運営者 Bitlet 姉妹サービス
331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 しかし、成立したこの法律では、不登校の子どもの教育機会の確保のため、国や自治体が財政支援に努めること、そして国や自治体が子どもや親に情報提供すること、義務教育が受けられなかった人に向け、自治体が夜間中学などで修学できるような措置をとることなどが盛り込まれています。   もっと読む
2018-09-13 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−05号 このことからも,改めて浮き彫りになるのが夜間での避難や情報伝達の難しさだと思います。また,被災後,多くの方と接しながらヒアリングすると,自分の住まいがハザードマップ上どのような場所に当たるのか知らないという人も多くおられました。 もっと読む
2018-09-13 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−05号 スポーツ庁は本年3月、中学の運動部活動のガイドラインで、教員や子どもの負担軽減のため週2日以上の休養日を設けることを示唆し、本市においてもそれに沿った指導を行っていると思いますが、実態についてお尋ねします。   もっと読む
2018-09-11 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月11日−03号 大きさや色,形状,材質を初め多言語表記や夜間の視認性など,さまざまな観点からいま一度検証され,本市を訪れた観光客に快適な旅行をしていただきたいと思いますが,お考えをお聞かせください。  また,観光庁では観光立国実現に向けた多言語対応の改善,強化のためのガイドラインを作成しています。 もっと読む
2018-09-10 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月10日−02号 また,夜間小児診療所でありますとか小児二次救急の病院等の受診状況というものも確認しながら,啓発のほうは努めてまいりたいと思っております。  以上です。 ◆21番(大田祐介) 今夜間小児診療所というお話もありましたが,あそこも輪番制で市内の小児科の先生が出ておりますが,多くの方は昼間働いてさらにその日の夜7時から出ていって執務するという,大変ハードな状況です。 もっと読む
2018-06-25 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号 運転ルールやマナーの啓発については,街頭キャンペーンや各種イベント,駐輪場の利用者などへのチラシの配布などを通して行われると聞いていますが,中学や高校などでの啓発活動はより効果が大きいのではないかと思います。広島市では,学校教育の中で自転車運転マナーやルールの啓発はどのように取り組まれているのか教えてください。   もっと読む
2018-06-22 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月22日-03号 昨年7月,市は,広島県と一緒に市内4,000名の小学5年生と中学2年生の児童生徒とその保護者に生活実態や学習環境を聞く調査を行いました。子どもの貧困に関する施策を検討することを目的にしたものです。その内容は,4人に1人が生活困難と新聞に大きく掲載された県の結果とおおむね同じでした。 もっと読む
2018-06-21 福山市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月21日−05号 この駅前エリアと駅周辺エリアに,ハード事業として福山城公園と中央公園のパークPFI導入,福山駅北口広場整備事業,福山駅北側と伏見町周辺地区の周辺道路の歩行空間整備事業を掲げ,ソフト事業としてリノベーションスクールの開催,福山城公園の夜間景観照明の整備,自転車利用促進事業などを上げています。ことし3月,国土交通省は内閣府と連携し,地方再生のモデル都市32を選定し,福山市も選定されました。 もっと読む
2018-06-21 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月21日-02号 平成29年度の広島市立広島特別支援学校の在籍児童生徒数は514人であり,このうち小・中学部は229人です。10年前の平成19年度は小・中学部で115人であり,これと比較すると約2倍にふえております。  また,広島市立小・中学校における平成29年度の特別支援学級の在籍児童生徒数は2,199人であり,同じく10年前は1,068人ですので約2.1倍にふえております。   もっと読む
2018-06-21 東広島市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月21日−04号 公衆トイレの汚れにつきましては、利用者からの通報があった場合、速やかに委託者に連絡をし、極力迅速な清掃を心がけているところですが、夜間・休日で連絡が取れない場合等、やむなく対応に時間を要するケースが生じていることもございます。   もっと読む
2018-06-20 東広島市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月20日−03号 まず、夜間・休日急患センターの整備にかかわって、最重要課題とされている医師の確保の見通しは立っているのでしょうか。あわせて、医師会の協力、医療機関の協力は確約できているのでしょうか。夜間・休日急患センター基本構想を策定しても、医師の確保、医師会の協力、医療機関の協力がなければセンターは機能しないのではないでしょうか。現時点での状況をお聞かせ願いたいと思います。  初回の質問は以上であります。 もっと読む
2018-06-19 福山市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−03号 市内11カ所で行われたまちなかつながるコンサートでは,市内の中学,高校の吹奏楽部が一流のアーティストとの共演を果たし,市内至るところで音楽が奏でられ,文化の薫りあふれる3日間となりました。そして,海外と市民のオーケストラが共演したり,若手音楽家に演奏の場を提供されたりと,本市に根づいた思いやり,優しさ,助け合いの心を伝えていくローズマインドが随所にあふれる内容でありました。   もっと読む
2018-06-13 三原市議会 平成30年第 3回定例会-06月13日−02号 特に夜間の小児救急の受け入れについて,保護者から不安の声とともに充実を求める声が長年にわたり寄せられています。平日の夜間救急の受け入れは,現在医師会病院に受け入れてもらっておりますが,午後10時の受け付け時間を超えると,JA尾道病院に行かなくてはならないという現状です。乳幼児を持つ核家庭にとっては,三原で子育てがしにくい要因の一つになっています。 もっと読む
2018-06-01 福山市議会 平成30年 6月 1日 文教経済委員会-06月01日−01号 2の福山城及び周辺整備については,福山城の価値や魅力を高めるため,夜間景観照明基本構想に基づく整備のための基本設計などを行うものであります。  次に,文化活動の促進の1,ばらのまち福山国際音楽祭2018についてであります。 もっと読む
2018-06-01 福山市議会 平成30年 6月 1日 民生福祉委員会-06月01日−01号 まず,(1)福山夜間成人診療所の2017年度における受診者数は年間9420人で,前年度と比較し1人の増加となっております。  (2)福山夜間小児診療所の2017年度における受診者数は年間1万1006人で,前年度と比較し428人の増加となっております。  (3)二次救急当番病院の受診状況であります。 もっと読む
2018-03-16 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号 夜間においても同様の結果です。実際に随分静かになったという声も私のところに届いております。事業の実施によって,沿道の環境は大きく改善されたということをこのデータが証明してます。  一方では,未整備の区間である中区住吉町では,昼まで73デシベル,夜間でも71デシベルと,依然として基準を超えた状況となっています。沿線の環境改善を図るためにも,本事業の早期再開は必要であるというふうに考えています。   もっと読む
2018-03-06 福山市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月06日−03号 具体的には,夜間は警備員による庁舎内外の巡回警備により出入り口の戸締まりや来庁者が庁舎から退出していることを確認するとともに,庁舎内に設置している防犯センサーで万一人の動きを察知した場合には警備員が現場に急行することとしています。また,休日については,警備員が庁舎への入退室を把握することとなっております。   もっと読む
2018-03-02 府中市議会 平成30年第1回定例会( 3月 2日) まず、全国学力・学習状況調査の結果でございますけれども、御承知のとおり、この調査は毎年全国の小学6年生と中学3年生、義務教育学校の9年生を対象にして、主に国語と算数、数学といった教科別に知識の習得状況とA問題と、そして知識の活用状況、要するに応用的な問題、これを問うB問題に分けて実施をされております。 もっと読む
2018-03-01 広島市議会 平成30年度予算特別委員会-03月01日-02号 ◎児玉 特別支援教育課長   特別支援学校における児童生徒数の増加対策につきましては,最も増加数が多い高等部生徒の一部を,新たに整備する校舎に移し,あわせて,これによって生じる現在校のスペースを活用して,小学部,中学部児童生徒の学習環境の改善を図ろうとするものでございます。   もっと読む
2018-02-28 東広島市議会 平成30年第1回 3月定例会-02月28日−04号 小学校では、平成32年度から新学習指導要領により、中学年で外国語活動、高学年で外国語科が完全実施されますが、これに先駆けて、平成30年度から2年間は移行措置期間とされておりまして、本市では、中学年35時間、高学年50時間を実施する計画としております。   もっと読む