64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

尾道市議会 2020-03-11 03月11日-05号

期尾道市まち・ひと・しごと創生総合戦略素案に関し人口ビジョンについての市の考え人口が増加している他の自治体子育て支援策調査研究、現在の西藤保育所の敷地内に認定こども園を設置する可能性の有無、子育て世代負担軽減策をさらに講ずること、保育所保育室面積受け入れ児童数、まるごと相談窓口民生委員児童委員及び自治組織とのかかわり、スマホアプリ「おのはぐ」の登録者数子育て世代への情報発信のための公式LINE

尾道市議会 2020-02-27 02月27日-03号

今後も、公式LINEホームページを初め、安全・安心メール、「広報おのみち」、防災無線エフエムおのみちケーブルテレビ等を活用し、個人情報や人権に配慮しながら、より早く正確な情報周知してまいります。周知、啓発することにより、市民皆様に冷静な対応を促し、御協力を得ながら感染を防いでいくことが重要であると考えております。 

福山市議会 2019-12-12 12月12日-04号

そして,食品ネットワークでのSNSLINEグループメールなどにもフードバンクの保管している食材の情報提供もやっておるところです。 以上です。 ◆23番(西本章) 一般市民に呼びかけることもたくさんあると思いますので,いろんな媒体を使いましてそういった一般市民への呼びかけもぜひしていただけたらいいなと思います。 

尾道市議会 2019-12-04 12月04日-02号

なお、市からの避難情報防災無線や安全・安心メールLINE、緊急速報メールFMおのみちLアラートといったさまざまな手段を使って伝達しているところです。さらに、来年度デジタル防災無線を整備し、順次戸別受信機を設置する計画としており、戸別受信機設置完了後には各家庭に確実に避難情報周知することが可能になると考えております。 以上で答弁といたします。                

尾道市議会 2019-12-02 12月02日-01号

その他、正規と非正規職員のバランスのとれた雇用形態の検討、先進地視察による職員スキルアップ希望者を対象としたメンタルトレーニングの実施フェイスブック広報に活用していない理由、LINE利用したイベントや観光情報発信時期、おのみちバス運営体制経営状況についてそれぞれ質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。 

東広島市議会 2019-09-12 09月12日-04号

前回定例会のときに提案があったLINEによる発達段階に応じた行政サービスプッシュ通知機能botシステムによる質疑応答システムは、そのような家庭においては非常に有効な手段だと考えられます。子育て世代への周知方法について、今後どのような方法を検討されているか、市の考えを伺います。 次に、民間サービスとの連携について伺います。 

福山市議会 2019-06-24 06月24日-02号

内容も,メールインターネットの掲示板,LINE,SNS等で多岐にわたっており,その中で例えば悪口を書いたりとか,そういったことを無断に載せている,そのことがもとでトラブルになるというようなことが起こっていると把握をしております。 以上です。 ◆1番(喜田紘平) 特にいじめに関しては,昔スマートフォンSNSが普及する前と比べて,今24時間逃げ場がないというふうに言われています。

東広島市議会 2019-06-21 06月21日-05号

公式LINEアプリが東広島にもあることは存じております。先般、東京渋谷区において、参考としてLINEを活用した情報発信及びAI自動応答について伺ってまいりました。一例でございますが紹介をさせていただきます。 妊産婦や子育て世代に向けたさまざまな情報は、LINE公式アカウントを使って発信しています。住んでいる地域と地区の子どもの生年月日を入力すると、さまざまな通知が来るようになります。 

広島市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-03号

一方で,LINEツイッターなどSNSからの情報入手はまだ割合としては低いのですが,今後の方向性としてはスマートフォンを活用して情報を入手する人がふえていくと思います。子供に関する情報提供については,スマートフォンを効果的に活用していくことが必要と思いますが,本市としてはどのようにお考えでしょうか,お尋ねします。  最後の設問でありますバス路線再編実施についてお尋ねします。  

尾道市議会 2019-06-19 06月19日-02号

現状では、防災無線広報車、ラジオ、テレビ安心安全メールLINE、エリアメール情報伝達の最も有効な手段の一つとして運用されています。 スマートフォン携帯電話の普及で市民に向けた情報伝達は効率がよくなりました。安心安全メールなどに登録しておくことで、移動中や市外、県外にいても尾道市の災害に関係する情報が入ってきます。

府中市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会( 3月 7日)

府中市におきましても、かつてはインターネットいじめが認知されることはございませんでしたが、近年、SNS等を用いたいじめ行為が発生しており、LINEでのなりすまし、ツイッターへの悪口の書き込みが実態として挙げられております。いずれの事案につきましても、学校が認知した後には保護者と連携し、指導を行っております。

広島市議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日-06号

◎塩谷 経済企画課長     SNSでございますけれども,運営事務局では公式のSNSとして,国内で最も普及しておりますLINEを活用して,プッシュ通知機能を使って登録者へ効果的に情報発信を行っております。現在,登録者数は2月末現在で1,753人となっており,今後も登録を呼びかけていきたいと思います。  

呉市議会 2018-12-11 12月11日-02号

東京渋谷区では、平成29年2月にLINEからの子育て情報の配信を開始し、同年8月からはLINE上でAIを活用し子育て相談を受ける、問い合わせ自動応答サービス提供しておられます。このサービスは、相談者がキーワードを入力するだけで即座にAIが知りたい子育て情報子育て相談先など、最適な答えを選んで回答し、LINE上での会話と変わらない感覚で情報を入手することができる仕組みでございます。