10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2018-12-11 平成30年(常任)総務委員会−12月11日-記録

また、幼児から高校生まで誰でも参加できるこどもエコクラブ児童会館を中心に活動しており、学校外で過ごす時間を有効に活用し、環境学習を推進したり環境保全活動の実践にもつなげることができますことから、こうした活動を広げていきたいと考えております。 ◆成田祐樹 委員  教育関連施設のPRというのは非常に大事だと思います。

札幌市議会 2017-10-23 平成29年第一部決算特別委員会−10月23日-07号

どんなことを行っているかと申しますと、土曜日ワークショップ親子野あそびようちえん、こどもエコクラブ交流会などさまざまな事業を行ってきており、多くの子どもを初め、市民が参加しております。  私は、2013年、2014年の特別委員会等において、環境プラザに関しての質問を行い、プラザの果たしてきた成果等を確認し、評価してきました。

札幌市議会 2013-10-11 平成25年第一部決算特別委員会−10月11日-04号

また、平成22年度には、小学生が自主的な環境活動を学ぶ環境プラザこどもエコクラブを立ち上げ、昨年度は、身近なエコ製品をテーマにした体験学習会などを行ったほか、市内にありますこどもエコクラブ事務局として、全国のこどもエコクラブ情報を配信したり、クラブ交流会を開催するなど相互の連携を深める働きかけを行っているところでございます。

釧路市議会 2011-06-03 06月03日-03号

多様な環境問題について、正しい理解と認識を深め、一人一人が環境に配慮した責任ある行動環境保全についての意識を高めるため、これまで自然観察会春採湖水辺教室出前講座などの学習会を初め、こどもエコクラブ活動の推進や学校版ISOなど、環境教育取り組みを通じて環境意識の向上を目指してきたところでございます。

釧路市議会 1999-02-26 02月26日-01号

また、環境白書を発行し、環境の現状及び施策の実施状況を公表するとともに、環境家計簿モニター実施こどもエコクラブ活動の促進など、環境問題についての普及啓発環境学習の充実に努めてまいります。 自然環境保全につきましては、釧路湿原を初めとした地域の貴重な湿地に関する調査研究保全について、引き続き関係機関と一体となって取り組むとともに、研修、ワークショップなどの受け入れも進めてまいります。 

札幌市議会 1996-03-22 平成 8年第一部予算特別委員会−03月22日-08号

それから,そういう子供たち環境にかかわる活動支援をしていくというか,育成していくものとして,こどもエコクラブというのがあるわけですね。これは,環境庁が,それぞれ各市町村などの協力で,昨年6月から始めているわけです。  お聞きしますと,本市では,現在11のクラブが発足をして,133 名が参加をしていると。手稲区にも1ヵ所あるようです。

札幌市議会 1995-10-26 平成 7年第一部決算特別委員会−10月26日-08号

環境庁では,昨年,こどもエコクラブ事業を開始したと聞いております。本市でも取り組みがなされていると伺っておりますが,どのようなことが行われているのかお伺いします。  また,環境庁のほうでは,来年度もさらにこうした事業を充実させたいという方針を打ち出していると聞いております。本市でも,この条例の制定後,どのようにこのような取り組みを充実されていかれるのかお伺いいたします。  

  • 1