11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

廿日市市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017年12月07日

これまででも太陽光発電に限らず、例えば果樹園をつくるといって山林を開発したり、農地を開発したり、しかし実際には残土を埋めてそのままで逃げるというようなこともありますし、仮置き場だといって土砂を置いたり、また車でありますとか、家電製品などを置いて、そのまま土をかぶせて逃げるというふうなことも、そういうようなことが再々ありまして、住民はもうなすすべがなく、苦しめられているわけですよね。

廿日市市議会 2012-06-26 平成24年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日:2012年06月26日

次に、泥濃式推進工法というのは初めて聞いたが、どのようなものかという質疑に対し、この工法の特長は、泥水に添加剤を混ぜることで、長距離やカーブの推進が可能となり、掘削した土を自動で発進立坑まで吸引することができるものであり、また従来であれば、産業廃棄物になる掘削土を、砂分は普通の建設残土に、泥水は調整し再利用できることであるとの答弁がありました。  

廿日市市議会 2009-09-09 平成21年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2009年09月09日

ことし7月の豪雨により、本市内で多くの被害がありましたが、東広島市志和町では、建設残土置場から土砂が流出し、家屋を押しつぶし、1人がけが、1人が死亡という痛ましい災害が発生しました。広島県条例では、2,000平方メートル未満の処分場は許可を受ける必要がなく、規制が及びません。

廿日市市議会 2009-09-08 平成21年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2009年09月08日

山林の掘削では、掘削工12万2,420立方メートル、盛土工5万5,000立方メートル残土が6万7,600立方メートル発生いたします。盛土工5万5,000立方メートルのうち、3万3,000立方メートルは佐方保育園のすぐ南に盛り土を行います。残りの残土は下平良二丁目地区の埋立てへ搬出するよう予定いたしております。

廿日市市議会 2007-03-07 平成19年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2007年03月07日

友和地区のその広場は、地下にずい道も一部かかっておりますが、当時トンネルを掘った、ずい道を掘った残土置き場として現在に至っています。また、津田地区のその広場は、ずい道がその土地の中央を真下を通っており、強度の関係からその土地の上には建造物は建てられない状況になっています。

廿日市市議会 2005-12-27 平成17年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2005年12月27日

はじめに、工事残土は全然出ないのかという質疑がございました。これに対して、土は1万4,500立米、場外へ搬出することにしており、搬出先はパークゴルフ場整備を行う浄化センターを考えているという答弁がございました。  また、このサッカー場をすることで、合併建設計画の総額を上回るようなことがないのかという質疑がございました。

呉市議会 1996-03-01 平成 8年 3月定例会 予算特別委員会

で気になりましたのは、これは担当部の所管外になるかもしれませんが、一方では今の虹村沖埋め立て、申請から着工に至るまでの経過等から拝察しましてかなり時間もかかることですし、今たまたまマリノが進んでおるわけでございまして、1次が14年、2次がそれから先というようなこと等をかんがみますと、そこらの整合性があるんかなあというよりも、埋め立てだったら、今まだ5年分あるわけですから、マリノが進むとすれば、公共残土

呉市議会 1993-03-04 平成 5年第1回 議会協議会(第8号)

そうしますと、どうしても残土が出ると思いますが、この残土の処理はどういうふうに対応されますか。それともう一つは岩石ですね。 ◎椋田呉新世紀の丘推進対策次長 この場内の土砂の動かし方でございますが、これは切り盛り、切ったり盛ったりする量はバランスしておりまして、外には出さない計画にしております。 それで図面で、下にのりが出てきておりますが、そこの部分についてはのりに基づいて盛り土すると。

呉市議会 1970-09-22 平成26年第3回 決算特別委員会

まず,港湾振興課において,広ストックヤード残土処理料を,平成26年3月31日に,119万 7,504円放棄したものである。その内訳としては,発生年度は平成15年度,人数は1人で,件数も1件である。 放棄に至った経緯としては,平成15年9月27日付債権が発生したが,翌月に銀行取引停止処分により事務所は閉鎖され,倒産が判明した。

  • 1