78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

呉市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会 予算特別委員会(当初予算)

そして、最後の避難所のトイレの洋式化と空調の整備についてお伺いをいたします。 避難所での生活を余儀なくされると、困るのがトイレの問題が一番と言われております。次が入浴、シャワー、その次が食事と洗濯、あと空調、テレビなどの情報機器、携帯電話という順番だそうでございます。避難所ともなる全国の公立小中学校の便器の数は約140万基と伺っております。

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日厚生委員会-10月01日-01号

これ昨年もお聞きしたんですが、この評価については昨年度のこの報告の時も利用者の満足度が大変低くて、特にこの特記事項には清潔度に満足していない人が多かったということで、去年、理由をお聞きしましたら、やはりトイレ和式でちょっと利用するのにやはり不具合がいろいろ生じて不潔になったということを理由として上げられたんですけど。

府中市議会 2018-09-12 平成30年厚生常任委員会( 9月12日)

ただし、住宅改修、例えば生活をされる際に風呂のまたぎが難しい、それからトイレ和式だと難しいので洋式に変えられる、そういった住宅改修でございますとか、福祉用具の給付・貸与とかいったものがございます。3点杖をお貸ししたり、歩行器をお貸ししたり、ギャジベッドをお貸ししたり、そういったものだけを利用されたい方もいらっしゃいます。

福山市議会 2018-08-27 平成30年 8月27日 総務委員会

市民の利便性の向上のため,和式トイレの洋式化などの工事を行うもので,落札率は90.1%です。 次に,12ページをお願いいたします。 消防担当警防課が所管する測量土質調査設計業務委託(耐震性貯水槽(駅家町新山))です。駅家町地内において容量40トンの耐震性貯水槽を設置するために必要な測量設計を行うもので,落札率は96.7%です。 

東広島市議会 2018-06-21 平成30年第2回 6月定例会-06月21日−04号

公衆トイレの行政について。  公衆トイレ行政の見直しについて。  公衆トイレマップの作製について伺います。  コンビニエンスストアを含めて、良質な公衆トイレと位置づけ、24時間使用可能な屋外の公衆トイレの新規建設と新旧公衆トイレの維持管理について、昨年、一般質問で取り上げました。そのとき、東広島市に屋外の公衆トイレは69カ所あり、コンビニエンスストアは170軒程度あるとの答弁をいただきました。  

府中市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会( 6月15日)

○総務部長(粟根誠司君) 多目的トイレ等のお尋ねでございます。  まず、お尋ねの庁舎内の多目的トイレ等の設置につきましては、多目的トイレを庁舎内の1階フロアに2カ所設置してございます。また、洋式トイレにつきましては、1階に6基、2階に3基、3階に2基、4階に3基設置いたしておりまして、合計14基設置いたしておるところでございます。  

広島市議会 2018-05-21 平成30年 5月21日文教委員会−05月21日-01号

もう1点、放課後児童クラブについてですけども、この間、トイレなどの洋式化とか男女別化とか、仮設トイレはやめてほしいとか、そういう要望が、出されておりますけれども、こうした施設面での改善は何らか進んだかどうか、ちょっと教えてください。 ◎松尾 放課後対策課長   施設改善につきましては、現場の要望等によりまして随時、可能な範囲で改善を行っているところでございます。  

広島市議会 2018-03-16 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号

もう一点,もう1カ所,今年度紙屋町シャレオの公衆トイレを洋式化したというふうに聞いてるんですけれども,その内容はどういうふうになってるんでしょうか。 ◎山水 業務第二課長     紙屋町シャレオには,男女各3カ所の公衆トイレがあります。これらの公衆トイレには,合計で28基の大便器がございます。その内訳は,14基が和式便器で,14基が洋式便器でした。

東広島市議会 2018-02-28 平成30年第1回 3月定例会-02月28日−04号

それは、新1年生のある女の子がトイレに行きたくなりトイレに入ったところ、これまで見たこともない和式便器だったことから用を足すことができず困り果てて泣いていたというのです。このことを聞いて大変心が痛みました。希望溢れる入学式が大きなショックの日になったわけですから、その女の子の心情は察するに余りあるものであります。

廿日市市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年02月28日

(4)おもてなしの概念はさまざまですが、高速道路で体験するのですが、トイレのドアに洋式と和式と表示するだけでも、待っているいらいらを解消し、利便性が増すと思います。  宮島の公共施設及び全市の公共施設への表示化を実施する考えはないかを問います。もちろん、これはお金のかからないおもてなしの一つのケースだと思います。  

庄原市議会 2017-12-19 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

では、次の2点目、庄原市民会館のトイレと車椅子対応についてということで通告いたしております。庄原市民会館ホールの男女トイレには、障害者用トイレが設置されていない。また、ホール内に車椅子で観劇するスペースも少なく、降りるためのスロープを設置されておらず、障害者に優しいとは言いがたいと考えるが、市長の所見を伺うものです。 ○堀井秀昭議長 答弁。教育長。 ◎牧原明人教育長 御質問にお答えします。

東広島市議会 2017-12-14 平成29年第4回12月定例会-12月14日−04号

公衆トイレについて、公衆トイレの維持管理について、公衆トイレの故障、修理サポートについてであります。  私こと大谷忠幸の9月議会の一般質問で、公衆トイレの現況について触れさせていただきました。しかしながら、全く相手にされなかったので、再度質問させていただきます。  

広島市議会 2017-10-18 平成29年度決算特別委員会(第2分科会)-10月18日-02号

◆山田 委員         本当にもう古い建物でありまして,やっぱり今,子供たちも学校のトイレの問題なんかもありますけれども,そういったところがある程度清潔でないと,なかなかやっぱり行きたがらない。ましてやよそへ泊まるわけでありますので,そういった施設の改修は,やっぱり早急にしていただきたいと思っています。  

広島市議会 2017-09-28 平成29年 9月28日厚生委員会-09月28日-01号

◎末政 高齢福祉課長   中央老人福祉センターの満足度ということなんですけれども、これにつきましては、特にトイレの清掃に御不満というか、清潔にしてほしいという御意見が多かったということです。内容につきましてですが、この中央老人福祉センター、委員がおっしゃいましたように大規模な施設でして、老人のその他の施設に比べますと多くの方が御利用なさっています。

広島市議会 2017-09-27 平成29年 9月27日文教委員会-09月27日-01号

しかし、指導員の問題とトイレの改善の二つの項目については、継続審議などと言っている場合ではないと考えています。トイレの問題では、雨が降ると雨漏りがして、トイレットペーパーがぬれてしまうとか、1年生は怖くて入れないトイレ。男女別に分かれていないため、女の子は我慢しているという実態もあります。

呉市議会 2017-09-26 平成29年第7回 決算特別委員会

各家庭のトイレは,温水洗浄便座の設置が進み,学校でのトイレ使用を嫌がる児童や生徒が増加している。 市の職員や議員は温水洗浄便座を使用し,子供たちにはいまだに和式トイレを使用させるのは,納得がいかない。 それと,40年余りの間,呉市からオリンピック選手が輩出されていないので,全国レベルのスポーツ選手育成を目指し,努力するようお願いしておく。 4点目は,呉駅前整備とそごう跡地の問題である。 

呉市議会 2017-09-01 平成29年第3回 9月定例会

各家庭のトイレは、ウォシュレットつきの洋式トイレに移行しており、学校でのトイレ使用を嫌がる児童生徒が増加をしております。市の職員や議員はウォシュレットつきの洋式トイレを使用し、子供たちにはいまだ和式トイレを使用させるというのは納得がいかないわけであります。親は子供たちのためにどんなこともしてやりたいと思うように、子供たちを優先しようではありませんか。

広島市議会 2017-06-28 平成29年 6月28日建設委員会-06月28日-01号

太田川緑地パークゴルフ場につきましては、平成元年2月に、旧建設省より約1ヘクタールの占用許可を得て、同年3月に9ホールのパークゴルフ場を整備し、平成17年度には、仮設トイレを設置しております。  この施設の利用料については、太田川河川敷に設置している他の施設と同様に無料としております。  

廿日市市議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2017年06月16日

また、観光客の増加に伴うトイレの不足なども課題となっており、現在トイレメーカーと連携し、宮島中之町に利便性、快適性、清潔性などに配慮した、誰でも安心して利用できるおもてなしトイレの整備を推進しているところであります。  今後もさまざまな国から外国人観光客が増加してくるものと思われることから、適宜ニーズ把握に努め、受け入れ環境の整備に取り組んでいきたいと考えております。