332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神石高原町議会 2021-06-18 06月18日-03号

普通財産管理経費庁舎建設事業庁舎管理経費,町紹介PR事業自治宝くじ助成事業協働まちづくり支援事業母子家庭等対策総合支援事業畜産振興施設整備事業水土保全林整備事業,ひろしまの森づくり事業小規模崩壊地復旧事業自然公園等管理運営経費町道維持補修経費,単独町費町道整備事業,国・県道整備移譲事業消防施設整備事業小学校プール施設管理経費,保健・医療福祉支援事業基金積立経費等追加及び職員人件

呉市議会 2020-12-07 12月07日-01号

議第146号の令和年度呉市後期高齢者医療事業特別会計補正予算は、職員人件及び後期高齢者医療システム改修に要する経費補正するものでございます。 議第147号の令和年度呉市介護保険事業保険勘定特別会計補正予算は、職員人件及び介護保険システムなどの改修に要する経費補正するものでございます。 債務負担行為補正は、介護保険システム等賃借料を変更するものでございます。 

三原市議会 2020-12-07 12月07日-01号

議第146号の令和年度呉市後期高齢者医療事業特別会計補正予算は、職員人件及び後期高齢者医療システム改修に要する経費補正するものでございます。 議第147号の令和年度呉市介護保険事業保険勘定特別会計補正予算は、職員人件及び介護保険システムなどの改修に要する経費補正するものでございます。 債務負担行為補正は、介護保険システム等賃借料を変更するものでございます。 

神石高原町議会 2020-06-17 06月17日-03号

議会費補正予算額4万5千円,補正予算現計8,619万5千円,議会費職員人件4万5千円。 総務費補正予算額マイナス186万1千円,補正予算現計41億7,134万4千円,一般管理費職員人件マイナス870万9千円,税務総務費職員人件マイナス197万6千円,町長等特別職人件費マイナス39万1千円,自治宝くじ助成事業250万円,かがやきネット管理運営経費541万5千円。 

庄原市議会 2020-03-16 03月16日-04号

まず、職員人件につきましては、育児休業者休職者中途退職者等整理及び災害派遣職員負担金精算見込みにより、一般会計一般職で5,477万4,000円の減額補正を計上しております。以下、予算科目の款・項のうち増減1,000万円以上の補正額を計上しております項に絞り、人件費以外の主な補正内容について順を追って説明いたします。

府中市議会 2020-03-13 令和 2年第1回予算特別委員会( 3月13日厚生分科会)

146ページを見ていただくと、職員人件職員給61名がありますよね。これは多分、正規職員さんですよね。これが61人で2億3,598万9,000円、これは1人当たりに直すと386万8,000円なんです。フルタイムさんのほうが1人当たりが高くなるんですよね。で、おかしいなという話になってくるんですね。  

呉市議会 2020-03-03 03月03日-04号

議員案内収集コストは、直営職員人件収集料で、委託委託料収集料で除して算出したもので、本件における直営収集に携わる職員は、家庭ごみ収集以外に公園ごみ収集ボランティアによる清掃ごみ収集市民への環境美化啓発ごみステーション管理に伴う自治会との調整委託業務指導などにも従事しております。

三原市議会 2020-03-03 03月03日-04号

議員案内収集コストは、直営職員人件収集料で、委託委託料収集料で除して算出したもので、本件における直営収集に携わる職員は、家庭ごみ収集以外に公園ごみ収集ボランティアによる清掃ごみ収集市民への環境美化啓発ごみステーション管理に伴う自治会との調整委託業務指導などにも従事しております。

呉市議会 2019-12-20 12月20日-05号

職員人件減価償却費経費に入れたら使用料アップは当然です。市民税金で建てた施設に、なぜ市民使用料として金を払わなければならないのか。おかしいではありませんか。施設などは、多くの市民無料とか低料金で使われてこそ目標が達成します。今回の値上げは、負担できない市民に使わせない逆行したやり方で許せません。

三原市議会 2019-12-20 12月20日-05号

職員人件減価償却費経費に入れたら使用料アップは当然です。市民税金で建てた施設に、なぜ市民使用料として金を払わなければならないのか。おかしいではありませんか。施設などは、多くの市民無料とか低料金で使われてこそ目標が達成します。今回の値上げは、負担できない市民に使わせない逆行したやり方で許せません。

呉市議会 2019-12-10 12月10日-02号

しかしながら、相当の職員を削減してまいりました現在におきましても、呉市は、他の中核市と比べて人口規模の割に職員数職員人件とも多いという状況がございます。呉市では、人口減少少子高齢化が続いており、また社会の変化により重要性が下がり業務量が減少する仕事もございますが、今後一層限られた職員で効率的に業務を行うことが求められてくるものと考えております。 また、時代はどんどん変わっております。