18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

府中市議会 2017-06-08 平成29年第2回定例会( 6月 8日)

議員法律や予算などを審議、決定する権限を持ちますけれども、その執行権行政の長が責任を持つために立法権行政の分離を徹底できるものであります。その目的は自治体政治住民意思を直接反映させることや、あるいは、議会と長が相互にチェックとバランスの関係を持つことによりまして、権力の濫用を防ぐことと、公正な行政運営を保障するためとなっております。 ○議長(丸山茂美君) 本谷宏行君。

尾道市議会 2009-12-08 12月08日-02号

この委員会の目指す究極目標は、地方自治体自治行政のみならず自治立法権自治財政権をも具備した完全自治体にしていくとともに、住民意思に基づく地方制度の舞台としての地方政府に高めていくことであるとしています。 この勧告を読んで改めて思うことは、ただ1点、現在この国は揺るぎのない中央集権国家なのだということであります。

広島市議会 2009-03-06 平成21年度予算特別委員会−03月06日-05号

◎秋葉 市長         私のところに上がってきた報告では,今委員がおっしゃったような詳細の部分聞いておりませんでしたので,例えば相手方に行って相手が居留守を使って会うことができないというような事実は上がってきておりませんでしたので,しかしながらこれは市の責任できちんと指導しなくてはいけない事柄ですから,ある意味で行政の発動に対して居留守を使うのはこれは違法行為だと思いますから,きちんと法的な

広島市議会 2009-02-06 平成21年 2月 6日広島市基本構想・基本計画特別委員会−02月06日-01号

我々議員としても、区から出ておりますけれども、区に対しての行政はないといいますかね、審議権はないといいますか、全体、広島市議会議員としてはありますけれども区としてはない。そういった中で組まれているわけですが、財政的なものも含めてやはり、何らかの形で魅力ある区のまちづくりといいますか特色あるまちづくり、先ほども冒頭申しましたように旧市内と同じようにはいかないんですよね。

広島市議会 2006-04-17 平成18年 4月17日都市活性化対策特別委員会−04月17日-01号

それは行政侵害になると理解しております。我々にできるのは、市長が決断して、議案になったのを審議すればいいだけで、そういうことを感じております。ただし、せっかく開いてくれたんだから、議会意見として私なりの個人の意見を述べたいと思います。私の近い人にいろんな意見を聴いてみまして、それを含めての話ですが、今回、たった1グループで選定がなされて、条件付き最優秀案ということになりました。

広島市議会 2004-12-16 平成16年12月16日厚生委員会-12月16日-01号

飽くまで審議会というのは市長諮問機関であり、いたずらに議決機関の人間が入っていくというのは行政侵害になる可能性があるので、法律定められたもの以外はできるだけ議員は入るべきではないという考えを持っている。逆に言えば、今まで24人中5人も議員がいたこと自体が、既におかしいと私は思っているわけである。そういう意見もあるというのを御承知いただきたい。

府中市議会 2004-06-14 平成16年第4回定例会(第4日 6月14日)

そういったものが、我々、それは行政の適切な執行のために行っているものでございまして、今の能島先生の御指摘というのは、私は当たらないというふうに思っておりますし、我々の行政の範囲の中で、より高度化を目指すために行っているものでございます。そこは十分御理解を、能島議員委員として連なっていただく予定になってございますんで、ぜひ御理解を賜りたいと存じます。               

呉市議会 2003-09-17 09月17日-04号

94条で、団体自治原則について、自主立法権自主行政、自主財政権を与え、95条で、特定地方自治体に適用されるような特別法を一方的につくることができない。もしつくるとするならば、法律に基づいて、その自治体住民の直接投票で行い、その投票過半数支持を得なければならないとしています。当局は、この憲法条項に照らしてどうかという問いに対しても、一切口をつぐんでいます。

三原市議会 2003-09-17 09月17日-04号

94条で、団体自治原則について、自主立法権自主行政、自主財政権を与え、95条で、特定地方自治体に適用されるような特別法を一方的につくることができない。もしつくるとするならば、法律に基づいて、その自治体住民の直接投票で行い、その投票過半数支持を得なければならないとしています。当局は、この憲法条項に照らしてどうかという問いに対しても、一切口をつぐんでいます。

呉市議会 2003-09-09 09月09日-02号

94条で、団体自治原則について自主立法権自主行政、自主財政権を与え、95条で特定地方自治体に適用されるような特別法を一方的につくることはできない、もしつくるとするならば法律に基づいてその自治体住民の直接投票で行い、その投票過半数支持を得なければならないとしております。 市長は、この憲法地方自治定めをどう認識しているのでありましょうか。

三原市議会 2003-09-09 09月09日-02号

94条で、団体自治原則について自主立法権自主行政、自主財政権を与え、95条で特定地方自治体に適用されるような特別法を一方的につくることはできない、もしつくるとするならば法律に基づいてその自治体住民の直接投票で行い、その投票過半数支持を得なければならないとしております。 市長は、この憲法地方自治定めをどう認識しているのでありましょうか。

広島市議会 2001-11-21 平成13年度決算特別委員会(第3分科会)−11月21日-02号

その辺の動き,あるいは働きかけの状況権利調整状況行政調整状況が御説明できればお願いいたします。 ◎田中 下水道局建設部参事  河川広しについての問題なんですが,河川につきましては広島市内,国が管理している一級河川ございます。それから太田川の中でも,県が管理している猿猴と京橋とがございます。

呉市議会 1999-12-06 12月06日-01号

行政市民からゆだねられたものは、市民にその運営について説明し報告する義務である法的説明責任、いわゆる公的アカウンタビリティがあります。外部監査制度は、市が市民から負託された公的資源について、その財政執行経営管理支出に見合う価値を持つか、経済性効率性有効性を監査するものであり、全体の行財政チェックにもなり、政策形成にも役立つものであります。

三原市議会 1999-12-06 12月06日-01号

行政市民からゆだねられたものは、市民にその運営について説明し報告する義務である法的説明責任、いわゆる公的アカウンタビリティがあります。外部監査制度は、市が市民から負託された公的資源について、その財政執行経営管理支出に見合う価値を持つか、経済性効率性有効性を監査するものであり、全体の行財政チェックにもなり、政策形成にも役立つものであります。

広島市議会 1985-06-29 昭和60年第 3回 6月定例会−06月29日-03号

結局のところ,政府の推し進める地方行革とは,まさに地方自治破壊──地方自治体自主立法権行政,財政権を完全に踏みにじり,国家財政破綻のつけを回し,軍拡,大企業奉仕を押しつけ,地方自治体政府の完全な下請機関にしてしまうものです。今こそ地方自治体住民の命と暮らしを守るために臨調行革路線の強行を中止させ,行政改革を真に国民が望む方向に抜本的に転換させることではないでしょうか。

  • 1