136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福山市議会 2018-12-12 12月12日-04号

次に,土地の価額の妥当性については,不動産鑑定等の専門家意見も踏まえる中で今後,判断してまいります。 次に,土地の交換のメリット,デメリットは,基本方針を策定する中で総合的に検討してまいります。 次に,観光バス離発着場については,これまでも駅前周辺の交通の方向性など,福山駅前デザイン会議等専門家や市民の意見をお伺いする中で検討をしてきています。

神石高原町議会 2018-12-07 12月07日-01号

ただ,鑑定の結果でそういう単価になったということでありますけども,その鑑定に入っていただく,そういった条件というか,なぜ鑑定に依頼されたのか。例えば,同じ産業課であれば,田んぼ買うのに,一応町の取り決めで田んぼが幾らで畑が幾らというのがあるから,その単価で買ったよということであったかと思います。片や定住団地については鑑定を入れての単価だという。

三原市議会 2018-06-13 06月13日-03号

一般的に国有財産評価に際しましては、不動産鑑定において土地建物の最有効使用について判断し、評価されるものと聞いております。国の鑑定評価内容につきまして、公開をされておりませんが、本市のほうでとりました不動産鑑定評価では、青山クラブ及び桜松館のいずれについても取り壊して利用することが最有効使用であると評価をされております。

呉市議会 2018-06-13 06月13日-03号

一般的に国有財産評価に際しましては、不動産鑑定において土地建物の最有効使用について判断し、評価されるものと聞いております。国の鑑定評価内容につきまして、公開をされておりませんが、本市のほうでとりました不動産鑑定評価では、青山クラブ及び桜松館のいずれについても取り壊して利用することが最有効使用であると評価をされております。

広島市議会 2018-03-15 平成30年度予算特別委員会−03月15日-12号

◎重水 地域活性推進課長   活用可能な空き家の掘り起こしや地域の実情に応じた空き家活用策検討の支援を行うため,司法書士土地家屋調査士不動産鑑定,宅地建物取引士,NPOなどで構成する空き家活用推進チーム広島県が設置しており,市町や地域団体からの要望に応じて,それぞれの課題に応じた専門家を県の費用負担により派遣する制度がございます。

広島市議会 2017-10-19 平成29年度決算特別委員会(第1分科会)−10月19日-02号

◎川上 管財課長       市有地を公募売却する際には,あらかじめ不動産鑑定による土地鑑定評価を行い,その評価額もと本市において予定価格を決めておりますが,その額が1000万円以上の物件に関しましては,さらに財産評価委員会に付議し,その議決を経て決定しております。

三原市議会 2016-12-07 12月07日-03号

この差をどのように考えるかでございますけれども、冒頭申し上げました造成単価の35万円は、もうこれは事業費に対しまして売却面積を単純に割るということで固定的なものでございますけれども、一方、鑑定評価、すなわち処分する単価につきましては、実勢価格市場取引にマッチした価格で処分するということで常々申しておりますけれども、資格を持っておられる不動産鑑定にるる評価をいただいて決定しとるものでありまして、

呉市議会 2016-12-07 12月07日-03号

この差をどのように考えるかでございますけれども、冒頭申し上げました造成単価の35万円は、もうこれは事業費に対しまして売却面積を単純に割るということで固定的なものでございますけれども、一方、鑑定評価、すなわち処分する単価につきましては、実勢価格市場取引にマッチした価格で処分するということで常々申しておりますけれども、資格を持っておられる不動産鑑定にるる評価をいただいて決定しとるものでありまして、

広島市議会 2015-09-24 平成27年第 4回 9月定例会−09月24日-04号

本市土地を取得する場合は,不動産鑑定等が近隣の土地取引実勢価格等を踏まえながら行った土地評価額もとに,広島財産評価委員会に諮って予定価格を定めます。このように買い入れる土地価格本市がみずから設定しますので,代行業者が利潤を乗せ,実勢価格より高く買わされることはあり得ません。  次に,土地区画整理事業保留地等を購入するのは利権絡みという声があるが本当かというお尋ねでございます。  

府中市議会 2015-06-11 平成27年建設常任委員会(6月11日)

委員小川敏男君) 坪単価のことですけれど、これは不動産鑑定評価によって金額が決まったということでいいんですか。 ○委員長橘髙尚裕君) 赤利監理課長。 ○監理課長赤利充彦君) 今回の売却に係る坪単価、平方メートル単価につきましては、不動産鑑定評価に基づいて、市として決定をした金額でございます。 ○委員長橘髙尚裕君) 小川委員