運営者 Bitlet 姉妹サービス
534件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-16 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月16日 131 ◯こども課長 こども課の給付窓口、児童手当、それから児童扶養手当、乳幼児ひとり親の医療、この関連業務を30年2月から委託を行っているところでございますが、2カ月の成果ということになるとちょっとわかりにくい部分もありますが、まずこれまでの成果ということでいいますと、サービスの面でいえば業務ごとに複数の担当がついておりまして繁忙期においては特に人員を増加をしていただくなど柔軟 もっと読む
2018-09-12 尾道市議会 平成30年 9月12日 民生委員会 ◆山戸重治委員 保育士確保に寄与してるというふうに認識をしてるということなんですけど、保育士確保の目的の大きな中身は待機児童の解消対策だったと思うんですけども、待機児童の解消対策については、待機児童はこの制度によって解消の方向に向かっているんでしょうか。この点はいかがですか。 ○委員長(岡野長寿) 子育て支援課長。 もっと読む
2018-06-25 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号 学校現場は,既にLGBT── 性的少数者の児童が入学し,その対応をされていると聞きます。しかし,児童が通学する学校の当該管理者,教員のみが学習するだけでは今後拡大する事例に対応できないのではないかと思います。全学校,また,教職員初め,保護者全体への理解を深めていく必要があります。教育委員会としていかがお考えか,お答えください。   もっと読む
2018-06-21 福山市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月21日−05号 文部科学省及び広島県教育委員会からの通知等に基づき,児童生徒全員が安心して安全な学校生活を送るとともに一人一人の規範意識や自立心を高めるために,各中学校区で基準をそろえながら,各学校が生徒指導規程を作成しています。   もっと読む
2018-06-21 尾道市議会 平成30年 6月21日 文教委員会 これは目的につきましては大きく2点あるんですけれども、一つは、地域における保護者の有給休暇の取得を促進することとあわせて、長期休業中の一部を学期中の授業日に移すことにより学校休業日を分散化することができるということ、それから、児童・生徒と保護者等がともに体験的な学習活動等を参加することを通して、児童・生徒の心身の健全な発達を一層促すという環境が醸成されるという、この大きく2点で法改正が行われております もっと読む
2018-06-20 尾道市議会 平成30年 6月20日 民生委員会 ◆前田孝人委員 それでは、私は児童虐待のことについて質問をしてみたいと思います。  もっと読む
2018-06-19 福山市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−03号 次に,児童虐待防止対策についてお尋ねいたします。  本年3月,東京都目黒区の5歳児が両親の虐待により死亡しました。報道によれば,十分な食事を与えられず,ときに冷水をかけられ,顔を殴られ,やがて衰弱し短い命を閉じたとのことです。 もっと読む
2018-06-15 府中市議会 平成30年第3回定例会( 6月15日) そういった中で、現在、学校で行っております児童・生徒等の安全を守るための取り組みについて初めに少し御紹介をさせていただこうと思うんですけれども、大きくは3点ございます。  一つ目は、児童・生徒が自他の安全を守るための危機回避能力の育成あるいは自他の尊重などの安全に関する指導を行っているということでございます。二つ目は、施設設備の安全点検ということでございます。 もっと読む
2018-06-01 福山市議会 平成30年 6月 1日 民生福祉委員会-06月01日−01号 次に,ウの障がい者虐待防止センターについてであります。虐待相談・通報件数についてですが,相談・通報件数は22件で,そのうち虐待と認められるものが虐待件数の1件であります。主な虐待者については親となっております。また,虐待の種類,対応状況につきましてはお示ししているとおりでございます。  次に,8ページをお願いいたします。  3の障害福祉サービス等の実施状況についてであります。   もっと読む
2018-06-01 尾道市議会 平成30年第2回 6月定例会 その他、生活保護法改正の詳細、特殊勤務手当の廃止、放課後児童クラブの支援員と補助員の状況について質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。  もっと読む
2018-03-26 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月26日-付録 5 個別の学習支援が必要な児童生徒へ個に応じた指導を行う特別研究校について,取り組みの成果を検証し,成果のあった取り組みは全市に広げること。    また,部活動の在り方や学校が担うべき業務を見直し,教員の多忙化の解消を図ること。   もっと読む
2018-03-22 福山市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月22日−06号 すなわち,議第21号福山市放課後児童クラブ条例の一部改正については,放課後児童クラブ事業の利用対象児童について,学校教育法に規定する特別支援学校の小学部に在籍する児童及び市内に住所を有する市外の小学校に通う児童を追加するもの,また児童の健全育成を図る上で特に必要があると認める場合は利用対象とするもので,討論において,賛成の立場から,日本共産党は,本条例案は,放課後児童クラブについて利用対象児童を拡大 もっと読む
2018-03-16 福山市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月16日−06号  広   農林水産部長兼農業委員会事務局参与           村 上 弘 和   環境部長    渡 辺   毅   保健福祉局長  神 原 大 造   福祉部長兼福祉事務所長           小 野 裕 之   長寿社会応援部長住 元 利 博   保健所長兼保健部長           田 中 知 徳   保健部参与兼成人健診課長兼国保年金課主幹           落 合 史 典   児童部長 もっと読む
2018-03-13 福山市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日−03号 ◎ネウボラ推進課長(藤井順子) まず,あのねのほうへは,気軽に皆さん妊娠中から来ていただいて何度も足を運んでいただく中で,そういった児童虐待ですとか産後鬱の関係なんかの御相談も乗っていければなというふうには考えております。まずは気軽に来ていただける場所として認知していくことが重要かというふうには思っております。 もっと読む
2018-03-13 三原市議会 平成30年 3月予算特別委員会-03月13日−02号 具体的には,産後鬱の方とか高齢者鬱の方,それから虐待による子どもさんの不調,不登校などで抑鬱状態の母親などを考えております。周知先でございますが,周知は産後鬱とか育児不安を抱える人も対象と考えておりますので,乳幼児の健診や育児相談のときにチラシを配布していこうと考えております。それから,国民健康保険の対象者様で特定健診の受診券を送付いたしますが,そこに同封もさせていただこうと考えております。 もっと読む
2018-03-07 府中市議会 平成30年厚生常任委員会( 3月 7日) ○副委員長(三藤毅君) 提案理由で「府中市こどもの国の児童会館新館において継承を行うこととするため」としておられますが、きょう現在、あさひ児童館の張り紙には「閉館のお知らせ」というものが書いてありまして、ここには、「多くの皆様に御利用いただきましたあさひ児童館は、今年度をもって閉館する予定です。長年の御愛顧ありがとうございました。なお、詳細につきましては、後日お知らせします」と書いてあります。   もっと読む
2018-03-06 広島市議会 平成30年度予算特別委員会−03月06日-05号 つまり,予測ではこれぐらいなんだけれども,今,我が市において待機児童の問題があるので,施設自体は需要予測よりも多くつくろうという形でやっておっても,それでもなおかつ待機児童が発生するという状況にあるということですね。   もっと読む
2018-03-05 福山市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月05日−02号 全国的な課題にもなっている待機児童について,調査開始以来,本市においては待機児童ゼロを継続しておりましたが,厚生労働省の待機児童数調査における新定義の適用により,昨年10月の調査において初めて,本市においても待機児童が52人ということが公表されました。しかし,周辺地域に比べ,また中核市の中でも多くの児童を受け入れている状況ですが,改めて本市の待機児童の状況についてお示しください。   もっと読む
2018-02-23 廿日市市議会 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年02月23日 子どもたちの状況に応じた教育や心の教育の推進の取り組みとして、子どもの悩みをしっかりと受けとめるために、小中学校及び教育委員会に専任の相談員などを配置し、いじめや不登校、虐待等のさまざまな相談に対応する体制の強化を図ります。  また、学校における働き方改革の推進に向け、教務事務支援員の増員及び新たに部活動指導員を配置をします。   もっと読む
2018-02-22 広島市議会 平成30年第 1回 2月定例会−02月22日-04号 産後の母親が最も育児不安を感じる時期は,退院直後から3カ月という報告もあり,出産後の不安感は第2子以降の出産行動にも影響を与えることや,児童虐待にもかかわってくるとの指摘もあることから,早期の支援が重要であると思います。  公明党は,こうした出産前後の母親が安心して出産,子育てができるよう,切れ目のない妊娠・出産支援に力を入れてきております。日本版ネウボラの創設を要望してきました。   もっと読む