216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

この従業員の高齢化は、当然ながら、若手の技能労働者が就職しない、または就職してもすぐやめてしまうからでありますが、この主な要因としては、低い賃金、休みがとりづらい、作業が危険、季節によって賃金の変動がある、サラリーマンや公務員のように将来のキャリアアップの道筋が描けない、このような要因が大きいのかなと思っておりますが、この点について町の認識をお聞かせください。

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

その中で経験を積んでいくことによって、キャリアを積んでいくことによってその職員のスキルが上がっていって、そしてまたそれが認められれば昇格もしていくと。例えば係長になったり課長になっていくというような、当然そういう流れなわけです。  ですから、そういう係長や課長になっている人間も、当然経験の浅い、若いときにはそういった経験を繰り返しながら今の職責にあるわけですから、それをやっぱり繰り返していくと。

帯広市議会 2019-03-14 03月28日-08号

次に、労働費では、キャリアアップ助成金の活用促進や季節労働者の通年雇用化など雇用環境の充実を図る考え、技術者等の人材不足解消に向け職業訓練を受講しやすい環境づくりを進める考え、増加が見込まれる外国人労働者が就労しやすい環境づくりを進める考え、あおぞら共済の事業拡充など中小企業等の勤労者福祉向上を図る考え、子育て応援事業所促進奨励金の利用促進を図る考え、国の新たな支援制度を活用しUIJターンを一層促進

札幌市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号

キャリア教育の充実に伴い、高校生のうちから将来の職業について考えることができる環境も整ってきており、そういう中で保育士の養成校への進学を選択する高校生も多いのではないでしょうか。  そこで、質問ですが、保育人材の確保がますます困難になっている状況の中で、今後の人材確保策について、どのような視点で進めていくおつもりか、伺います。  次に、介護予防について質問いたします。  

札幌市議会 2018-10-18 平成30年第二部決算特別委員会−10月18日-05号

また、窓口にキャリアカウンセラーを5名ほど配置しておりますが、オープンに先駆けて研修を行い、区の保育所申請窓口の対応状況を実際に見学させるなど、保育制度に関する知識の向上を図っているところでございます。窓口の運営は今月始まったばかりですので、市民の方々のニーズ、あるいは、利用状況等を把握しながら、関係部局と引き続き連携を深めてまいりたいと考えております。

札幌市議会 2018-10-16 平成30年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

◆しのだ江里子 委員  私は、要介護認定の迅速化についてと、キャリアパス制度導入支援事業について質問させていただきます。  まず、要介護認定の迅速化についてです。  団塊の世代が2025年までに後期高齢者、75歳以上に達するいわゆる2025年問題に象徴される高齢化の急速な進展により、介護保険制度サービスを必要とする方が全国的に年々増加しております。

石狩市議会 2018-07-18 07月18日-代表質問-02号

我々はカット法と言っていましたけれども、この中でマクロ経済スライドに加えて、賃金マイナススライドとキャリアオーバーという新しい仕組みを入れたのです、この年に。 このことが今の年金の金額がマクロ経済スライドと合わせて計算していくと、あのような金融庁の報告が出てくる、そういうことが事実として金融庁が報告するわけですから、そんなでたらめな数字ではないのだろうと思うのです。 

札幌市議会 2018-06-11 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録

北海道におきましては、平成27年度から、地域医療介護総合確保基金を活用いたしまして、介護人材の確保、定着化に向けたマッチングやキャリアアップ研修の実施などの支援策を実施してきております。また一方、札幌市におきましても、単独事業といたしまして、介護事業者向けの採用力向上セミナーや介護事業者の合同企業説明会を開催するなど、介護人材の確保に向けた取り組みをしているところでございます。  

札幌市議会 2018-06-04 平成30年第 2回定例会−06月04日-04号

本市においては、都市基盤の更新の問題、少子高齢化のさらなる進行、今後見込まれる人口減少など、課題が山積している中、議員としてのキャリアを着実に積まれ、市民からも、議員からも、そして理事者からも信頼を積み上げてきたあなたは、ことし4月には札幌市都市計画審議会委員にも就任されたところであり、今後さまざまなステージでのますますのご活躍を期待されていたところです。  

札幌市議会 2018-05-23 平成30年第 2回定例会−05月23日-02号

札幌市においては、女性の活躍推進を予算の柱の一つに据え、子どもを預けられる環境の充実を図ることで、就労やキャリアアップといった女性の希望をかなえるとしています。しかしながら、こういった子育て環境を充実させる取り組みの成果を市民の皆さんが実感できる状況には、残念ながら到達していないようです。  先月、認可保育所等の待機児童について、2018年4月1日現在の状況が公表されました。

札幌市議会 2018-03-22 平成30年第一部予算特別委員会−03月22日-08号

国で定めました補助制度等に基づきまして、平成25年からの5年間で約10%の賃金改善が図られたことに加えまして、平成29年度からは、技能、経験に応じて、全職員の3分の1を対象として月額4万円を支給するといった処遇改善、いわゆるキャリアアップ処遇改善というものを導入したところでございます。

札幌市議会 2018-03-16 平成30年第二部予算特別委員会−03月16日-06号

個々の家庭環境キャリアによって働ける時間や仕事内容は違ってきます。特に、未就学のお子さまを抱えるお母さんにとって、一定期間のブランクを経て再就職するのは簡単なことではないと思います。こういった方々への支援としては、スキルアップ、または就職活動なども大切だと思いますが、保育に関する支援も大切だと思います。

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)総務委員会−03月02日-記録

これを受けまして、中期計画では、産業界と連携してサービスや製品の開発支援などを実施することや、インターンシップなどにより学生が地元の企業医療機関への理解を深める機会を提供していくこと、さらには、地域における看護師の定着やキャリアアップに向けて市内の病院施設横断的に人材育成を行っていくことなどを掲げております。  最後に、大学運営に関する取り組みでございます。  

札幌市議会 2018-02-15 平成30年(常任)文教委員会−02月15日-記録

そして、2017年度からは、勤続経験7年以上の方が、キャリアアップ研修を4部門受け、副主任保育士や専門リーダーなどの役職がつくと、さらに月4万円アップする制度が盛り込まれています。これによって、新たに中堅の役職が設けられ、職責に応じた処遇改善が図られることで、個々の職員が将来のキャリア設計できるようになったと聞いています。