21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

広島市議会 2019-02-20 平成31年第 1回 2月定例会−02月20日-02号

懇談会では,被爆地広島の使命を果たすために,今こそ平和記念公園内において被爆遺構を展示する必要があること,名勝である平和記念公園の価値を損ねることのないよう配慮することなどが示され,試掘箇所の検討もされました。これらを受けて,市では昨年12月に広島平和記念資料館東館の北側に位置する緑地帯で試掘調査を実施されたところです。

広島市議会 2018-03-14 平成30年度予算特別委員会−03月14日-11号

来年度におきましては,公開に適した遺構が出土する可能性がある試掘場所や展示手法の選定のため,復元図をもとにした旧中島地区の町並みの確認,かつて同地区で生活していた方々への聞き取り,展示イメージの作成や課題と対応案の検証などの事前調査を行います。また,この調査結果をもとに,国の名勝に指定されている平和記念公園内での今後の整備作業に向けた文化庁との協議を行うこととしております。

広島市議会 2017-12-12 平成29年12月12日建設委員会−12月12日-01号

こちらにつきましては、結論で申しますと、実は昨日、11日月曜日でございますけども、私道の所有者には了解をいただいて本人立会いの下、当該道路、私道部分でございますけども、試掘調査を行いまして、空洞はなかったということを確認した状況でございます。 ◆中原 委員   分かりました。

広島市議会 2017-10-19 平成29年度決算特別委員会(第1分科会)−10月19日-02号

この懇談会はこれまでに2回開催しており,その中で被爆地広島の使命を果たすために今こそ平和記念公園内において被爆遺構を展示する必要があることが認められ,また,試掘場所について,原爆ドームから広島平和記念資料館までの回遊性が高まり,多くの人々に被爆遺構を見ていただけることなどから,旧天神町筋沿いの民家の密集した場所,現在の広島平和記念資料館東館と国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の間に位置する緑地帯の中央部

広島市議会 2017-04-25 平成29年 4月25日都市活性化対策特別委員会-04月25日-01号

中央公園は、文化財保護法に基づく埋蔵文化財包蔵地に含まれるため、土木工事等を実施する場合には、事前に埋蔵文化財の有無を確認する試掘調査が必要です。  試掘調査の結果、埋蔵文化財が確認された場合は、発掘調査の実施等、埋蔵文化財保護上必要な措置を講じなければならないとされています。  また、中央公園内には、地下通路等の地下構造物があり、建造物の設置が困難な区域があります。  

広島市議会 2016-09-29 平成28年 9月29日総務委員会-09月29日-01号

あそこはもう私ごときが言うまでもありませんけども、文化財保護法で埋蔵文化財包蔵地で、あそこに何か建設するに当たっては必ずや試掘調査ですよね、試し掘りをしなきゃいけませんけども、もしあそこから、当然ながら広島城があって中央公園の芝生広場があって、西側には昔、11のやぐらがありましたけど、普通にやぐら跡などが今でも残ってますから、恐らくざっくざく出てきますよね。

広島市議会 2016-09-23 平成28年第 3回 9月定例会−09月23日-02号

もし,改良土であり,産業廃棄物でないというのであれば,関係者と私ども複数の者が直接確認した事実と異なりますので,厳正を期して世羅町の農園に運び込まれた埋立地試掘調査,サンプリングするべきだと思いますが,市のお考えを尋ねます。  次に,市の監視,指導のあり方についてお伺いします。  

広島市議会 2016-06-13 平成28年第 2回 6月定例会−06月13日-04号

次に,補正予算が必要となった理由についてですが,当初,遺構の深さを試掘調査をもとに平均60センチと見込んでおりましたが,東側部分の発掘を行ったところ,建物跡などの遺構が地層的に複数出土し,最も深いところで1.5メートルまで発掘を行う必要が生じたことから,未実施部分の発掘調査等に要する費用の不足分について,このたび補正予算をお願いしているものです。  

府中市議会 2015-09-14 平成27年厚生常任委員会(9月14日)

2つ目の理由といたしましては、病院改築工事の工程において、建物の基礎工事を施工する際に地盤試掘等調査を行ったところ、旧建築物基礎と思われる地中障害物が見つかり、基礎工事に支障を来すということから撤去いたしました。また、地中障害物を撤去したことにより、緩んだ地中の地盤改良を行うことも必要なために、あわせて作業を実施したところでございます。  

広島市議会 2013-03-13 平成25年度予算特別委員会−03月13日-11号

このため,文化財保護法の規定に基づき,この地域土木工事等を実施する場合には,私ども,文化財保護担当部局と事前の協議のもと,具体的な地点における埋蔵文化財の有無を確認するための試掘調査が必要となります。この試掘調査の結果,埋蔵文化財が確認された場合は,発掘調査の実施等埋蔵文化財保護上必要な措置を講ずる必要があります。

広島市議会 2011-12-14 平成23年12月14日建設委員会-12月14日-01号

安全検討委員会で追加ボーリング調査が必要だと、ところが、地元がボーリングに反対の意向を示して、説明会もなかなかできていないということでこの1年が経過をして、先月11月27日に6回目の安全検討委員会が行われて、そこでこれまでの議事を再確認するというのが主な議題で検討委員会が行われて、その後すぐに中山側と牛田側の調査をする場所の2か所に事前にポスティングでボーリング調査をしますよという報告をして、そして試掘

府中市議会 2008-12-08 平成20年第6回定例会(第4号12月 8日)

深さにつきましてもグラウンド面から1.5メーター程度の箇所で発生しましたので、解体作業時に地中障害物がないかと試掘を何カ所か実施しておりますけども、その際に確認することはできませんでした。そして、基礎工事を行うのに支障になりましたので、今回あわせて撤去を行ったものでございます。  

府中市議会 2002-09-26 平成14年第4回予算特別委員会(第1日 9月26日)

現在の地へ改築すれば、仮校舎、文化財試掘等についても勘案する。16年度中には完成させたいという方向で現在進行中である。特色については、地域開放を含め、ゆとりある学校、教職員使用しやすい学校という項目を挙げ、設計業者もそれをもとに基本設計を進めていただく」という趣旨の答弁がありました。  

府中市議会 2001-12-10 平成13年第6回定例会(第2日12月10日)

試掘等の関係もございますが、2003年度、15年度単独ということで、現在の南校舎、これを建て替えをいたしたいというふうに考えておるところでございます。先ほども議員さんおっしゃいましたように、東小につきましては、確かに、推計の中には載ってはおりますけども、先ほども教育長が申しあげましたように、少子化、また、合併との関連等もございます。

府中市議会 2000-09-13 平成12年第6回定例会(第3日 9月13日)

文化財の関係につきましてもいろいろと教育委員会あるいは県教委とも協議を重ねておりますけれども、まだ元町の場合、国府跡があったと思われるというようなことで試掘はしておりますけれども、確定をしておるところまでは至っておりませんけれども、街路あるいは市道の工事によって、その点がはっきりした場合には工事中断しなければならないということも考えられますし、教育委員会あたりから意見を聞きながら、今回の市道の変更

府中市議会 1999-12-13 平成11年第7回定例会(第4日12月13日)

特に今回の、いわゆる女性会館のところにつきましては、備後国府関連ということでございますので、市道との関係で緊急に試掘を行ったということでございます。           (社会教育課長 大長節吉君 降壇) ○議長(神田治登君) 能島和男君。             (10番 能島和男君 登壇) ○10番議員(能島和男君) 公園のことをお聞きしたのは、市内の公園の管理料のことなんです。

府中市議会 1999-12-10 平成11年第7回定例会(第3日12月10日)

それから、これで本当に大丈夫なのかというような御心配でございますが、女性会館方面につきましては、一部試掘調査によって遺跡が出ております。しかしながら、教育委員会の判断では記録保存と解していると、最終判断はまだもらってはいないんですが、記録保存で大丈夫な遺跡ではないかというふうに聞いてございます。  以上でございます。             

府中市議会 1998-09-26 平成10年第5回定例会(第6日 9月26日)

さきにも御答弁申しあげましてですね、県ともさっそく協議をしたわけでございますが、計画段階で事前に協議をしていただくということは大変ありがたいことでございますけど、それによってですね、具体的に文化財、埋蔵文化財というのがあるかどうかということについては、試掘あるいは発掘調査をしなきゃ、はっきりしたことはわからないということでございますので、できるだけ前段でですね、今日までの調査を踏まえた分布調査、そうしたものに

  • 1
  • 2