304件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

安倍政権は、これをアベノミクスの成果だと自慢していましたが、いまや国民を欺く統計データの偽装ではなかったのかという疑惑に発展しています。  この不正の全容究明は絶対に曖昧にしてはならない問題だと考えますがいかがか、市長の見解を伺います。  あわせて、保険の給付などで市民への影響はなかったのか、伺います。  

北見市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号

また、一方では2011年3.11の東日本大震災からの復興事業やアベノミクスによる公共事業の増加、2020年の東京五輪という特需により、地域限定ではありますが、建設業界では活気を戻しつつあります。地方においてもその好機は出てきているわけでありますが、いまだにその余波は残っているわけであります。  

北見市議会 2018-06-27 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号

日本の景気は、リーマンショックから回復過程の中、平成25年4月、日銀による金融緩和政策の導入と政府財政出動などのアベノミクスにより一時は経済の先行きへの期待が膨らみましたが、5年経過後も、なおデフレから脱却には至らず、政府、日銀の試算では潜在成長力は1%前後にとどまっているという状況でございます。

旭川市議会 2018-06-20 平成30年 第2回定例会-06月20日−02号

◆安田佳正議員 中心市街地の活性化について、アベノミクス効果で、全国的には景気が上向いているとのことであり、札幌や函館などでは、新幹線やオリンピックを視野に入れた投資が盛んになっていると聞いており、他方、旭川ではどちらかというと乗りおくれている感が否めません。上向いている経済状況の中、民間の投資先として選ばれるような魅力づくりが必要と考えております。  

北広島市議会 2018-06-01 平成30年 第2回定例会 請願-請願書

請願者                                             札幌地区労働組合総連合                                       議長 赤 坂 正 信                                    紹介議員 山 本 博 己      「最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書」の採択を求める請願  アベノミクス

札幌市議会 2018-05-23 平成30年第 2回定例会−05月23日-02号

加えて、北海道企業の景況感を示す業況判断指数についても、この3月には1年半ぶりに悪化するなど、アベノミクス効果北海道内では実感できていないのではないかと考えています。  このような札幌経済の状況を注視しつつ、我が会派では、一人一人の持てる力が発揮され、幸福が実感できる経済を実現することを目指し、札幌市の市政運営に対してもそのことを求めていく所存です。  

北見市議会 2018-05-23 平成30年  5月 臨時会(第3回)-05月23日−01号

アベノミクスというのは、今地方から人、物、金を奪い去る、そんな役割になっておりまして、ますます若い世代が好き嫌いにかかわらず、本州や札幌などの都市圏に吸い寄せられているという状況になっております。こういえば、そこには都市圏北見市地方経済力、そこで出てくる雇用力の違いが横たわりますから、深刻さがまた見えてくるわけであります。

釧路市議会 2018-03-16 平成30年第1回 2月定例会-03月16日−資料

市民協働のまちづくり  (2) 避難所運営ゲーム北海道版(Doはぐ)の活用 6 学校教育  (1) 英語教育の充実  (2) プログラミン教育人材育成  (3) 学校トイレの改善 7 生涯学習  (1) 釧路市文化会館  (2) 釧路市動物園のWi−Fi環境整備  (3) ホストタウン「ベトナム」の文化学習6943/2 (金)日本共産党議員団 21番 梅 津 則 行1 市長の政治姿勢  (1) アベノミクス

旭川市議会 2018-03-06 平成30年 第1回定例会-03月06日−06号

企業優先で暮らしに冷たいアベノミクスをさらに進め、9条改憲策動に合わせて、いよいよ本格的に歯どめなき軍拡への一歩を踏み出す予算案となっております。  医療介護などの社会保障予算の自然増分は、今回も1千300億円削減され、安倍政権の6年間で小泉内閣時代を上回る1.6兆円もの大幅削減となりました。

旭川市議会 2018-03-05 平成30年 第1回定例会-03月05日−05号

格差貧困の拡大、子どもの貧困が叫ばれて久しい今日ですが、安倍首相経済政策アベノミクスによってさらに格差貧困が拡大しています。また、健康格差について、千葉大学の近藤克則教授は、教育年数や所得の低いほど病気になりやすい、鬱病との関連でも、所得の低い人は、高い人に比べ、およそ7倍も鬱状態が多くなっていることを指摘されています。

釧路市議会 2018-03-02 平成30年第1回 2月定例会-03月02日−03号

地方創生総合戦略というのはローカル・アベノミクスの一層の推進を課題としており、アベノミクスの行き詰まりを地方創生によって押し切る方針のようだ。しかし、アベノミクスというのは東京を中心に世界で一番ビジネスしやすい環境の整備を行い、その一方、人口減で衰退する地方対策としては、地方中枢拠点都市を選んでそこに財政を選択し、集中させる構想であると、このように述べています。

旭川市議会 2018-03-02 平成30年 第1回定例会-03月02日−04号

2013年度のアベノミクス3本の矢に始まり、2014年度、まち・ひと・しごと創生、2015年度、一億総活躍社会の実現、いわゆるアベノミクス新3本の矢であります。2016年度、働き方改革、そして、2017年度、ことしでありますけれども、人づくり革命、生産性革命と、慌ただしく毎年のように看板のかけかえを行っています。本市を初め、地方自治体はそれぞれに振り回されているのが実情だというふうに思います。  

北見市議会 2018-03-02 平成30年 予算審査第1特別委員会-03月02日−04号

企業、富裕層優先で国民には冷たいアベノミクスの本質は変わらず、社会保障の自然増削減や大企業への減税など格差貧困を一層拡大する政策が推進されています。こうした中で、北見市民の暮らしも大変さを増しています。私たち日本共産党北見市議団が昨年実施をした市政アンケートでも、今の暮らし向きについて、苦しい、もう暮らしていけないという回答が合わせて6割に達しています。

倶知安町議会 2017-12-13 倶知安町議会 会議録 平成29年 第4回 定例会(12月)-12月13日−05号

町長、その理論、私、どこかで聞いたことあるなと思ったら、アベノミクス経済の好循環、それで儲かったお金は他の分野に入れます。町長、どこで習ってきた理論かわかりませんけれども、そのようなつけ焼き刃的理論で町民に安易な期待を持たせることだけは厳に慎んでいただきたいというふうに思います。税収が上がれば、町長、ちゃんと町民にも伝えてくださいよ。税収が上がれば、交付税も減らされるでしょう。  

釧路市議会 2017-12-07 平成29年第5回12月定例会-12月07日−02号

私は、だからこそカジノに、これは市が頼っているというふうに言いませんよ、国がアベノミクスのいわば起爆剤としてIRを考えるようなやり方は極めて問題ある考え方だというふうに思っています。その上でないと市の誘致というのはあり得ないわけですから、私は誘致自体をするべきではないし、日本にカジノを解禁するべきではないというふうに考えます。最後にこの点でのご答弁をいただいて私の質問を終わりたいと思います。