271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年12月03日

また、歳出環境においては、会計年度任用職員制度が新たに導入されることに伴う人件費や社会保障関係費、公債費といった義務的経費が今後ますます増加することが見込まれるほか、近年頻発する自然災害への対応など市民安全・安心の確保に向けた取り組みもさらに必要となり、今後も厳しい財政状況が続くと想定されます。  

廿日市市議会 2019-10-29 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年10月29日

今後については本市の将来の発展を担う事業として進めている新機能都市開発事業、地域医療拠点等整備事業、宮島口地区整備事業、筏津地区公共施設再編事業の着実な実施を初め、近年多発している自然災害に対し安全で安心して暮らせる災害に強いまちづくりや、地域の持続的発展を支えるために必要な地域力の維持向上、移住・定住人口の増加など喫緊の課題に対応した地域づくりを推進する事業などにも取り組んでいかなくてはならないと

呉市議会 2019-09-26 09月26日-06号

昨今の日本災害列島と呼ばれるなど自然災害が後を絶たず、その中で最も危機感を持つべきことは、南海トラフ首都直下型、北海道東方沖等で予想されている最大マグニチュード9.0の超巨大地震や、地球温暖化の影響と見られる、頻繁に発生している台風や豪雨により、河川の氾濫、崖崩れなどの大災害を引き起こすということであります。 

広島市議会 2019-09-19 令和 元年第 3回 9月定例会−09月19日-02号

近年の自然災害を振り返ると,5年前の広島豪雨災害,昨年の西日本豪雨災害を初め,全国各地で毎年のように災害が発生しており,いつどこで想定を上回る災害が起きてもおかしくない状況です。こうした自然災害の対応は,災害が起きてからではなく常日ごろからの対策が必要であり,そのため,地域防災力を高めるとともに,地域に身近な区役所の機能強化も重要ではないかと考えます。

廿日市市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019年09月13日

また、国におきましては、近年の豪雨、高潮、暴風、波浪地震豪雪などの自然災害に事前から備え、国民生命財産を守る防災減災、国土強靱化は喫緊の課題としております。こうした中、特に緊急に実施すべきハード、ソフト対策について、3年間で集中的に実施すべき対策防災減災、国土強靱化のための3か年計画として取りまとめ、重点的に取り組んでおります。  

廿日市市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年09月10日

これは当初予算に計上している河川維持管理事業の財源として今年度から新設された緊急自然災害防止対策事業債を活用することとしたため追加するものでございます。  小学校リニューアル事業、補正前限度額9,160万円を補正後限度額1億1,030万円とし、1,870万円増額するものでございます。これは歳出の阿品台西小学校屋上防水改修工事請負費の補正財源として追加するものでございます。  

広島市議会 2019-06-25 令和 元年第 2回 6月定例会−06月25日-05号

意見書案第1号  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  あて  総務大臣  財務大臣                             広 島 市 議 会 議 長 名    地方財政の充実・強化を求める意見書案  地方自治体においては,地方創生への取組を始め,子ども子育て福祉医療教育の充実,公共施設等の更新・統廃合・長寿命化対策,さらには激甚化する自然災害に備えるための防災

広島市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-03号

その上,二葉山トンネルは対面通行で事故危険性も高く,自然災害を誘発しかねない事業です。増額後の費用対効果が1を下回るのであれば,この事業は中止すべきです。どうしてもやるというなら,トンネル工事の是非を問う市民投票もすべきではありませんか。  次に,高齢者公共交通機関利用助成の拡充について。  ことし1月18日締め切りで,高齢者のもとに高齢者いきいき活動ポイント事業に関するアンケートが届きました。

広島市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回 6月定例会-06月18日-02号

災害大国の日本にあって,かつ近年も頻度が増してはその規模さえ拡大化する自然災害を前に,当然万全なる体制を各所で必ずや保つことは困難をきわめますが,これだけ都市型の局所豪雨が頻発する昨今,行政が指定する避難所や垂直避難を促す緊急退避施設のほかにも,平素から大型の民間商業施設とも連携を図るなど,災害死ゼロを目指しながら,いまだ後を絶たない災害関連死もゼロにすべく,さらなる想定,避難所の体制整備は必須かと

府中市議会 2019-03-14 平成31年第1回予算特別委員会( 3月14日建設分科会)

環境整備課長(伊吹公雄君) 災害廃棄物処理計画でございますが、内容としましては、今後発生が想定される大規模地震洪水による水害、その他自然災害に備えるため、各種災害により発生した災害廃棄物を迅速かつ適切に処理を進め、早期復旧・復興を目指すための手順などをあらかじめ定めておく内容となります。  

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

深刻な自然災害が相次ぐ中,防災対策の強化は最優先の課題のはずです。しかし,広島市施行する急傾斜地崩壊防止対策に充てるのは昨年度並みの7億円です。県の予算がつかないと実施できないとして,住民が要望書を出している33カ所が完了するのに10年かかると答弁されてきました。市内で市施行の対象となる急傾斜地は,あと400カ所が未整備です。

廿日市市議会 2019-03-13 平成31年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2019年03月13日

53 ◯徳原委員 今回の賠償ということで、車の損傷とか、いろんなことあったかと思うんですけど、本会議か、別の委員会で出たと思うんですけど、自然災害ということで、非常に微妙なこの賠償の件だと思うんですけど、あくまでも、あっちゃいけないことが起きたんですけど、でもこれを、こういう判断というものを、手順としては、この基準の額の出し方というのは、ある程度市の担当の相談できる法律弁護士

広島市議会 2019-03-05 平成31年度予算特別委員会−03月05日-07号

自然災害が起きるのか,ふえてきたのか,自然災害がどうして起きるのか,なぜふえてきたのか,その広島の自然災害が起きる特徴,例えば活断層とか真砂土のこととか気象のこととか,防災質問させていただいた,今まで災害がいつどこで起きてきたのか,災害に備える大切さを学ぶ,知ることができる必要があるのではないかなと。

府中市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会( 3月 4日)

近年の自然災害の経験などから、地域コミュニティの重要性が再認識され、その中心である町内会組織との連携強化を図り、信頼関係を構築することが必要と考えております。構築手段の一つとして、町内会に対し、情報連携を目的としたタブレット端末を試験的に導入し、行政情報共有や電子回覧板の試行配信、防災メールの配信や災害情報共有を図るものでございます。  

広島市議会 2019-02-28 平成31年度予算特別委員会−02月28日-04号

その方々は,たまたまこの間の自然災害のときは自分の家には来んかったけれども,亡くなられた方とか,被害を受けられた方に対しては,地域として何とかしてあげたいと思うことはいっぱいあります。でも,たまたまなかったけれども,すごく心配だよねと。これからじゃあ,我々はこの安芸区のこの地区に住むんだけど,本当に大丈夫かなって思っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃるんです。  

廿日市市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

我が国の水道は、97.9%の普及率を達成したものの、一方で人口減少社会の到来による水需要の減少、料金収入の減少、高度成長期時代に大量に整備された水道施設の老朽化の進行、更新のおくれ、団塊世代の退職による水道事業に携わる職員数の減少、そして自然災害による水道被害の多発などの課題に直面し、特に小規模な事業体ほど深刻な状況にあると認識しております。  

広島市議会 2019-02-22 平成31年第 1回 2月定例会−02月22日-04号

しかしながら,4年前の8.20の自然災害,そしてこのたびの7.6の災害と,自然災害のサイクルが短くなり,また,規模が大きくなってきていると実感しております。また,これほどの災害が続きますと,平常時には気づかなかった崖や河川について,地域から災害予防対策をしてほしいといった多くの行政要望が出てまいります。