740件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神石高原町議会 2021-09-06 09月06日-01号

7月豪雨災害復旧事業につきましては,町道河川林道,農地農業用施設社会体育施設等において,昨年度を初年に3年間での完了を目指すとともに,町単独事業による被災宅地及び農地復旧に取り組んできました。 国庫補助対象となる災害復旧事業については,現在,総箇所数523件中265件,率にして50.7%,事業費で約10億7,500万円を発注しています。 

神石高原町議会 2020-12-11 12月11日-02号

6番目の防災減災縮災の取り組みですけれども,現在土木災,農災,林道災の査定件数523件中272件,52%の発注を行っております。本年10月より入札不調が続いており,現在条件つき一般競争入札を行っている状況でございます。 本年6月には昨年の7月豪雨災害における課題の検証や土砂災害防止法に基づく警戒区域の指定を受け,地域防災計画の改定を行いました。

庄原市議会 2020-09-02 09月02日-01号

3項林業費の992万8,000円の増額は、職員人件費及び林道橋梁点検に要する経費を追加するもので、7款1項の商工費の176万4,000円の増額は、職員人件費整理のほか、庄原工業団地法面崩落復旧に係る測量設計などに要する経費を追加するものでございます。8款土木費、1項土木管理費では職員人件費整理により443万9,000円を増額するものでございます。続いて4ページをお願いいたします。

呉市議会 2020-06-27 06月27日-03号

道路河川橋梁等土木施設農道林道、ため池などの農林水産業基盤施設についてどれぐらい対応ができているか。また、これに関してもいつまでに完了させる予定なのかをお伺いいたします。 ◎土木部長北岡宏紹) 私のほうからは、道路河川等土木施設災害復旧状況について、平成30年度末の実績でお答えいたします。 

三原市議会 2020-06-27 06月27日-03号

道路河川橋梁等土木施設農道林道、ため池などの農林水産業基盤施設についてどれぐらい対応ができているか。また、これに関してもいつまでに完了させる予定なのかをお伺いいたします。 ◎土木部長北岡宏紹) 私のほうからは、道路河川等土木施設災害復旧状況について、平成30年度末の実績でお答えいたします。 

東広島市議会 2019-12-13 12月13日-05号

林道が崩れるなど林野関係は595億円、漁港の損壊など、水産関係でも101億円の被害が出た。 少し前の記事ではありますが、そのような記載がなされたところであります。 1つの災害で、昨年の西日本豪雨被害がいかに大きかったかと思い知らされたところでもあります。と同時に、また、いつあのような災害があっても不思議ではない環境にあるということも認識せざるを得ないと考えております。 

尾道市議会 2019-12-06 12月06日-04号

建設部長山根広史) フォレストベンチ工法を採用した工事箇所ということで、尾道市内につきましては、先ほど市長答弁にございましたとおり実績はございませんが、広島県内においては、平成13年度に広島県が発注した林道開設工事において、この工法が採用されたということがわかっております。確認できた限りでは、広島県内ではこの1件でございます。全国的には百十数件の実績があるというふうに伺っております。

廿日市市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年12月03日

款農林水産業費、2項林業費事業名林道整備事業3,600万円の繰り越しでございます。これは、林道玖島川末線の開設工事について、土質の変更に伴う工法検討に不測の日数を要したことなどから、今年度発注する工事において適正な工期の確保が困難となったため、工事請負費を繰り越すものでございます。事業完了は、令和2年7月の予定でございます。  

東広島市議会 2019-09-12 09月12日-04号

災害種別ごとでは、道路河川橋梁等公共土木災害が28.3%、農地、水路、ため池等農地農業用施設災害が7.2%、林道災が8.2%、下水道災が88.9%、公園災が100%という状況でございます。 入札不調につきましては、8月末時点で20件という状況増加傾向にあります。 このうち再入札随意契約契約締結となったものが11件となっております。 

府中市議会 2019-09-10 令和元年第3回決算特別委員会( 9月10日)

林道施設災害につきましては、国庫補助災害復旧工事件数が17件ですが、このうち契約済みが7件です。2件の現場が完了いたしております。いずれにいたしましても現在早期復旧を図り、営農再開に向けて積算及び契約に取り組んでいるところでございます。  今後の対応と進め方につきましては、昨年の7月豪雨により被災した災害復旧事業におきましては、昨年を含め原則3年間での復旧工事となります。

廿日市市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年09月10日

(16)の林道維持管理事業420万円でございます。これは本年7月20日から21日にかけての大雨により被災した佐伯、吉和及び大野地域林道補修等を行ったことで維持補修費が不足する見込みとなったため補修工事請負費を追加するものでございます。  (17)の漁港整備事業1,850万円でございます。

廿日市市議会 2019-09-03 令和元年議会運営委員会 本文 開催日:2019年09月03日

次に、(16)の林道維持管理事業420万円でございます。これは、ことし7月の豪雨によって被害のあった林道施設復旧したことにより、今後の維持補修費が不足するため工事請負費を追加するものでございます。次に、(17)の漁港整備事業1,850万円でございます。これは、国からの交付金の割り当てが増額したことにより、梅原漁港護岸改良工事請負費を追加するものでございます。次に6ページをごらんください。

東広島市議会 2019-06-21 06月21日-05号

林道においては、48路線、159カ所において甚大な被害が発生しており、農業経営に大きな打撃となっているばかりか、林道管理などが困難な状態にあります。 このような状況で、ようやく3月より優先度の高いものから整備をする計画となっていますが、現時点で災害の多い安芸津地域においても、発注されている件数はほんの数件であり、着手されている事業も限定的であるように思います。 

尾道市議会 2019-06-19 06月19日-02号

応急工事はかなり進んでいるようですが、美しい尾道市を取り戻すための復旧工事は、農地林道ではおくれているとのことであります。 本市の本年5月の降雨量は平年の3分の1程度しかなく、昨年のような集中豪雨が再び発生しないことを心から願いつつ、これからの雨の多い季節を前にして特に危険箇所復旧をさらに加速しなければならないことはもちろん、監視を怠ってはならないことを初めに申し述べておきます。