1343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

府中市議会 2021-03-18 令和 3年第2回定例会( 3月18日)

質疑に入り、委員から「翁座保存活用はどのような状態を指すのか」という趣旨の質疑があり、担当課長から「翁座は、中国地方に現存する最古の木造芝居小屋であることから、歴史的・文化的に高い価値保存し、後世に引き継ぐための復元改修を行った後、観光資源として観光客に公開することを想定している。その他の具体的な活用については、今後、活用検討委員会方向性を出していく。

福山市議会 2020-12-18 12月18日-06号

ただ,現在市営渡船として運航されている平成いろは丸や,観光資源としての仙酔島への影響等も考えられる。 そのため,今後,福山市の観光拠点として,鞆地域在り方等を含めた検討をすることを求め,本条例廃止に賛成。 との意見がそれぞれ述べられ,採決の結果,委員多数をもちまして,原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 

尾道市議会 2020-12-11 12月11日-04号

その結果、尾道にとって大きな観光資源の一つである志賀直哉旧居文学記念室などを、さしたる論議もなく、令和2年3月末で閉館をしました。全体構想のない中での閉館、必ずや将来に悔いを残すことになると、私どもの会派は反対をしましたが、先人が守り、受け継いできた尾道市民の財産、観光資源である千光寺山一帯、もっと計画性を持って進めていくべきであると強く強く指摘をしておきます。 

尾道市議会 2020-12-10 12月10日-03号

さらに、サイクリングやまち歩き等、3密にならない尾道観光資源を多くの皆様に楽しんでいただくことで、観光地尾道として持続可能なまちであり続けられるよう取り組んでまいります。 経済活動を継続する上で、感染症拡大防止対策徹底は必要不可欠と考えております。本市では、継続して感染防止対策徹底をしていただくよう機会を捉えて周知を行ってまいりました。 

福山市議会 2020-12-08 12月08日-03号

また,ショウブは約160種5万株あると聞いており,観光資源としても重要だと思います。 今,手入れということがありましたけれども,常時は難しくても,少なくとも桜やショウブばらが開花するシーズンの前にはチェックをして,美しい状況を維持していただきたいことを要望いたします。 次に,紅葉や桜の植栽についてお尋ねします。 

神石高原町議会 2020-09-18 09月18日-05号

◆11番(寄定) そういう抜本的な環境美化対策,これはやはり県あるいは庄原市,神石高原町,もちろん管理をしている中電もそうですけど,ごみの処理だけでなしに,そういった観光資源として環境美化にどう取り組むかということを,この4者が力を合わせて連携して大きくアピールできるような取組をしていただきたいと思います。以前,何年か前にごみボランティアで取りに行ったことがあります。

神石高原町議会 2020-09-17 09月17日-04号

その協力隊員の方にも定住して,引き続き化石に携わってもらいたい,でも協力隊員の方も生活がありますから,いつまでも化石では収入が得られないと思うので,定住してもらうために町が何がバックアップできるのか,その化石をこれからどう保存していこうとしてるのか,町の観光資源につなげていくのか,そういう方向性を町が示さないと,住民,どうしますか,住民,どうしますかもいいですけど,町がどういうふうにするのかっていうのをそろそろ

府中市議会 2020-09-16 令和 2年建設常任委員会( 9月16日)

行う事業については、歴史文化及び観光資源等の情報発信に関すること、また歴史及び文化に関する資料の収集、保存及び展示に関すること、また貸し店舗貸し室に関することなどでございます。入館料使用料につきましては、記載のとおりでございます。  施行期日は、令和2年10月1日でございます。  

福山市議会 2020-09-15 09月15日-03号

優れた,ここ備後地方だけに残る独自の防災施設的な文化的な側面,工学的に極めて優秀な構築技術と石積み技法的な側面,剛性に富む段積み構築技法土砂流出抑止機能貯留機能を持つ構造的側面等々,多側面的な価値を持つ,世界的にも珍しい,これら地域の宝である砂留群をぜひ観光資源として活用活性化につなげる,または文化財指定に御検討のほど,よろしくお願いいたします。 

廿日市市議会 2020-09-11 令和2年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2020年09月11日

そういうことの中で、それじゃ今後の運行を今の規模感でいいのか、もう少しまだスモール化にするのか、生活に対してはしっかり確保しなくちゃいけない、観光に対してどこまで手が出せるんかという、そこに向けて対費用効果出てくるようなことができればいいかなという思いでは思ってやってますので、当然宮島口の件もございますけども、そこからもやっぱり大きな市の観光資源だという具合に極楽寺は認識しておりますので、そういうなところからも