2403件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-08 平成31年 産業経済委員会-02月08日−02号

規定が見直されない場合、アメリカの参加を想定した発動基準を設定している牛肉のセーフガードやバターなどの低関税輸入枠が維持される上に、今後、米国が日本との交渉で別の輸入枠を求める可能性もあり、道内の酪農、畜産業へのさらなる影響が懸念されます。  

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

国においては、平成27年のTPP合意時に設定しておりましたアメリカ枠を念頭にしたとされる見直し条項による再協議を始め、新規加盟国の輸入枠拡大などの協議内容を明らかにした上で、影響額などを国民に示していく必要があると考えているところでございます。 ○大石清一議長 横山議員。 ◆19番(横山明美議員) わかりました。  

帯広市議会 2018-12-10 平成30年第5回12月定例会-12月10日−02号

昭和42年から44年にかけて、国はアメリカやヨーロッパのように、機械化しなければ日本の農業は発展しないと方針に打ち出しまして、それに従い、馬からトラクターへと変化をしていき、そのため、機械投資による大量の離農者が出まして、部落1つがなくなるという悲惨なこともありました。歴史は繰り返されると言われます。だからこそ、私は土や作物を愛する仲間を失いたくないから言っているのであります。  

音更町議会 2018-10-03 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-10-03

アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国は、安全保障環境の現実を無視しているとの理由で、核兵器禁止条約の交渉会議への不参加を表明しました。同盟国であり、核の傘で守られている日本や韓国を初め、カナダやドイツなど、北大西洋条約機構加盟国も不参加を決めました。この状況をどのように分析し、審議されたのかお伺いをしたいと思います。  

帯広市議会 2018-10-01 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月01日−05号

それで、川西長いもも十勝のほとんどの産地の農協と連携、タイアップしながら、欠かさずアメリカにも輸出して、スーパーでも並ぶ期間をあけるようなことをしていませんから、ブランドとして初めて世界で認めてくれているんで、ぜひ、せっかくHACCPの屠畜場ができたんですから、それに向けて、私は十勝を一つにまとめていくんだと、消防の広域化だって一つになったじゃないですか。やればできるんですよ。  

釧路市議会 2018-09-28 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月28日−03号

◆村上和繁委員 完成が時期的に見通せたということもありますので、平成29年度の事業としてはこの建設工事と同時に、平成30年度から実際に供用開始になる場合を想定しての、例えば主としてはアメリカからパナマックス船でトウモロコシなどを運んでくるわけですから、配船の見通しを立てることだとか、もう一つ言えば釧路港を拠点にしたフィーダー船を苫小牧や八戸や石巻や新潟に集合さす、これ平成30年度ですから、平成29年度

帯広市議会 2018-09-27 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月27日−03号

ただ、私言いましたとおり、これについては賛否両論があって、ことしの6月ですか、つい最近もいわゆるADA、アメリカ歯科医師会が改めての見解も出しておりますし、WHOも見解出してると、こういったことについてはどのように承知してますでしょうか。 ◎星野瑞子保育担当課長 賛否両論というところでは私のほうにも聞こえてきているところでございます。  

恵庭市議会 2018-09-26 平成30年  決算審査特別委員会-09月26日−個別質疑−02号

ただ、現在、既存の工場につきましては、増設が続いているというようなところもありますので、そういったことが順調に伸びていけば、今後も製造品出荷額が増えていくということも見込まれるのかなというふうに思っておりますが、いずれにしましても、為替の状況ですとか、景気の動向、それから、対アメリカ、中国の関係もちょっと不安定なところもありますので、そういったところがどういうふうな影響を与えるのかを我々も見きわめながら

帯広市議会 2018-09-25 平成30年第4回 9月定例会-09月25日−04号

次に、国際的な農業交渉の関係ですが、TPPを離れたアメリカが日米2国間の自由貿易協定、つまりFTA協定を狙っていると思われます。けさのニュースでも、米国がけさから会談を持つと言っておりましたけども、これが米国の都合により今夜から協議を持つそうであります。日本も妥協して2国間交渉に臨むとニュースで発表されました。  私が一番心配するのは、TPPでアメリカが入って決めた枠がそのまま残っているんです。

旭川市議会 2018-09-21 平成30年 第3回定例会-09月21日−05号

◎観光スポーツ交流部長(熊谷好規) まず、食の生活習慣の把握についてでございますが、本市における外国人宿泊延べ数は中国や台湾、香港などの東アジアと、タイ、シンガポール、マレーシアなどの東南アジアのほか、アメリカとオーストラリアが多くなっております。

北広島市議会 2018-09-21 平成30年  第3回 定例会-09月21日−03号

公的不動産利活用では、アメリカはもとよりヨーロッパでは盛んに行われているんですけども、例えば、まちに隣接している公園が荒廃すると周辺の不動産価格も下がってくるというふうに言われています。逆に民間活用して公園整備にも資金を拠出し、安全で楽しく人が集まってくれば、周辺の不動産価値も上がってくると。そういったエビデンスもあるわけであります。経済と共益を合わせた仕組みであるということです。    

音更町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-18

こうした中、アメリカを除くTPP11(環太平洋経済連携協定)、日欧EPAの調印が行われました。TPP11では、食品の原料となる農産物や乳製品、豚・牛肉の関税をほぼ撤廃することになり、日欧EPA経済連携協定では加工食品の関税が撤廃されることになります。  自然現象だけではなく、国際環境、自由化の動きが農業環境に与える影響も大きく、本町の経済に及ぼす影響が心配されます。  

釧路市議会 2018-09-13 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−02号

ヒアリは南米原産の赤茶色のアリで、スズメバチと同じくらいの強い毒を持ち、アメリカでは年間約8万人が被害に遭い、そのうち100人以上がアナフィラキシーショックなどのアレルギーで亡くなっているそうです。  釧路港ではまだ発見されておりませんが、苫小牧港を経由してくる貨物船などもございますので、十分な対策が必要であります。これまでのヒアリ対策や今後の対策について理事者のお考えをお示しください。  

釧路市議会 2018-09-12 平成30年第3回 9月定例会-09月12日−01号

世界のキャッシュレス動向を見ますと、2015年の各国キャッシュレス決済比率は、韓国が断トツで89.1%、次いで中国が60%、その他、カナダ、イギリス、オーストラリア、スウェーデン、アメリカが60%から40%となっています。  海外観光客の消費単価を上げるためには、キャッシュレス化は必要不可欠ではないかと考えます。

帯広市議会 2018-08-31 平成30年 厚生委員会-08月31日−07号

これは世界的な状況だということでございますし、アメリカでは、カリフォルニア州で気温が摂氏50度を超えたということで、日本でも40度を超える自治体が頻発しているということで、これは一時的な異常気象ということじゃなくて、完全に気候変動になったなということでございます。

帯広市議会 2018-08-22 平成30年 建設文教委員会-08月22日−06号

2030年に関心を示しているところでありますが、アメリカのデンバー、リノタホ、ソルトレイクシティ、ノルウェーのリレハンメル、スペインのバルセロナという状況となってございます。  以上でございます。 ◆3番(鈴木正孝委員) わかりました。  有力候補のスイスのシオンだとか、オーストリアのグラーツですか、これが撤退表明をしております。