593件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄原市議会 2020-12-17 12月17日-04号

このため世帯の実情や高齢者状態地域介護資源などを総合的に勘案し、介護保険による訪問介護デイサービス、ショートステイなど複数の在宅サービスを提供するとともに、民生委員地域による見守り体制の構築を進めております。加えてケアマネージャーには介護者の勤務時間に配慮したサービス提供や面接、かかりつけ医との調整など柔軟な対応をいただいているところでございます。

庄原市議会 2020-09-30 09月30日-06号

重度者施設に入らず地域で暮らしていくためには、定期巡回型のサービスや小規模多機能型居宅介護サービス施設をさらにふやしたり、夜間訪問介護など、さまざまなサービス充実がそろわなければ実現できないと思います。こうした方向性が明確でないままで保険料だけが上がっていくことには、市民は理解得られないと思います。

東広島市議会 2020-02-28 02月28日-03号

24時間訪問介護ができる。これできるんですかと言ったら、どう言われたかいうたら、この要件が全部整ったらできますよと言われるんですよ。それはもう無理いうことですよね。はっきり言って無理ですよ。全部の要件がうまくいくようなことはないんですから、じゃあ、その立て方がいいのかどうかいうのは今後の課題ではないかと、私は思います。 人口減少に私はこだわっているのは、やっぱり危機的状態ですよ。

福山市議会 2020-02-26 02月26日-03号

その整備に当たっての考え方につきましては,施設整備だけではなく,在宅サービスとのバランスがとれた整備ということで,中重度の要介護者在宅生活を支えるような,例えば定期巡回随時対応訪問介護看護サービスであるとか,小規模多機能サービスであるとか,そういったことの充実に努めることで,入所申込者の解消を図ってきたところです。 

福山市議会 2019-12-12 12月12日-04号

この生活援助従事者研修と申しますのは,人材の裾野を広げるため,そして訪問介護等を担われる方を確保するために都道府県が行っている研修になります。こちら,都道府県の指定を受けましてこの研修を行っている事業所福山市内1つ事業所があります。その中では,まだこの研修を修了された方はいないというふうにお聞きをしております。 

府中市議会 2019-12-11 令和元年第4回予算特別委員会(12月11日厚生分科会)

最後の3点目の効率的で持続可能な在宅生活支援体制づくりにつきましては、当初は訪問介護サービス事業所訪問介護事業所集積をイメージしておりましたけれども、その後、県と協議を行います中で、法人形態が別のままでは集積は認められないこと、また仮にできたといたしましても余りメリットがないことがわかってまいりましたので、加えて、上下地域のさまざまな事業所方々協議を重ねる中で、上下地域は現時点でも十分な連携

府中市議会 2019-09-12 令和元年厚生常任委員会( 9月12日)

こちらにつきましては、26ページの5款地域支援事業費、5項介護予防生活支援サービス事業費、1目介護予防生活支援サービス事業費がこちらに当たるものでございまして、要支援1・2の方への訪問介護、訪問ヘルプでございますが、こちらと通所介護デイサービスになりますけどもこれに要する経費になります。平成30年度は1億3,176万2,974円になります。

福山市議会 2019-06-26 06月26日-04号

定期巡回随時対応訪問介護看護地域密着型特別養護老人ホームユニット型の応募が募集数に満たなかったとのことですが,その要因は何なのか,御所見をお聞かせください。 また,この結果を今後の施設整備計画にどのように反映されるのか,お考えをお聞かせください。 以上です。 (枝廣直幹市長登壇) ◎市長枝廣直幹) 平松議員の御質問にお答えいたします。 高齢者福祉施策についてであります。 

府中市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会( 6月 7日)

また、医療支援が必要なケースも多々あるし、そうした方々在宅で生活するためには、訪問看護という部分もまた訪問介護という部分も重ねて大切になってくるかと思います。こうした訪問系サービスは、御本人が希望されるような状況で提供できるのかどうか伺いたいと思います。 ○議長加藤吉秀君) 唐川健康福祉部長

府中市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会( 3月19日)

質疑に入り、委員から、「給付費が約1億8,000万円増加しているが、この伸びについての予測は予定どおりと考えてよいのか」という趣旨の質疑があり、担当課長から、「昨年度より保険給付増加を大きく見込んでいる要因は、平成31年度中に認知症対応型共同生活介護認知症対応型通所介護定期巡回随時対応訪問介護看護の三つの事業を1事業者ずつ整備することにより利用者増加を見込んでいる。

府中市議会 2019-03-13 平成31年厚生常任委員会( 3月13日)

昨年度よりも保険給付増加を大きく見込んでいる主な要因でございますが、平成31年度中に3つサービス、「認知症対応型共同生活介護」、「認知症対応型通所介護」、「定期巡回随時対応訪問介護看護」という3つ事業をそれぞれ1事業者ずつを整備することによりまして、利用者増加を見込んでおります。  

府中市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会( 3月 7日)

夜間巡回につきましても、緊急の場合は同じ階に24時間対応定期巡回訪問介護看護事業所がございますので、対応は可能とお伺いをしております。 ○議長加藤吉秀君) 粟根総務部長。 ○総務部長粟根誠司君) それでは、上下高校存続の取り組みについて、お答え申し上げます。  府中市の人口減少に少しでも歯どめをかけるためには、1つには子育て、教育環境充実が非常に重要と考えておるところでございます。

広島市議会 2019-03-01 平成31年度予算特別委員会−03月01日-05号

また,このリーフレットを民生委員地域包括支援センター職員,訪問介護員の方にお配りをしまして,高齢者方々を訪問した際に火災予防を呼びかけていただくよう依頼もしております。さらに,敬老の日に燃えにくい素材でできたエプロンや,住宅用火災警報機などを高齢者に贈ることのほか,火災への備えを広く呼びかける住宅防火キャンペーン家電量販店ホームセンター等連携をいたしまして実施いたしております。

廿日市市議会 2019-02-28 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年02月28日

15 ◯障害福祉課長 委員ご指摘のように、やはり報酬単価関係等移動支援はなかなかヘルパーさんが集まりにくい、事業者側としては移動支援をなかなか回しにくいという状況も、それにつきましては、はつかいち福祉ねっとの訪問介護事業所連絡会でも意見はたくさんいただいております。

広島市議会 2018-12-12 平成30年12月12日厚生委員会-12月12日-01号

項目は18ページに記載のとおり、定期巡回随時対応訪問介護看護については、17事業所目標に対して、実績17事業所であり、目標を達成しております。  一方、看護小規模多機能型居宅介護は、7事業所目標に対して、実績は5事業所となっております。この結果については、看護師の確保が困難などの理由により、平成29年度中の新規開設が2事業所にとどまったことによるものです。

福山市議会 2018-12-12 12月12日-04号

補助対象は22項目で,訪問介護,訪問看護デイサービス福祉用具など在宅サービス全般にわたります。利用料自己負担1割の40%を補助し,一般財源を活用しているとのことです。収入認定も単身で年間150万円以下,2人世帯年間収入200万円以下,資産要件はそれぞれ350万円以下,450万円以下と幅広いものになっています。収入が少ない利用者にとってはとても助かっているとのことであります。 

福山市議会 2018-12-10 12月10日-02号

このうち,要支援認定者等対象として,従来の訪問介護通所介護に相当するサービスに加えリハビリテーション専門職が短期集中的に行う機能訓練などの多様なサービスを実施することで,介護予防自立支援に努めています。また,全ての高齢者が身近な場所で介護予防に取り組むことができるよう,居場所づくりやいきいき百歳体操などの普及に努めています。

広島市議会 2018-11-01 平成30年第 5回11月臨時会−11月01日-01号

軽度者対象にした総合事業は,要支援1,2の認定を受けなくても,区役所窓口チェックリスト訪問介護通所介護サービスが利用できます。要介護認定ではなく,チェックリストの判定により事業対象者となった事例も含むと思われますが,要介護認定水際作戦になりかねないと危惧されるところです。  さらに,新総合事業予防給付介護予防ケアマネジメントは,地域包括支援センターが担っています。