4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2017-12-22 平成29年12月22日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月22日-01号

堺屋太一さんの言葉です、団塊の世代。非常に良いネーミングだと思います、ここに固まっておりますので。そしてその後、出生数と出生率って、ものすごく下がっているんです。これは少子化ではないです。定義をいきますと、少子化というものは、合計特殊出生率人口置換水準2.07です。これを長期間、かなり下回っていること、これが定義です。

広島市議会 2012-02-21 平成24年第 1回 2月定例会−02月21日-04号

昨年3月11日の東日本大震災を,堺屋太一氏は日本の第三の敗戦と言われています。千年に一度の大地震大津波,また人災と言われる福島第一原発の原子炉のメルトダウンによる放射能漏れは,今の日本の最先端技術でも制御できない甚大な被害が発生しています。私も昨年,二度,東北にお見舞いに行かせていただきました。この議会でも,先ほどもありましたように,いろいろ議論があります。

広島市議会 1994-03-15 平成 6年度予算特別委員会−03月15日-08号

夕べ,評論家堺屋太一さんが認識格差という言葉を使っていた。アメリカ日本はどう認識が違うかということを認識格差と言っていた。どのように変わるのか,変えなければいけないのかについて一言でも返事がいただきたい。  私はこの前からずっと言っているのである。この予算特別委員会でどうしても私の気持ちを言いたいということで,今まで厚生経済環境の方でも言ってきた。  

広島市議会 1989-03-23 平成 元年度予算特別委員会−03月23日-11号

それから,広大の医学部の移転について,2月9日のNHK総合テレビの「シンポジウム地方創造「広島21世紀への戦略」」という番組の中で,竹下県知事と堺屋太一氏その他の方々との話があった。広大の医学部が,理学部とともに東広島市へ移転するという議論があった。私も本当かと見てみると,以前議事録の中に河合局長もはっきりしてないというような企画調整局長時代の話がある。

  • 1