214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年12月04日 初めに、一般会計について、歳入では、市税における不納欠損の即時消滅について外国人就労者の影響と対策を問うという質疑に対し、出国して徴収不能となった外国人就労者分は対前年度比で32件、114万6,787円増加しており、全体に占める金額の割合は28.7%である。 もっと読む
2018-10-17 尾道市議会 平成30年 決算特別委員会 そして、主に何にこれが使われたかということになりますと、不納欠損金というのが平成26年度に退職給付費引当金ということで27億円の支出をせざるを得ない状況が公営企業の会計の制度改正によってございました。 もっと読む
2018-09-20 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月20日−06号 不納欠損額は1億4,034万6,000円で、前年度と比較いたしますと70万8,000円、率にして0.5%の増となっております。主なものは市税や保育料等で、執行停止や消滅時効によるものでございます。  収入未済額は11億6,730万1,000円で、前年度と比較いたしますと1億1,569万9,000円、率にして9%の減となっております。主なものは、市税や生活保護扶助費返還金等でございます。   もっと読む
2018-09-19 呉市議会 平成30年第2回 決算特別委員会 公営企業における収入の確保、受益者負担の公平性の観点からも、安易に債権を消滅させ、不納欠損処分として処理することは許されるものではなく、債権を適切に管理し、できる限りの徴収努力を行ってまいります。 以上、簡単ではございますが説明を終わらせていただきます。  もっと読む
2018-09-01 呉市議会 平成30年第3回 9月定例会 収入未済額と不納欠損額であります。金額としてはまだあるわけですが、年々減少傾向にあります。ここで申し上げたいのは、市税収納率の向上であります。平成17年度は93%であった収納率が、平成29年度には98.43%に改善いたしました。5%のアップということは、1年にして15億円強の歳入が増となったこととなります。 もっと読む
2018-03-13 廿日市市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日:2018年03月13日 公債権については、時効期間が経過することにより、債権は消滅し、その後、会計上の処理として不納欠損を行っております。しかしながら、水道料金や診療所の使用料などの私債権につきましては、民法の規定が適用されることから、時効期間が経過しても債務者が時効の利益を受けることを主張する時効の援用がない限り債権が消滅することはございません。 もっと読む
2018-03-01 東広島市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月01日−05号 料の場合は、滞納分が、そんなに3年、4年と請求はされませんけども、税のほうでは、もう5年ならないと不納欠損処理ができないという、本当にいつまでたっても払うに払えないという状況も生まれます。  こういったこともやっぱり、県内どこに住んでも同じ税の恩恵が受けられるって、先ほど初回の答弁でも話がされましたけれども、やはりこういった自治体の独自の手法が裏目に出ては困ると思うんですよね。 もっと読む
2018-02-09 福山市議会 平成30年 2月 9日 総務委員会 今まででもずっと,いわゆる滞納分について言えば不納欠損ということで落とさざるを得ない状況にもなっているわけですから,加入者が本当に払うことのできる保険税にどうしていくかという点で言えば,そういった賦課権限を持っているという点で考慮すべき点もあるんじゃないのかなと。 もっと読む
2017-12-15 府中市議会 平成29年第4回定例会(12月15日) 債権管理については、強制公債権・非強制公債権・私債権で取り扱いが多岐にわたり、時効の期間もまちまちであり、債権放棄(不納欠損処理)についても同様である。一般会計と水道・病院といった企業会計においても取り扱いが異なると考える。 もっと読む
2017-12-08 府中市議会 平成29年第4回定例会(12月 8日) 初めに、自主財源の確保ということでお伺いしたいと思いますが、平成28年度の決算総括表によりますと、不納欠損額は3,397万円、それから収入未済額が7億1,057万円という額になっております。市税等の収納向上や滞納対策を徹底する必要があると思いますが、その取り組み状況と今後の強化策等がございましたら、お伺いしたいと思います。 ○議長(丸山茂美君) 武田参事兼税務課長。 もっと読む
2017-12-07 廿日市市議会 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017年12月07日 なお、収入未済となっております債権のうち、既に時効期間を経過しているものや回収見込みのない債権につきましては、条例案の議決をいただいた後、速やかに債権放棄、不納欠損など適切な事務処理を行い、不良債権等の整理を行いたいというふうに考えております。  以上でございます。 もっと読む
2017-09-26 呉市議会 平成29年第7回 決算特別委員会 まず1点目は,歳入において収入未済額が一般会計で14億 4,925万 8,166円,不能欠損額が1億 4,549万 6,989円となっているが,期限の到来を待って不納欠損にするのではなく,負担の公平性の観点から,より一層の減少に努められるよう,指摘しておく。 2点目として,呉市も少子高齢化の波が急激に押し寄せており,人口減少を食いとめるためには,若者の定住が肝要である。  もっと読む
2017-09-19 府中市議会 平成29年第3回定例会( 9月19日) そうした健全化が進む中で、不納欠損額の増加、あるいは時間外手当、あるいは物件費等、これからも改善を求められるものが多々あるかと考えるところであります。   もっと読む
2017-09-19 呉市議会 平成29年第2回 決算特別委員会 最後に(5)欠損金処理計算書である。 平成27年度繰越欠損金1億 6,490万円に,平成28年度純損益 3,863万円を欠損金処理したものが,平成28年度繰越欠損金2億 354万円となっている。 病院事業関係については,医療スタッフの数が厳しい状況にあるが,引き続き地域の保健,医療の拠点施設として,良質な医療を提供するとともに,健全な病院運営に取り組んでいきたいと考えている。  もっと読む
2017-09-19 東広島市議会 平成29年第3回 9月定例会-09月19日−06号 不納欠損額は1億3,963万8,000円で、前年度と比較いたしますと1,295万円、率にして8.5%の減となっております。主なものは、市税や保育料等で執行停止や消滅時効によるものでございます。  収入未済額は12億8,300万円で、前年度と比較いたしますと1億3,852万9,000円、率にして9.7%の減となっております。主なものは、市税や生活保護扶助費返還金等でございます。   もっと読む
2017-09-13 府中市議会 平成29年厚生常任委員会(9月13日) ○委員(小原操君) 平成28年度の国民健康保険特別会計歳入歳出決算書の件の国民健康保険税の件ですが、不納欠損額は平成27年度914万6,000円、それから平成28年度は927万1,000円、それで収入未済額は平成27年度は2億4,762万円、平成28年度が2億3,711万円となっております。不納欠損額は毎年増加しており、収入未済額は徐々に減っていると思います。 もっと読む
2017-09-13 府中市議会 平成29年第3回決算特別委員会(9月13日厚生分科会) 続いて、111ページですけど、児童通園委託料、これが各保育所に対して書いてあるわけですけど、これに対する歳入で、保育所運営費の保護者負担金、いわゆる保育料でございますが、不納欠損が34万2,000円と昨年よりもぼこっとふえていると考えるんですが、そのかわり収入未済額が同額ぐらい減っているように思うんですが、このことと、それから人数がわかれば教えていただきたいと思います。 もっと読む
2017-09-11 府中市議会 平成29年第3回決算特別委員会(9月11日) それから、もう一点、不納欠損が昨年より93万円ふえて3,398万円というふうに出ております。これは総務文教委員会で債権について、今、所管事務調査として取り組んでおりますので、そのあたり、詳しくは委員会で何かいろいろ調査をして、また発表させていただきたいと思うわけでありますが、毎年大体3,000万円強の不納欠損が出ている。10年でいくと3億円強になるわけです。 もっと読む
2017-09-01 呉市議会 平成29年第3回 9月定例会 我々議会も市当局とともに、これらへの事前対応に一層の努力をせねばならないと考えますが、各位のこれらの不納欠損額の解消を含めた収入未済額の解消に、これまで以上の努力を傾注されるよう望むものであります。  もっと読む
2017-02-13 東広島市議会 平成29年第1回 3月定例会-02月13日−01号 第3項特別損失につきましては、下水道使用料等に係る不納欠損処分の今年度執行見込みにより、増額するものでございます。  次に、第4条の資本的収入及び支出の補正でございますが、予算第4条本文括弧書き中の、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額及びこれに対する補填財源の内訳及び額をそれぞれ改め、同条に定めた資本的収入及び支出の予定額を、次の表のとおり補正するものでございます。   もっと読む