運営者 Bitlet 姉妹サービス
29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-12-13 広島市議会 平成29年12月13日総務委員会−12月13日-01号 この政務調査費、政務活動費という法律ができたのが新しいもんですから、行政実例もないし、判例も非常に少ない。  こういうことからも手探りでやっているんだと思うんですが、常識的に考えて住所が違うんなら住所を訂正を申し出ればいい。 もっと読む
2015-12-09 三原市議会 平成27年第 6回定例会-12月09日−02号 また,地方公務員法の行政実例によれば,採用の際の受験資格に住居地要件を設けることは,通常の経路では通勤ができない地域での勤務である場合といった限られた条件のもとでなければ法律の趣旨を逸脱するおそれがあり,応募要件に市内居住を課すことは困難であると考えております。   もっと読む
2015-06-15 府中市議会 平成27年第3回定例会(6月15日) また、委員から、「2区画を1件として議案を提出する考え方について伺いたい」という質疑があり、担当課長から、「行政実例によると、1件の考え方として売却の目的の同一性を要件とされている。今回は2区画を2カ年度で同一の方に売却するもので、その目的は全く同一のものであることから、区画は別であっても一連のものと解すべきと判断した」という趣旨の答弁がありました。   もっと読む
2015-06-11 府中市議会 平成27年建設常任委員会(6月11日) ○監理課長(赤利充彦君) このような件につきましては行政実例もございますので、少し詳しく説明をさせていただきます。  議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定では、土地の売り払いについては、予定価格が4,000万円以上で、しかも1件が5,000平方メートル以上のものとなっております。 もっと読む
2014-12-10 尾道市議会 平成26年12月10日 民生委員会 法の規定を踏まえて議会が条例を提出する場合も、あらかじめ長との連絡を図って財源の見通しなど意見の調整をすべきであるとする行政実例もあります。ですので、今回のように事前に執行部を意見調整を行っていないのであれば、地方自治法第222条の趣旨を議員として尊重していないのではないかということで、首長としては再議を出してくるんじゃないかなというふうに私は考えています。 もっと読む
2014-12-09 三原市議会 平成26年第 6回定例会-12月09日−02号 学校給食が,今のような形で給食法というのが後からついていったような形でありますけども,私会計として出発をすることの根拠というのは,1957年,文部省が行政実例として,歳入処理をしなくてもよろしいという見解を出したことを根拠に行われているわけです。 もっと読む
2014-12-01 尾道市議会 平成26年第6回12月定例会 地方自治法第222条1項の趣旨を踏まえ、議会が予算を伴う議案を提出する場合も、あらかじめ長との連絡を図って、財源の見通しなど意見の調整をすべきであるとする行政実例を挙げさせていただきました。その営みを怠ったことで、議案は通ったが、市長に再議を出され廃案になった他市での事例、あるいは議員提出議案を提出したが、法的な観点から委員会付託もしてもらえなかった他市での事例も紹介させていただきました。 もっと読む
2012-12-01 尾道市議会 平成24年第5回12月定例会 ところが、確かにこの先ほど読み上げた法律に書いてあるように、主として同一の行為をすると、この主として同一の行為というのは、先ほど紹介をした行政実例で、判例としてもほぼ5割と、その事業所の取引金額の5割以上という基準を示してるようです、確かにそれは。しかし、それはあくまでも裁判実例なんですね。法律でそこまで明文化してないんです、法律で。 もっと読む
2011-11-25 呉市議会 平成23年第6回 公共交通問題対策特別委員会-11月25日−01号 すなわち,ほかに転職できないのか,呉市に配転できないのか,あるいは良い条件で退職を促せないのかといったステップを踏みなさいという判例や行政実例がある。そのため,呉市への転職を支援したり,あるいは広島電鉄を初めとする民間企業の求人情報を紹介したり,さらには勧奨退職という有利な条件で退職を勧めるというステップを踏んでいるという意味である。 もっと読む
2010-06-09 呉市議会 平成22年第1回 議会協議会(第34号)-06月09日−01号 ただし、それは裁量権がやはりございますので、何でもかんでもできるといったような行政実例はございません。一つの行政実例で申し上げれば、それまでの間に、例えばでございますけども勧奨退職の募集をするとか、いろんな職を手当てしてみるとか、それでもどうしようもないときには、地公法28条第1項で分限免職にできますよという規定があるというふうに私は理解しております。 もっと読む
2009-08-10 庄原市議会 平成21年  8月 臨時会(第5回)-08月10日−02号 一般会計と企業会計の職員を併任させることができる法的根拠はどこにあるのかという質疑に対しては、地方自治法の行政実例で兼務させることができることとなっているという答弁でございました。 もっと読む
2007-09-10 府中市議会 平成19年第3回定例会(第4号 9月10日) それについて、今回、先ほどから申し上げておりますように、我々としては、目的物は変わっていないこと、それから、その後に契約の相手方に一部変更があっても、これは、いわば対象物が変わらない中ではあり得ることであり、再議決は要しないという行政実例などから、当初の議決については改めてやり直す必要はないだろうという判断をいたしておりましたが、その範囲が半分近くに及ぶというようなこと等々から、このたび監査委員さんから もっと読む
2006-12-11 府中市議会 平成18年第5回定例会(第4号12月11日) これは行政実例で判例があるわけでございますけども、追認もしくは追完という手続でございます。ですから、手続は前後していることはまことに申しわけないことでございますが、そういったことで、一部効力を発するための手続を備えていないものを形式を整えて登記をしてしまっていることがわかったと。ですから、それを追認をお願いしているというものでございますので。 もっと読む
2005-06-13 府中市議会 平成17年第2回定例会(第4日 6月13日) それはどういうわけかといいますと、工期まで出して契約したことは、行政実例によって、工期が伸びた場合議決に再度かけなければならない、私はこう思っておるわけです。  そこでお尋ねをいたします。工期が、もし記入しないでこれを契約した場合、工期が延びた場合、再議に付すことが必要であるのかないのかをお尋ねしたいと思います。 (21番議員 佐伯好昭君 降壇) ○議長(山本廣文君) 桐島監理課長、答弁。 もっと読む
2004-12-03 府中市議会 平成16年第7回定例会(第1日12月 3日) 行政実例としての公の見解ですが、提案者も既に読んでおられると思うんですが、議員の辞職勧告決議案及び議長不信任案決議に対して、法律上の解釈として、これは地方自治法第112条の議会の議決すべき事件には該当しないので、議決機関としての議決としては適当ではない、あるいはまた、個々の議員の辞職や議長の不信任決議は、あくまでも本人の良識によって決められる事件で、他の議員が関与すべきものではない。 もっと読む
2004-09-07 呉市議会 平成16年第4回 9月定例会-09月07日−02号 次に、補助金を支出するということは、公益上必要がある場合に限られており、また補助する基本的な考え方は、自家の財力に余裕がある場合にその事業を助成し、もって自体の公益を増進せしめんとする趣旨である旨の行政実例がありますので、当然のことと考えております。しかし、市財政は非常に厳しくなっている現在、自家の財力に余裕があるとは思えません。   もっと読む
2003-03-25 府中市議会 平成15年第1回定例会(第5日 3月25日) 答弁の中でいただいた、災害時などの場合、このような行政実例があるというふうに答弁をされておりましたが、これはどう考えても詭弁であると言わざるを得ません。市長のこのような独裁的な手法に猛省を促す、そういった意味も込めて、反対をいたします。            (6番議員 小森龍太郎君 降壇) ○議長(平田八九郎君) 続いて、賛成者、棗田澄子君。             もっと読む
2003-03-10 府中市議会 平成15年第1回定例会(第4日 3月10日) それで、一つには、地方自治法上の96条の第8項には、仮契約のことについても行政実例も出ておりますけれども、私どもとしては、こういうふうな行政実例があるから当然のことにやったんだというふうな考え方は、もちろん持っておりませんで、やはりできることなら12月議会あるいは先ほどございました、私どもの不注意でございますが、臨時議会を開くなりということはあったんですが、私どもはずっと10月以降、プロポーザルの選定委員会 もっと読む
2002-12-09 府中市議会 平成14年第6回定例会(第2日12月 9日) 例えば、今、学者の間で議論がされているやに聞くわけですが、合併をして、果たして地方の財政が、健全化が果たされるのかどうなのか、そういったことを、さまざまな施策や行政実例を例に引きながらシュミレーションをしてもなかなかその方向性が見えないという、そういうことすら指摘をされている、そういう状況の中で合併をし、デメリット部分を含めて、住民の皆さんに理解やこれからの協力をいただく、そうしていくとするならば、 もっと読む
2001-09-12 府中市議会 平成13年第3回定例会(第4日 9月12日) なお、方法につきましては、剰余金処分計算書をもって決算の認定の議決とあわせて利益の処分の議決を受けることは差し支えないという行政実例がございますので、そういう形でお願いをしておりますので、決算認定とあわせて議決という手続をよろしくお願いしたいというふうに思うところでございます。   もっと読む
  • 1
  • 2