9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2020-02-25 令和 2年 2月25日建設委員会-02月25日-01号

上から5番目の道路橋りょう施設災害復旧事業については、災害復旧工事などにおいて、関係機関との調整等に日時を要し、事業着手が遅延したため、12億7,825万6,000円を繰り越すものです。  なお、これらの繰越事業につきましては、早期完了に向け全力で取り組んでまいります。  

広島市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回 9月定例会−09月24日-04号

次に,復旧スケジュールについてですが,安佐北区で被災した14橋のうち,落橋するなど損傷の程度が大きいものは10橋あり,このうち,などの5橋については,おおむね3年で復旧を目指しています。また,迫田橋などの5橋については,河川管理者である国や県が河川の拡幅などを行うこととしており,本市が行う復旧工事は,その計画の確定を待つ必要がありますが,可能な限り早期復旧を目指します。  

広島市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回 6月定例会-06月18日-02号

昨年の12月議会でも取り上げましたが,昨年7月の豪雨で落橋した三篠川にかかると,これに添架していた水道管復旧についてです。  初めに,の落橋に伴い流出した水道管についてお尋ねをいたします。  この管は白木町に送水する唯一水道管であったことから,被災による影響で白木町の全域が断水となりました。

広島市議会 2019-06-12 令和 元年第 2回 6月定例会−06月12日-目次

46   山田議長 ……………………………………………………………………………………46  日程第1 市長の施政方針に対する質疑及び一般質問 …………………………………46   山田議長 ……………………………………………………………………………………46   木戸経康議員 ………………………………………………………………………………46    1 平成30年7月豪雨災害について     (1) 新

広島市議会 2018-12-10 平成30年第 6回12月定例会−12月10日-04号

その手前にあるが落橋しましたが,このには白木町へ送水する唯一水道管が設置されており,重要な管路であったと聞いております。その橋は両側のたもと部分だけが残されて,橋の中央部分はねじ曲がって流され,見るも無残な状況でした。自然の力の恐ろしさを改めて認識する一方で,白木町への断水は相当に長期化するのではないかと危惧したところでございます。  

広島市議会 2018-10-16 平成30年度決算特別委員会(第3分科会)−10月16日-02号

◎岡田 水道局維持課長    河川を横断する水道管の被害につきましては,安佐北区の三篠川にかかる損壊に伴い,橋に添架していた水道管が流失するなど,橋梁損壊に伴う添架管の流失や折損等が7カ所発生しました。こうした中でも,耐震性を有した水道管につきましては,断水を回避できたことや,別ルートからバックアップ管路が整備された地区においては,断水早期に解消することができました。

広島市議会 2018-08-28 平成30年第 3回 8月臨時会−08月28日-01号

今回の災害により落橋した橋梁は,その多くが昭和40年代以前に整備されたもので,最も古い三篠川昭和6年にかけられております。こうした橋梁は,架設当時の技術基準に従って整備されてはいるものの,現在の技術基準である河川管理施設等構造令の規定に比べまして,橋脚の間隔が狭いなど,土石や流木を含む多量の出水に弱い面があったものと考えております。  

  • 1