11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倶知安町議会 2020-03-24 03月24日-05号

要件2のところで、言うなればウエルカムセンターが北側に行くのか、南側に行くのかというような簡単な図面なのですけれども、それと、例えば今の調査地点を見ましたら、全然それが調査位置に入っていないのです。この2カ所。 例えば構造物をつくるところには必要でしょうから、それがないのです。合ってないのです。

倶知安町議会 2020-03-23 03月23日-04号

1、現在のウエルカムセンター改修・改築される場合は、所有者が実施すると承知していますが、令和2年度予算に計上されている地質調査の主たる目的です。さっき言った予算審査特別委員会の中でも、詳細は決まっていませんという御回答をいただいて、白紙化というところまでではないけれども、詳細ということで終えております。 まずは、地質調査そのもの目的、これをまずお聞かせいただきたいのと。 

倶知安町議会 2020-03-19 03月19日-03号

本町においては、索道事業者として、観光の主軸となるグラン・ヒラフスキー場を運営されているという事実や、スキー場に隣接するひらふ第1駐車場ウエルカムセンターを所有し、運営されてる。そういったことを鑑みても、駐車場の再整備を初め、持続可能な観光を目指し、ともに協働・連携して観光客利便性に配慮して進めてまいりたいと考えております。 

倶知安町議会 2017-12-04 12月04日-01号

それによって、ひらふの第1駐車場については、今検討しています立体駐車場、あるいは今のウエルカムセンター改修もいろいろな面で検討されている部分について、十分そこについての役割の分担が明確になってくるのかなというふうに思いますので、全体的なそこぐらいについては配置、あるいはそれらも想定しながら、今後、公募要領の中では整理してまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。

倶知安町議会 2016-09-14 09月14日-04号

ウエルカムセンターがあり、国際リゾートとしての玄関となっている町有地、第一駐車場整備について、町長は、ニセコ東急リゾートからの開発の提案を受けていると、公の場で何度か発言をされていることから、以下について町長に伺います。 一つ、6月には東急本社から役員が来庁し、再整備に関する提案町長が受けたというふうに聞いております。その内容、その経緯、いきさつはどういうものだったのかお知らせください。 

倶知安町議会 2016-09-13 09月13日-03号

それから2番目の、東急のお手伝いということでありますけれども、企業職員の派遣で町とするわけでありますけれども、大きな目的は、今後、札幌冬季オリンピックに向けてアルペン会場ニセコになることにおいては、それにふさわしいウエルカムセンター駐車場も含めて、さまざまな観点から情報交換しながら、企業としての考え方や今後リフトのかけかえも一生懸命検討されているということでもありますので、そういう情報を得た中で

倶知安町議会 2016-06-15 06月15日-04号

そこの部分につきましては、バスが坂を上がって上のウエルカムセンターに上がる中にあって、今までもロードヒーティングをしていても上がり切れていないと。ないところについては、そこでとまってしまうと反対に下がっていって、後ろの後続車両に非常に危険な状態であったと。

倶知安町議会 2016-03-16 03月16日-04号

4人目の方は投資するのであればバス乗降客が入り切れない時間帯が多いので、ウエルカムセンターを増築して、くつろげる場所を提供することこそ観光客へのおもてなしであると、会議場が必要であればウエルカムセンター内につくればよいのではないかというふうにおっしゃっております。 5人目の方は、建設前から指摘していたが、ひらふ坂に張りついているホテル、コンドミニアムの駐車場問題は深刻である。

倶知安町議会 2014-12-08 12月08日-02号

現在、ナイト号運行時間が昨年より延長されたことに伴いまして、スキー場ウエルカムセンターの時間延長町なかぷらっとの時間延長について、関係機関と協議を始めておりまして、何とか実現したいと考えておりますので、もう少し時間をいただきたいなと、このように思っております。 また、日中のシャトルバス運行につきましては、ヒラフスキー場と町中への営業運行をしている道南バスニセコバスがあります。

倶知安町議会 2012-06-18 06月18日-02号

現在観光局、また関係団体の一本化並びに法人化等々、関係機関や組織に大きな動きがある中で、町職員としての身分、立場、また事務的、テクニカル的な課題は当然ありますが、マンパワー不足を補うために町職員みずからが現場の最前線で汗を流す、そうした気概を示す意味でも、商工労働係は町の駅のぷらっとの中に、観光振興係は、夏季はぷらっと、冬季はひらふ第1駐車場ウエルカムセンター内、課長並びに企業誘致係以外は配置場所

  • 1