例会(第2回)-06月17日−02号

それから、サーバリックスワクチンというのがあるそうでが、報告全体で1,001件、そのうちの重篤報告といたしまして91件ありましたと。だから、1,000件のうちの91件、さらに接種との関連ありと医療機関から報告されたもの、報告全体で611件、それから、そのうちの重篤報告として59件となっておりました。  

厚真町議会 2012-11-15 平成24年 11月 決算審査特別委員会-11月15日−03号

ソフトウエアがないわけなので、システムとしてはみられないということで周辺機器を個別に分類すると、いずれもパソコン・サーバ・プリンター、30万円以下の重要物品に当たらないものということで今回削除させていただいている。 ○木戸委員長 以上を持って、平成23年度厚真町各会計歳入歳出決算に対する一切の質疑を終了する。