運営者 Bitlet 姉妹サービス
11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-12-22 広島市議会 平成29年12月22日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月22日-01号 堺屋太一さんの言葉です、団塊の世代。非常に良いネーミングだと思います、ここに固まっておりますので。そしてその後、出生数と出生率って、ものすごく下がっているんです。これは少子化ではないです。定義をいきますと、少子化というものは、合計特殊出生率が人口置換水準2.07です。これを長期間、かなり下回っていること、これが定義です。 もっと読む
2012-12-18 神石高原町議会 平成24年第 6回12月定例会-12月18日−02号 それを登りながら堺屋太一という有名な作家であり経済評論家がおられますが,パネルが張ってあるんです。そのパネルを一つ一つ読みながら,なぜ豊臣秀吉は明智光秀に勝ったのかと,勝利をおさめたのかということを研究をしてまいりました。その中の一つに人たらし,すなわち非常に人の心をつかむ,それがうまかったということです。   もっと読む
2010-03-17 庄原市議会 平成22年  3月 定例会(第3回)-03月17日−03号 ◎國光拓自副市長 これからの地域経営といいますか、地域運営には、当然地縁組織である自治振興区等の活動も必要でしょうし、ご指摘のように援護・後援組織といって堺屋太一さんが言っとりますが、そうした趣味であるとか、あるいは同じ志であるとか、あるいは同様の事業であるとか、そういったものを組み合わしたNPO組織と活動というのも必要だろうと思います。 もっと読む
2005-02-24 呉市議会 平成17年第1回 3月定例会-02月24日−02号 堺屋太一さんが本を書いておりますよ、団塊の世代の生みの親。あの方のをずっと読んでますと非常に奇抜で、えっと思ったんですが、あの人は大学生が子育てをしたらどうかと。託児所をつくって、それを奨学資金でも何でもええ、地域とか学校が支えてというような説まで発表しておるわけです。なるほどなあと思いました。学業中だったら、子育てにも時間とりやすいはずだと。これはもう非常に難しい。 もっと読む
2002-03-01 呉市議会 平成14年第1回 3月定例会-03月01日−03号 この前も言いましたけれども、今イベントをやるか、ディズニーのような非現実的な施設をつくって集客をするか、それか本当に住みよい町をつくるかしか地方が生き残ることはできないというふうにこの前、堺屋太一さんがお話になってましたが、呉が今できるのは本当に住みやすい町をつくることだろうと思うんです。それは端的にどんな町なのか、お答えを願いたいと思います。  余り長う言うと怒られそうなんですが。 もっと読む
2001-12-10 呉市議会 平成13年第5回12月定例会-12月10日−01号 これはかつて私も申し上げたことがあるかもしれませんけれども、堺屋太一さんが、「全国に様々な地域がある。それぞれの地域はそれぞれ違った自然と歴史を持っておる。 もっと読む
2000-02-29 福山市議会 平成12年第1回( 3月)定例会-02月29日−02号 その中で,経済企画庁堺屋太一長官は,地方都市が疲弊した背景について,日本の頭脳的機能の東京一極集中が原因と分析する中で,戦後の規格大量生産の時代から多様な知恵の時代への構造転換が迫られており,楽しさの演出が都市政策の重要なポイントになると指摘しています。   もっと読む
1998-03-13 呉市議会 平成10年 3月定例会 予算特別委員会-03月13日−05号 堺屋太一さんの説によると、今、民間の事業よりも公共事業は3割高いんだそうですから、丸投げしても合うということになってくるわけです。これは堺屋さんが書いておるんですから。そういう面も含めてひとつ公平さというものに努めるように強く要望しておきます。  続いて、阿賀の埋め立てのことについてお尋ねをいたします。   もっと読む
1996-06-11 呉市議会 平成 8年第2回 6月定例会-06月11日−02号 以前にも私は申し上げたことがあると思いますけれども、堺屋太一氏が指摘しておりますように、地域の個性、地域のアイデンティティーといいますか、そういったものを非常に際立たせるものはその地域の歴史である──というように私は思っておるわけでございまして、そういう意味で今申し上げた点も考えていかなければいけないと思っております。 もっと読む
1994-06-20 呉市議会 平成 6年第2回 6月定例会-06月20日−01号 私は、去る3月の定例会での答弁におきまして、地域はそれぞれ違った固有の自然と歴史の顔を持っているという趣旨の、堺屋太一さんの言葉を引用いたしまして、顔である、すなわち個性であるこの呉市の歴史、特に海や港、また造船等に関する歴史を大切にして、教育やまちづくりに生かしていく必要性があるということを申し上げました。   もっと読む
1994-02-28 呉市議会 平成 6年第1回 3月定例会-02月28日−02号 先日、テレビで堺屋太一さんの話を聞いておりましたら、全国3,300の市町村があり、いろいろな地域があるけれども、皆違った顔を持っておる──という話がありました。地域の顔で、他と違って同一でないものというのは、自然の顔と歴史の顔であるということを述べておられました。 もっと読む
  • 1