331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

ほかの訓練、研修につきましても、今回の経験とか課題をカリキュラム等に反映し、より実効性のあるものとするなど、防災体制の強化に向け、訓練、研修の拡充に取り組んでまいりたいと考えております。 ◆三神英彦 委員  次に、災害時の情報発信について質問させていただきます。  大きな災害が発生したときほど、行政から市民に対し、ライフラインなどに関する情報を迅速に正確に提供する必要があると考えます。

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

先ほどカリキュラムの件もありましたけれども、ここ何年かやってきて、いろんな問題点とか対策、これはもう見えてきていると思います。ふやすためには、これを特に大規模校、ここまで拡充するためには町としてどう取り組めばいいのか、そこは検討されたのか、それをお答えください。  そして次に、防災関連につきましては、今、まず災害ボランティアセンターにつきましては来年度中に訓練を行うということをお聞きいたしました。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第一部予算特別委員会−03月04日-05号

子どもと議論したり、子どもと一緒に実践したり、学校は大事な場でありますから、今後は、できれば教育委員会とも連携して、特に10周年を迎える権利の日を契機に、例えば、11月を権利の日月間として、この日と言ってしまうとカリキュラムの問題もあってなかなかやりづらいですから、その間に、何か一つ、学校でさまざまに実践してみるのも私は一つの案だなと考えておりますので、その辺も含めて連携してもらいたいなというふうに

札幌市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会−02月18日-02号

2002年4月に1期生が入学、各学年に40人ずつ在籍し、カリキュラムの約3分の1が防災教育に充てられていました。災害人間社会とのかかわりから学び、外部講師が過去の自然災害を説明する専門授業小学校への出前講座などで知識の定着化を図っています。授業のほかにも、環境防災関連の行事も多く、地域との連携やボランティア活動など、生徒一人一人が積極的に参加しています。

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)文教委員会−12月11日-記録

我が会派は、国の制度改革や道からの権限の移譲に伴い、札幌市独自の主体教育改革が望まれており、世界に羽ばたく人材を育むため、子どもの学力・体力向上を図るとともに、特別支援教育やいじめ対策の強化、考える力や問題解決ができる力を養い、世界を知るグローバルな教育とふるさとへの愛を育む教育カリキュラムに入れるなど、教育環境の推進を図る必要があると考えています。  

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)総務委員会−12月11日-記録

ただ、近年の学校現場では、学習指導要領の改訂により、プログラミン教育カリキュラムマネジメントの充実がうたわれるなど、社会状況の変化に対応した取り組みが求められており、教える側の負担も大きなものとなっています。特にプログラミン教育は、近年、AIなどの必要性から人気になっている一方で、専門的知識を持っている人が少ないことが問題ともなっています。

札幌市議会 2018-11-01 平成30年(常任)建設委員会−11月01日-記録

今回の夏場の研修では、除雪機械の機種ごとのカリキュラムを組み、経験の少ない除雪オペレーターを対象に、座学で基本操作を学ぶ講習や、実際の除雪機械を用いて、冬期を想定した実技講習のほか、指導者の育成といった視点から、ベテランの除雪オペレーターを対象に指導のポイントを学ぶ講習を実施したということでした。  

札幌市議会 2018-10-22 平成30年第一部決算特別委員会−10月22日-06号

具体的には、地域志向の科目の拡充などのカリキュラムの充実や高齢者健康啓発プログラムなど、地域に寄与する研究の実施に加えまして、地域住民向けの公開講座や健康相談などを行ってきたところでございます。  このように、学生や教員地域社会に出て地域課題にじかに触れることで、教育研究地域貢献のレベルアップが図られたものと考えているところでございます。

石狩市議会 2018-07-11 07月11日-議案説明、質疑-01号

来年度に開校する石狩八幡小学校と厚田学園については、校章や校歌、教育課程カリキュラムのあり方など、地域の方々の御意見も踏まえながら鋭意検討を深め、地域の特色を生かした新しい学校をつくります。 また、開校に合わせて2校にコミュニティ・スクールを先行実施し、その成果や検証をもって令和3年度に市内全校で一斉に導入します。 5点目は、よりよい教育環境の整備です。 

札幌市議会 2018-05-29 平成30年(常任)文教委員会−05月29日-記録

実は、教育委員会にも、11月20日に学校でいろいろなことをできないだろうかということで正直にお話ししましたが、学校はなかなか行事の多いところで、カリキュラムも決まっている中でなかなか大変なのです。僕も現場にいたので、むげに何でもやれやれと言っても大変だろうなと思いますし、その辺はちょっと難しいなと思っていて、やっぱり子ども未来局のほうかなと。  

石狩市議会 2018-02-23 02月23日-議案説明、質疑-01号

現在、統合に向け準備を進めています石狩・八幡地区の小学校と厚田地区の義務教育学校については、統合校の教育課程カリキュラムのあり方、校名や校章・校歌など、地域の方々のご意見も踏まえながら鋭意検討を深め、コミュニティ・スクールやふるさと教育など、地域の特色を活かした新しい学校をつくっていきます。 

札幌市議会 2018-02-15 平成30年(常任)文教委員会−02月15日-記録

学校説明会はこれまで各校が各自で行ってきておりましたが、今回、市内近郊の養成校が一堂に会して開催できたことによりまして、一度の機会で複数校からカリキュラム等の説明を聞くことができる場を提供できたことが何よりの意義だったと考えております。このことにより、参加した方々の志望校の幅、選択肢を広げることにつながったというふうに考えております。  

北斗市議会 2017-12-05 12月05日-議案説明・質疑・委員会付託・一般質問-01号

それと、先ほどの講習会のほうなのですけれども、これも実は国の補助要綱、実施要綱んほうに、カリキュラムの参考内容がありまして、トータル24時間受けるような形になっております。実績といたしまして、例えば平成28年度で言いますと、養成講座としては13回開催しているような状況です。平成27年度では14回。先ほど、20人とか12人とかという人数については、これらを受講した人数ということになっております。 

札幌市議会 2017-10-23 平成29年第一部決算特別委員会−10月23日-07号

委員がご指摘のとおり、小学生は避難場所をよく理解できていない傾向にございましたので、例えば、自分が通っている小学校避難場所になっていることや、災害時の避難場所をあらかじめ家族で話していただくこと、さらには、避難場所をあらわすマークなどを学べるよう、新たにカリキュラムに取り入れたところでございます。