運営者 Bitlet 姉妹サービス
1270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 尾道市議会 平成30年12月13日 文教委員会 ◎教育指導課長(豊田浩矢) 今御質問いただいた件でございますが、子供たちのそういった安全面、命にかかわるようなことの事案が発生した場合については、まずその状況を当然ではございますが、把握をして、事実等を整理をしたいというのが基本だと思います。 もっと読む
2018-12-07 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月07日 これは、3歳から5歳の幼児と0歳から2歳の乳児の保育士配置基準の違いや、クラスの運営上、受け入れ定員の設定を幼児に比べ乳児は少人数にせざるを得ないため、兄弟で同じ園に入れない状況が発生している状況でございます。  年度途中に発生する0歳から2歳の待機児童に対応するため新たな保育園を整備するなど、市全体として毎年定員をふやしている状況であり、来年度もふえる予定でございます。 もっと読む
2018-12-07 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日−03号 災害は,忘れないころにやってくる,専門家によると,南海トラフ地震が近いうちに発生すると予想され,災害はいつ,どこでも頻繁に起こり得ると言われています。東日本大震災以降7年たちましたが,全国各地で大きな災害が発生しています。広島県の気候は,温暖で,台風の影響も少ないし,住みやすくいいところだと思われていますが,広島県は土砂災害危険箇所は全国で一番多く,3万1,987カ所あります。 もっと読む
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 西日本豪雨では多くの被害が発生しました。同時に、熱中症という災害にも見舞われ、誰でも、どこでもエアコンを利用しなければ生活できないという状況になり、多くのエネルギーが必要となっています。  そこで次の点をお聞きします。  1、太陽光、小水力、バイオマス、風力、地熱などの再生可能エネルギーの一層の推進が大切と思いますが、どうですか。   もっと読む
2018-12-04 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年12月04日 過失割合でございますが、事故発生時が夜間であり、周囲が暗く視界が悪かったとはいえ、運転手にも前方注意義務があり、走行中に当該箇所を予見し避けることも可能であったこと、また、市の道路管理については、通常備えるべき安全性を欠いており瑕疵があったことを総合的に考慮し、過去の判例等も参考にした上で、市が4割、相手が6割といたしました。   もっと読む
2018-10-25 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月25日−06号 次に,議第98号について,有害物質を含んだ土砂の処理が残土処理費に及ぼす影響についてただされたところ,理事者から,残土処理費について,当初は7,000立米で5,540万円を予定していたが,基準値を超えるフッ素を含む2,000立米の土砂が発生したことにより,その処理が必要となった。 もっと読む
2018-10-19 三原市議会 平成30年10月補正予算特別委員会-10月19日−01号 ◎保健福祉部社会福祉課社会福祉係長  見舞金については,宅地内に土砂の発生があった場合は,既存の見舞金のほうで5,000円出るようになっております。今回補正で上げさせてもらいました見舞金のほうは市の見舞金の対象ではなく,現在県の見舞金の対象となっております半壊以上の世帯の方の分を今回ここの災害見舞金のほうで計上させていただきました。 もっと読む
2018-10-16 三原市議会 平成30年10月16日 総務財務委員会-10月16日−01号 熊本地震もあります。ほんで,九州北部豪雨災害もございます。その中で既に今現在244名が要望に対して満たされていない,全国的にという中で,年度中途での要請ということで,なかなか厳しいのではないかというふうに認識しております。  以上です。 ○正田洋一委員長 他にございませんか。ございませんか。        もっと読む
2018-10-15 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月15日−04号 しかしながら,国内では有害化学物質が混入したことで着色した排水が流出し,異臭が発生したり,安定型産業廃棄物以外のものが搬入されるなどの問題が発生し,行政指導に至った事例があることも承知しております。 もっと読む
2018-10-12 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月12日−03号 本復旧については,市内各所で河川護岸の決壊や崩壊の被害が多数発生しており,県において災害が発生した今年度を含めて3年間で実施する予定でありますが,緊急度の高い箇所については,来年の出水期である6月までの完成を目指して取り組む予定であります。   もっと読む
2018-10-11 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月11日−02号 あわせて,熊本地震のときは,国の正式な通知が1週間程度前に届いたということでございますので,こうした国の動きも注視をしていく予定でございます。  以上でございます。 ○仁ノ岡範之議長 高橋農業振興担当参事。        もっと読む
2018-09-25 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月25日−06号 空き家が多く発生する一方,高齢者福祉施設が不足しているなどの問題があるが,規制緩和を行うことにより安易な転用が行われることは認められない。福祉施設の安全基準が守られるべきである。  命の安全にかかわる規制緩和を行う法改正に準じて本市の条例改定を行うものであり,以上に述べた政治的比重により,反対。   もっと読む
2018-09-20 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月20日−06号 発生場所で多かったのは、住居が40.5%、教育機関から搬送された人は6.6%に上っております。 もっと読む
2018-09-14 尾道市議会 平成30年 9月14日 議会運営委員会 また、本来であれば、行政側が態度を示していただいて、それに対して議会としての行動を行うということがセオリーだろうと思いますけれども、今回は行政側からの態度表明が明確でないということにあわせて、町内会で訴訟が発生しているということもあり、このボートレースチケットショップ尾道に関してさらに自重した慎重な態度で臨むべきだという意見もありまして、会派内ではまとまっておりません。 もっと読む
2018-09-13 廿日市市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年09月13日 過去4年間の不登校児童の発生率は、平均0.64%でございました。中学校における不登校生徒数は、過去4年間で見ますと、平成26年度は88人でありましたが、平成27年度及び28年度は110人を超え、平成29年度には少し減って106人となっております。過去4年間の不登校生徒の発生率は、平均3.55%でありました。 もっと読む
2018-09-13 尾道市議会 平成30年 9月13日 文教委員会 これは、6月だったと思うんですが、大阪の北部地震で高槻市の小学校で女児が地震で亡くなってということから、ブロックの緊急点検ということを行ったと思うんですが、これは尾道市の中で6月からさまざまな箇所を点検して、専決処分でたくさんの小・中学校、高校も含めて対応したと思うんです。 もっと読む
2018-09-13 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−05号 7月初旬に発生しました数十年に一度の豪雨災害です。24時間の雨量は238ミリ,72時間累計雨量は392.5ミリと,いずれも本市松永町での雨量計で観測史上1位という結果でした。平年の7月1カ月間の雨量の2倍以上の雨量が3日間で降り,死者2名,重傷者2名,ほか,本市のあらゆる場所で冠水ほかの被害が発生しました。国,県,本市の特別補正予算等の支援で復旧,復興に向かっています。 もっと読む
2018-09-13 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−05号 近年、我が国においては、平成23年3月の東日本大震災を初めとして、広島県では芸予地震などの地震や平成26年8月には広島市で発生した豪雨災害で多くの人命が失われております。また、先週の6日未明には、北海道の道央を震源とする震度7の地震発生し、道路等のインフラや電気、水道、ガスなどのライフラインが被災をして大きな被害が出ていると報道されております。 もっと読む
2018-09-12 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−04号 2016年平成28年6月の梅雨前線豪雨では,本市の建物被害は,半壊13件,一部損壊23件,床上浸水63件,また道路,河川等の土木施設や農道,ため池等の農業用施設などの被害については932件発生いたしました。とりわけ,瀬戸川流域では,流下能力不足や排水機の能力不足などにより,猪之子川の破堤や福川の溢水など,広範囲に浸水被害が発生しました。   もっと読む
2018-09-12 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月12日−04号 まず、週休日の振りかえについてでございますが、本年7月の豪雨災害発生以来、職員におきましては、被害状況の把握、被災現場調査、避難所の運営等、各業務に日々奮闘しているところでございます。発生から2カ月が経過し、災害対応も緊急対応から復旧・復興へと変遷していく中で、対応も長期化が見込まれ、職員の健康管理が大変懸念されるところでございます。   もっと読む