260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年06月06日

認知の人を単に支えられる側と考えるのではなく、認知の人が認知とともによりよく生きていくことができるような環境整備が必要と考えます。そこで、本市の考えをお伺いいたします。  3点目は、認知初期集中支援チームや地域包括ケアシステムの普及啓発についてです。  

廿日市市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日目) 名簿 開催日:2019年06月06日

            1 太陽光発電施設設置に対応する条例の制定について             2 主要農作物種子法廃止の影響と農業食の安全を守るための市の取り組み              について             3 子どもの命と健康人権を守る取り組みについて            隅 田 仁 美 議員             1 SDGsの取り組みについて             2 介護予防や認知対策

広島市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日厚生委員会−03月06日-01号

さらに、(4)の高齢者いきいきサロンや認知カフェ、介護予防拠点などの一層の拡大に取り組んでまいります。  第3社会参加・交流の促進については、先ほどと重なる部分もございますけれども、(1)のサロンの設置や介護予防拠点の整備、(2)の認知カフェの活動の普及・定着、(3)の高齢者いきいき活動ポイント事業の充実などに取り組みます。  17ページを御覧ください。  

廿日市市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

改めて認知者への家族保護責任が問われている中、NHKの12月26日の朝のニュース特別取材で、愛知県大府市認知高齢者等賠償責任保険事業の取り組みが特集された。認知事前登録の手続をすると、保険契約者は大府市で、家族等が賠償責任を負った場合、1億円まで支払われることになっている。

廿日市市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目) 名簿 開催日:2019年02月26日

平成31年第1回廿日市市議会(第1回定例会)                  第3日目 2月26日(火) 議事日程 日程第1       会議録署名議員の指名 日程第2       一般質問(林、岡本、藤田、山田、北野、井上、栗栖)            林   忠 正 議員             1 教育委員会機関である教育支援委員会特別支援学級等について             2 認知

広島市議会 2019-02-22 平成31年第 1回 2月定例会−02月22日-04号

次に,認知対策についてお伺いします。  高齢化の進展で,2025年には65歳以上の4人に1人が認知かその予備軍と推計されています。  政府国家戦略オレンジプランを策定し,住みなれた地域で暮らし続けられる社会の実現を基本理念に掲げていますが,その最大の阻害要因がBPSD,いわゆる認知の行動・心理症状と言われています。

広島市議会 2019-02-15 平成31年第 1回 2月定例会−02月15日-目次

………………………………………………………………………………… 183   三宅正明議員 …………………………………………………………………………… 183   永田議長 ………………………………………………………………………………… 184   平木典道議員 …………………………………………………………………………… 184    1 平和推進条例について    2 災害対策について    3 認知対策

広島市議会 2018-12-13 平成30年第 6回12月定例会-12月13日-05号

意見書案第27号  衆議院議長  参議院議長   あて  内閣総理大臣  厚生労働大臣                                 広島市議会議長名    認知施策の推進を求める意見書案  世界に類例を見ないスピードで高齢化が進む我が国において,認知の人は年々増え続けています。

広島市議会 2018-12-07 平成30年第 6回12月定例会−12月07日-03号

孤立する高齢単身者,老老介護認知家族介護など,地域においてはさまざまな福祉の課題が生じ,ふえていく中で,住民に身近な地区社協の役割がかなり重要なものになってまいります。地区社協は基本的にボランティア団体ではありますが,それだけでは到底対応できない状況が目の前に迫っているのではないかと思います。市は,地区社協の問題や課題をどう認識し,その対応策はどのように考えているのか,お聞かせください。

府中市議会 2018-12-03 平成30年第6回定例会(12月 3日)

委員会では、議会による事務事業評価の対象事業として、食育拠点施設こもれび、医療体制確保事業、女性IT技術者の移住促進PR事業、生活支援体制整備事業、認知総合支援事業の5事業を抽出し、今後の事業の方向性と議会としての評価意見を取りまとめましたので、執行部に対し、次のとおり提言いたします。  

広島市議会 2018-12-03 平成30年第 6回12月定例会−12月03日-目次

………………………………………………… 158   永田議長 ………………………………………………………………………………… 159   安達千代美議員 ………………………………………………………………………… 159    1 被爆体験の継承について    2 平和の取組について    3 平和に関する研究・発信機能の強化について     (1) 広島大学理学部1号館の活用について    4 認知高齢者保護情報共有

広島市議会 2018-11-21 平成30年11月21日厚生委員会−11月21日-01号

◎片桐 地域包括ケア推進課長   地域包括ケア拠点が担う機能といたしましては、在宅療養に向けた移行支援、そして、在宅医療を支える多機関・多職種連携のネットワーク化、在宅医療を担う人材育成介護予防等の資質向上に向けた支援と、認知初期集中支援チームの主に五つの機能を想定しております。

廿日市市議会 2018-10-16 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月16日

理由は、今後の老人クラブの活動促進を図っていく中で、介護予防に資する事業を強化していく観点から、社会活動促進事業で実施していた健康づくりスポーツ事業の一部を健康体操や認知予防講座など、介護予防普及啓発に係る事業などを支援するために、介護保険特別会計予算計上を行ったものであります。

広島市議会 2018-09-27 平成30年第 4回 9月定例会-09月27日-04号

警視庁によると,平成17年から平成27年の死亡事故数は年々減少しているのに対し,75歳以上の運転者による死亡事故件数は,75歳未満の2倍以上で,その5割近くの方が認知のおそれあり,また,認知機能の低下のおそれありと判定されていました。認知機能の低下が高齢運転者による交通事故に相当程度影響を及ぼしており,高齢の運転免許保有者の増加が背景と考えられます。

府中市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会( 9月18日)

認知初期集中支援チームについて、具体的な中身とどのような仕事をしているのか教えていただきたい」という趣旨の質疑があり、担当課長から、「入院患者数は、ここ数年間は減少が続いている。対前年度比では、入院患者数は427名、0.5%減、外来患者数は476名、4.1%減となっており、こういった傾向が数年続いている。

府中市議会 2018-09-12 平成30年厚生常任委員会( 9月12日)

ただ、当初見込んでおりました計画と比べると、若干伸びは緩やかになっていると我々としても判断をしているところでございますが、平成29年度の給付費で申し上げますと、当初想定していたよりも若干給付が伸びていない一因といたしまして、認知対応型の共同生活介護、いわゆる認知対応型のグループホームと言われるものですが、これが1ユニット9人分が2カ月間にわたって休止をされていた状況がございます。

府中市議会 2018-09-12 平成30年第5回決算特別委員会( 9月12日厚生分科会)

ただし、昨今の人材確保不足の中で、7期計画の整備計画といたしましては、全て看護小規模多機能も含めて、7期計画中に整備をする計画を若干緩めてございまして、定期巡回でありますとか、認知対応型グループホームでありますとか、認知対応型のデイサービスといったものに多少絞ったもので7期計画は着実に整備を図りたい、それがかなった段階で、改めて8期の中で足りないサービスについて整備を図りたいと考えているところでございます