62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第二部決算特別委員会−10月29日-09号

予測不能なゲリラ豪雨が増加しており、札幌管区気象台でも、今後、北海道で1時間の降水量30ミリ以上、50ミリ以上の短時間強雨の年間発生回数は増加すると予想していることから、下水道の整備水準の見直しが必要だと指摘します。  次に、都市局です。  市営住宅の給水管についてです。  北海道胆振東部地震発災時の停電により、市営住宅でも71団地、378棟、1万5,333戸で断水が起きたとのことでした。

札幌市議会 2018-10-25 平成30年第二部決算特別委員会−10月25日-08号

ヒートアイランドによって地表の温度が高温化し、上空の冷気との温度差が極端に大きくなって、上昇気流はより急激になり、積乱雲は巨大化して、今までは単なるにわか雨レベルだったものが豪雨になり、予測不能なゲリラ豪雨が増加しているということです。ヒートアイランドは、都市部の局地的豪雨を発生させる引き金の役割を果たしていると専門家からも指摘されるほどで、都心部での豪雨対策がますます重要となっております。

札幌市議会 2018-03-12 平成30年第一部予算特別委員会−03月12日-04号

一方で、やはり、ゲリラ豪雨爆弾気圧などの風水害も留意しなければなりません。昨年も、九州北部において豪雨水害が発生し、多数の死傷者が出るとともに、家屋やインフラ等に甚大な被害がもたらされたところであります。また、北海道におきましても、一昨年、台風が連続して上陸し、道東を中心に道路の寸断や畑の冠水など大きな被害がもたらされたことは記憶に新しいところです。  

札幌市議会 2018-02-27 平成30年第 1回定例会−02月27日-03号

地下構造、いわゆるトンネルの場合には、照明灯、電光掲示板、高圧受電などの設備のほか、交通量が多く長距離となる場合には、トンネル内を換気するためのジェットファン、都心部で増加傾向のゲリラ豪雨などによるトンネル内への浸水に対応する排水ポンプなどの設備機器も必要となります。例えば、総延長884メートルの創成トンネルには、片側4基、両側車線で合計8基のジェットファンが設置されています。

札幌市議会 2017-10-25 平成29年第二部決算特別委員会−10月25日-08号

さらには、昨今の状況を見ますと、短時間で局所的に大雨が降る、いわゆるゲリラ豪雨がふえており、こうした際には市民の迅速な避難防災行動が重要になります。そういったところから、札幌市が身近な河川の水位情報を積極的に公表し、市民の自主的な行動を求めていくべきではないかと考えます。  

札幌市議会 2017-02-28 平成29年第 1回定例会−02月28日-03号

いつ起こるかわからない地震も脅威ですが、近年多発するゲリラ豪雨などの風水害に対しても的確に対応していかなければなりません。  そこで、質問ですが、風水害に対しても、地震同様に、訓練と検証を積み重ね、職員の対応力を向上させておく必要があると考えますが、風水害を想定した訓練の実施についてはどのようにお考えか、伺います。  次に、木造住宅耐震化の取り組みについて伺います。  

札幌市議会 2016-10-31 平成28年第 3回定例会−10月31日-06号

市街地の水害対策に当たっては、ゲリラ豪雨への対応が喫緊の課題であり、情報提供などのソフト面に加え、ハード面の整備も重要と考えるが、一体となった取り組みをどう進めるのか。断熱マンホールの設置について、予算の制約によりいまだ整備が進まない現状があり、性能を確保の上、経費抑制を図るべく新たな技術開発にどう取り組んでいるのか等の質疑がありました。  

札幌市議会 2016-10-26 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月26日-09号

そこは、豊平区豊平5条9丁目にある大手スーパーですが、ゲリラ豪雨によって地域一帯の道路が冠水して、スーパーの駐車場から溢水した雨水が店内にダイレクトに流れてきまして、一部の商品が売り物にならなくなり、店内のお客様は大混乱しました。当日は、大手スーパーの開店何周年というイベントの初日でした。私は、すぐに下水道河川局に一報して、すぐに土のうを積んでいただき、雨が小降りになり、何とか一件落着しました。

音更町議会 2016-06-15 平成28年第2回定例会(第4号) 本文 2016-06-15

それから、地域景観にも配慮してほしいとはいいながらも、私どものほうで条例持っているわけではございませんので、そこら辺については、景観に配慮しましたよと言われればそのとおりかもしれませんが、もう一点は、傾斜地のところにつくりますので雨水、排水、特に最近のゲリラ豪雨等々に対応できるだけの土砂災害のないような形のものをつけるようにというような形で意見書を添付をさせていただきました。

札幌市議会 2016-03-04 平成28年第一部予算特別委員会−03月04日-03号

大規模な自然災害への対応についてでございますが、委員がご指摘のとおり、一昨年の9月11日の大雨災害を教訓として、ゲリラ豪雨土砂災害への対応強化を図るため、市内に配置している全ての水槽車及び救助車に軽量な吸水性土のうを常時積載するほか、軽量でコンパクトな排水ポンプ及び救命ボートの導入など、資機材を充実させ、より迅速な出動体制を整備するところでございます。

札幌市議会 2015-12-08 平成27年(常任)建設委員会−12月08日-記録

下水道施設市民生活に不可欠な施設であり、ゲリラ豪雨など自然災害に備える施設でもありますので、こうした危機管理災害対策などは行政の判断が必要と考えています。加えて、委託した業務においても、例えば、受託者の撤退などにより、万一、業務が履行されなくなる場合をも想定し、非常時のバックアップ体制の確保も必要でございます。  

札幌市議会 2015-12-02 平成27年第 4回定例会−12月02日-02号

最近の全国的な災害状況は、これまでの台風による水害を初め、これまでにない竜巻被害、ゲリラ豪雨等による河川の氾濫、地震火山災害などあらゆる災害が発生しており、本市においても、いつ大きな災害に見舞われるかと市民が不安を覚えるところであり、その被害を最小限にとどめるための日ごろからの対策が重要となってきているところであります。