199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東広島市議会 2020-12-18 12月18日-05号

したがって、独創教育を支えたものは、授業を計画する教師たち際限のない研究と努力であり、東広島市の学校が今日まで大切にしてきた、教育研究の原点でございます。 また、檜高氏の座右の銘は、「一隅を照らす人になれ」という言葉であり、どの子にも光を当てて、一人一人を輝かせることを大切にしていくという考えであります。当時、旧西條小学校では檜高氏の指導の下、毎年、教育研究大会が行われておりました。

広島市議会 2020-10-27 令和 2年第 7回10月臨時会−10月27日-01号

後期高齢者医療制度を廃止し,元の老人保健制度に戻し,際限ない保険料アップの仕組みなどなくすように国に求めるべきです。  介護保険事業特別会計は,この20年間で保険料が2倍に跳ね上がる一方で,介護サービスは切り下げられて毎年黒字が出ています。保険者である広島市は,介護給付費準備基金を設けて事業計画期間に見込まれる黒字を積み立てています。

広島市議会 2020-06-23 令和 2年 6月23日建設委員会-06月23日-01号

ですからあんまり気にする人はいないかもしれませんけれども、しかし、先ほど申し上げたように、斜線制限容積率、そういった規制を仮に全て取っ払うということになりますと、際限なく高さを競い合うように超高層ビルが立ち並んでいく、そういうまちになっていく可能性があるということだと思うんです。

広島市議会 2020-05-01 令和 2年第 2回 5月臨時会−05月01日-01号

今は不安ばかりが際限なく広がり,疑心暗鬼になっているように思います。広島市としてもデータに基づいた正確な情報を届けていただきたい。もっと広報に力を入れ,注意喚起とともに安心できる情報も発信をしていただきたいです。  このたび,新型コロナウイルスでお亡くなりになられている方の8割以上は80代,90代の高齢者です。そうなると,守るべきは高齢者後期高齢者です。若い世代も決して安心はできません。

府中市議会 2020-03-18 令和 2年第1回予算特別委員会( 3月18日)

せっかく、苦労して整理したにもかかわらず、こういうことをやっていけばこれから際限なく債務負担という借金債務負担というのは個人で言えば連帯保証人のようなものですから、開発公社借金を払えなければ全て市が払わなくちゃいけないということですので、そういう借金で使う見込みがない塩漬けの土地がふえる危惧がここで生じていたわけであります。  

神石高原町議会 2020-03-12 03月12日-02号

いわゆるあればいいなというのはもちろん,補助金というのはそりゃもう際限なくあったらいいと思いますけれども,そうではありませんから,限られた財源を本当にこれから将来を担う子どもたちのためにどういう使い方をしていくのかっていうことをしっかり考えて,今回こういう判断をさせていただいたところです。 ◆7番(久保田) 給食費を払いますよと,そういう保護者の方もおられると思います。

府中市議会 2019-09-13 令和元年第3回予算特別委員会( 9月13日建設分科会)

うわけですけども、やはり府中市の主体性が感じられないというのが率直な感想で、もし天満屋自身からそういった話を持ちかけられたのなら、あくまでもまずは制約条件として、全て天満屋さんで経費を出してくださいと、府中市は、今回30万円出されていますけども、その調査費だけですよとかという、そういったことをやらないと、府中市がどんどんその中に足を踏み込まされて、次の改装費は1億円、次、今度は2億円という感じで、際限

尾道市議会 2019-09-06 09月06日-04号

◎総務部長(宮本寛) 災害が起こった際にいかに被害を少なくしていくかということは、際限がないことだと考えておりますので、継続して研究してまいりたいと思います。 ○議長(福原謙二) 26番、杉原議員。 ◆26番(杉原孝一郎) この本会議の場で、継続してというのはやめましょう。いつまでにやるのか、やらないのか、やりたいのか、やりたくないのか、はっきり言ってください。

福山市議会 2019-03-19 03月19日-06号

今後,恣意的な資金提供際限のない私企業への資金提供に道を開きかねないことが懸念される。 このように市民税金基金積み立て私企業の再開発資金提供を行うことは,私企業と地方自治体のあり方をゆがめるものともなりかねず,反対。 との意見が述べられ,採決の結果,委員多数をもちまして,原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 

広島市議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日-06号

ただ,みなしで物事を進めるということで,進めやすくはなるんですが,反対に,将来,際限なく拡大していくんじゃないかというおそれもあります。私は,そこを心配しております。将来,この事業を進めるに当たって,広大な,物すごい広い広島市が管理をする森林というのがあちこちに発生するんではないかと思いますが,こういった可能性についてどのように認識しておられますでしょうか。

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

現状でも生活を削って払っている所得実態を無視した高額な国民健康保険料を,今まで以上に際限なく引き上げようとしています。もともと水準の低い高齢者公共交通機関利用助成制度も,実態を無視して廃止しようとしています。  さらに,今の広島市政広島市だけ独自の福祉施策をやると他の自治体と格差が生じて不公平だなどと言って,例えば障害児給食費,年間134万円の助成をばっさり打ち切りました。

福山市議会 2018-12-20 12月20日-06号

激変緩和措置と言いながら今後6年間負担額はふえ続け,市民にとって際限のない増税が押し寄せてくる。40歳以上の夫婦,子ども1人の3人世帯では年所得300万円で年税額は50万円を超え,その負担率は16%に上る。さらに所得税住民税国民年金保険料を合わせるとその負担は100万円を超え,「食えば払えず,払えば食えず」という困窮状態に陥る。 国保加入者の多くは低所得者高齢者である。