8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

音更町議会 2014-06-10 平成26年第2回定例会(第1号) 本文 2014-06-10

アとして、農業用用排水整備事業、農地再編整備事業のうち、農業用用排水、ため池等整備及び農地保全整備の3工種、及び災害復旧事業は、支払い期間17年、うち据え置き期間2年、年利5%とする。  イ、農地再編整備事業のうち、区画整理及び開畑の2工種、及び草地開発事業は、支払い期間15年、うち据え置き期間3年、年利5%とする。  3項の支払い期間の始期は、主として国営事業が完了した年度の翌年度とする。

札幌市議会 2004-03-19 平成16年第二部予算特別委員会−03月19日-07号

そこでは,まずため池はつくるでしょうけれども,そういうところを利用して近所の小学校子供たちに協力していただいて,例えば蛍を放流する,その蛍を育てる中で自然と接する,そういう教育も可能だというふうに思います。そういう面では,市民協力,力をかりることが非常に大事だろうなと。

札幌市議会 2000-10-20 平成12年第一部決算特別委員会−10月20日-08号

また,下水道事業として,貯留したり浸透させたりすることを進めているとのことでありますけれども,下水道の枠にとらわれない,いわゆる総合的な対策とでもいうのでしょうか,現在,先ほどもお話ございまして,市街化調整区域においては一部実施されているようでありますけれども,市街化区域,つまり,住宅街においても,雨水を,ため池,あるいは公園,あるいはグラウンド,あるいは駐車場等にためる,あるいはまた雨水が浸透するような

北斗市議会 1945-09-08 09月08日-議案説明・一般質問-01号

土木課長(山崎孝人君) ため池的に使うことは可能かと思うのですが、要するに一定の勾配で流雪溝が川に流れていくわけでなくて、段階を踏んでポンプがかかっていますので、そのポンプを稼働して初めて水が流れるというような状況でございますので、その堆積分の水をためるということは可能なのですが、それは大雨にとってさほど効果がないのかなというふうに思っております。 以上でございます。

  • 1