1253件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019年03月22日

宮島水族館事業特別会計について、7月の西日本豪雨災害の影響とその後の入館者数はどうなったかという質疑に対し、7月は対前年度比で1万4,000、約40%の減、8月は1万6,000、22%の減、2カ月で約3万減となった。9月は横ばいであるが、10月から2月までは前年を上回る入館者数となっているとの答弁がありました。  

廿日市市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

今、部長お答えいただいた、ご本人が例えばそういうふうに急変、いろんな場面で急変とかして、医療につなげなければならないというようなときには、ケアマネさんがいろいろ相談しながら、主治医とも相談しながら、個人に応じてサービスを提供していってますというお話でしたけれども、ケアを受ける本人は別に状態は変わってない。

廿日市市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

今後、外国のさらなる増加と長期滞在や家族滞在がふえると想定しておりまして、引き続き多文化共生相談員による相談対応、日本語教室の開催、行政情報多言語対応等、本市に在住する外国への生活支援に取り組むとともに、日本人に対しても異文化理解のための講座や交流の場を設定する等、地域において日本人外国が共生し、ともに安心して暮らせる環境を整備してまいりたいと考えております。  

広島市議会 2019-02-05 平成31年 2月 5日都市活性化対策特別委員会-02月05日-01号

(6)の夜の魅力づくりについては、本市、県及び広島商工会議所で設立した「広島県夜の魅力づくり協議会」において、夜の観光コンテンンツの充実に取り組んでおり、昨年4月から、外国観光客向けに、夜神楽を実施するとともに、侍や忍者、けん玉のショーなどを行うナイトエンターテイメント公演を広島県美術館地下講堂において実施いたしました。  23ページをお開きください。  

廿日市市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018年12月20日

今回の件について、記録的な豪雨に伴う災害で処理するのか、また雨水施設の排水設計やますの大きさなどの工事による事故なのかを整理し、筋道をつけて処理すべきだがどうかという質疑に対し、今回は災害を理由とした損害賠償ではなく、今後このような事案が発生した場合は、地域の地質、地形気象、その他諸要素を考慮し判断される判例も出ており、さまざまな要因があるため、弁護士とも相談し、個別に対応していきたいとの答弁がありました

広島市議会 2018-12-18 平成30年12月18日大都市税財政・地方創生対策特別委員会−12月18日-01号

次に、(3)第2回ワーキンググループ会議では、起業支援についてをテーマに意見交換し、起業時の支援だけでなく、起業後のフォローをしっかりとやっていくことも重要である、起業しようとするが気軽に行くことができ、専門家への相談起業家同士で話をできる場があるとよい、事業継承も今までどおり経営するだけでは継続が困難であり、起業精神が必要なため、一つの起業であるとも考えられる、後継者不足が課題となっており、

広島市議会 2018-12-13 平成30年第 6回12月定例会-12月13日-05号

国は,これまで平日6時間勤務の非常勤職員賃金で算出されていた職員分──1当たり年額180万円──の人件費のうち,1分を福祉職俸給表に基づいて,月額単価──年額約310万円──で算出することにしました。また,常勤職員を複数配置することも可能にするべく,放課後児童支援員等処遇改善等事業を予算化しています。

広島市議会 2018-12-12 平成30年12月12日厚生委員会-12月12日-01号

入国管理法が改正されて、実は外国技能研修生を受け入れる体制が少し強化されます。聞いておきたいなと思うのでちょっと聞くんですが、その技能研修生の外国の方が、そういった保育の現場とか医療の現場とか介護の現場に、技能研修として入ってくる可能性というのはあると思っていらっしゃいますか、どうですか。 ◎尾崎 保育指導課長   将来というか、生じ得ることだとは思います。

広島市議会 2018-12-10 平成30年第 6回12月定例会−12月10日-04号

近年,平和記念資料館を訪れる外国の数は増加を続けており,昨年度──平成29年度は39万2000を超え,平成25年度の20万86の約2倍となり,過去最多となりました。こうした中,被爆の実相を伝える市民ボランティアヒロシマピースボランティアの方々が,平和記念公園内で英語で解説を行う機会も,資料館を訪れる外国の増加に呼応して,ふえているということです。

広島市議会 2018-12-06 平成30年第 6回12月定例会−12月06日-02号

私も長年にわたり,サンフレッチェの試合を観戦しておりますが,これほど多くの外国を試合会場で目にするのは過去に例がなく,その副次的効果として,平和記念公園でもユニホームを着用した外国が多く見られるようになるなど,世界の為政者にとどまらず,世界中から一でも多くの方々にこの広島市へ訪れてほしいならば,本市だからこそ有する資産とも呼べる各スポーツクラブ,スポーツ文化を率先してフル活用すべきかと存じます

廿日市市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年12月04日

(2)指定管理者となる団体の名称は、合社・東洋観光グループ、代表者は、広島市中区袋町4番31号、株式会社社計画研究所代表取締役福井滋氏、構成員、広島市中区胡町5番12号、東洋観光株式会社代表取締役今井誠則氏でございます。  (3)以降は、議案第110号と同様でございます。  以上で議案第114号の提案理由及び内容の説明を終わります。

廿日市市議会 2018-10-17 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月17日

96 ◯観光課長 外国来島者数調査業務でございます。この目的でございますけれども、宮島に来島する外国観光客の誘致や受け入れ環境の充実に向けた基礎資料としようということで、実施しております。調査方法でございますけれども、NTTドコモのビッグデータ、モバイル空間を、統計を活用し、携帯端末の位置情報を活用し、宮島に一定時間滞在していた外国の推計を行っております。

広島市議会 2018-10-02 平成30年第 4回 9月定例会−10月02日-05号

ミッドナイト競輪を実施する,これからはインターネットでの車券売り上げがふえるんだと言いますが,それは我々の見えないところで競輪というギャンブルにのめり込むがふえる可能性が大きくなるということであり,ギャンブル依存症に陥るがふえる可能性が大きくなるということではないんでしょうか。

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日総務委員会-10月01日-01号

評価委員会に対しては、同研究科の新設に向けて、平和学研究科設置委員会及びカリキュラム編成ワーキンググループにおいて検討した事前相談書類を作成し、平成29年6月に文部科学省へ提出したこと、それから、教員3名の採用候補者を決定し、教員組織体制を整備したことなどの取組を着実に進めたということについて、大学の方から説明をいたしました。

広島市議会 2018-09-26 平成30年第 4回 9月定例会−09月26日-03号

高齢化,低年金免許返納などのがふえ,買い物も通院も大変です。しかし,市の取り組む地域乗り合いタクシーの形態は地域の要望が大きくなり,協議会として構えを確立してから市が相談に乗り,支援をするというものです。問題は,要望はあるけれども,それを支える核になるがいない,協議会をつくれないという地域でございます。要望はあるが前に進んでない地域はどれだけあるのでしょうか。

広島市議会 2018-09-25 平成30年第 4回 9月定例会-09月25日-02号

また,近年,都市化や核家族化,女性の就業率が上昇している中で,近くに子育てを助けてくれる子育て相談ができるがいないといった問題も発生しています。一方で,高齢者人口は増加が続くことが予測され,そのうちの多くは子育てについての知識や経験を持っていらっしゃる方だと思われます。

廿日市市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年09月14日

近年の外国観光客や外国労働者の増加に伴い、市民外国と触れる機会がふえてきています。多文化共生社会の構築に向け、さらなる取り組みが必要となってきました。特に、製造業を中心とした外国労働者が増加傾向にあるということを踏まえて、次の点についてお伺いをいたします。  1点目、現在の外国観光客数や外国労働者数の地域別状況についてお伺いをいたします。わかればで結構です。  2点目です。

東広島市議会 2018-09-13 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−05号

◆10番(加藤祥一君) 御相談があれば、そういうふうにしていくというお話がございましたが、実際にもう西条中央の方が相談をしておられるんですね。そのときには、非常に冷たい返事であったということがございますんで、そこらは私もそういう話を聞いて今回させていただいておるんです。そこはもっと親身になって、市民の皆さんの声を本当に真摯に受けて、また支援、応援をしていただきたいというふうにお願いいたします。