145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-09-19 令和元年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2019年09月19日

これはやはり貸し付けを受けた方の状況、なかなか返済が難しい状況があって、所得の低い方の状況でありますとか、そういったところを踏まえての法改正が6月にされ、さらにこの今回の法律改正のほうは、先ほど申しましたように、阪神淡路大震災関係で当時は被災者生活再建支援法といって、お金を給付する、支給する制度がなくて、いわゆる貸し付けであったり、義援金に頼っていた状況があって、貸し付けを受けた方が高齢化したことによる

尾道市議会 2019-09-06 09月06日-04号

その後、7月豪雨災害救助法の適用や激甚災害の指定を受け、本市でも土砂瓦れき撤去等について国の補助を活用した制度が創設され、その他住宅提供義援金支給等支援制度が徐々に拡充されましたので、その都度情報提供及び申請手続の説明などを行いました。 次に、昨年の9月議会以降の取り組み等についてでございます。

広島市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-03号

特に住宅再建は国の支援金は300万円と少なく,8.20のときよりも義援金も格段に少ない状況の中で,再建はより困難な状況が予想されます。また,長期化する避難生活で過労や心労で体を壊したり持病を悪化させる方もいます。国の国保の一部負担減免措置で何とか必要な治療を受けてこられた方にとっては,この被災者支援はまさに命綱です。ところが,国は6月で打ち切る方針を示しています。

広島市議会 2019-02-28 平成31年度予算特別委員会−02月28日-04号

ちょっと財政局に聞きますが,義援金っていうのは,現に被災を受けた方にしか配当できないような仕組みか法律か何かあるんですか。 ◎手島 財政局長       今回,義援金は県のほうで集めて,また関係市町配分しておりますが,その委員質問について,ちょっと私,正確なことは申し上げられませんので。 ◆三宅 委員         発通してますけど,いきなり聞いてますから,それは答えれんでしょうね。

尾道市議会 2018-12-18 12月18日-05号

一部を改正する条例案          (以上2案一括上程委員会付託省略予定)第4 建第17号議案 (仮称)ボートレースチケットショップ尾道の設置に反対する決議(案)          (委員会付託省略予定)第5 建第20号議案 教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書(案)   建第21号議案 相次ぐ災害に対する特別交付税増額を求める意見書(案)   建第22号議案 義援金差押禁止法

東広島市議会 2018-12-14 12月14日-05号

まず、義援金ですが、国の基準では床上浸水は18万円、一部損壊は36万円、半壊は90万円であります。 また、広島災害見舞金は、半壊は10万円、床上浸水はなしであります。あるいは、半壊以上であれば、国の制度である被災住宅応急修理制度対象となり、自分で修理する資力がない場合は、住宅修理のための費用として限度額58万4,000円を受け取ることができるのであります。 

府中市議会 2018-12-11 平成30年厚生常任委員会(12月11日)

○副市長村上明雄君) 今回の福祉医療関係については、7月豪雨災害を受けて、いろいろ見直す中で制度改正になったということなんですが、このたびの府中市におけます災害対応につきましても、罹災証明と各種義援金、支援金医療給付関係につきましても、健康福祉部中心となって、ワンストップ窓口罹災証明受付発行と合わせて、いろんなサービスといいますか、給付がありますよというのを、できるだけ一つの窓口でできるようには

呉市議会 2018-12-11 12月11日-02号

また、住宅被害を受けた方については、住宅被害程度再建方法に応じまして、被災者生活再建支援金のほか、義援金災害見舞金などの支援制度が設けられております。こうしたソフト面での支援に加えまして、ハード面での対策としまして、砂防堰堤整備道路河川復旧などについて、施工時期をお示ししながら早期に着手していくことが必要であると考えております。 

三原市議会 2018-12-11 12月11日-02号

また、住宅被害を受けた方については、住宅被害程度再建方法に応じまして、被災者生活再建支援金のほか、義援金災害見舞金などの支援制度が設けられております。こうしたソフト面での支援に加えまして、ハード面での対策としまして、砂防堰堤整備道路河川復旧などについて、施工時期をお示ししながら早期に着手していくことが必要であると考えております。 

広島市議会 2018-09-26 平成30年第 4回 9月定例会−09月26日-03号

4年前の災害では義援金が62億円に上り,公費支援の不足を補う形となりました。今回は西日本の広い地域被災し,義援金に頼れないことは明らかです。今回の災害被災者にも4年前と同じ程度生活再建支援が必要ではありませんか。市としても被災者生活再建支援制度増額について国に求めるべきではありませんか。同時に市も支援の上乗せなど,独自の取り組みをすべきではないでしょうか。

神石高原町議会 2018-09-13 09月13日-02号

また,復旧に取り組まれている全ての方々,そして本町に対して寄附義援金をいただいた方々に心から感謝を申し上げます。 それでは,質問をさせていただきます。 7月豪雨被災を受け,8月補正から24億円から成る予算が決められました。被災箇所の多さに,復興に相当な労力がかかるものと見込まれ,町民が一丸となることが大切だと思います。しかしながら,いまだに復旧に迷っておられる方も多いのではないかと思います。

福山市議会 2018-09-12 09月12日-04号

床上浸水災害見舞金1万円,特別災害見舞金1万円,義援金5万円の合計7万円が支給されます。しかし,床下浸水の場合は見舞金はなく,税などの免除もほとんどありません。なぜ床下浸水被害見舞金税免除対象から外しているのか,お答えください。 床下浸水であっても,被災者は精神的,経済的に大きな負担を受けます。庄原市では,床下浸水の場合2万円,床上浸水5万円が支給される市独自の制度があります。

東広島市議会 2018-09-11 09月11日-03号

そこで、本市でも床下浸水された被災者に対し、市独自のお見舞金義援金給付してはいかがでしょうか。 次に、国が7月豪雨被災自治体に、8月2日付で通知いたしましたように、民有地に流れ込んだ土砂について行政が撤去できることになっております。一日も早く一人一人の立ち直りを進められるよう、国は後押しを、熊本大地震広島土砂災害から適用してきたものでございます。

府中市議会 2018-09-07 平成30年第5回定例会( 9月 7日)

例を申し上げますと、し尿緊急収集に対しまして、このたび浸水被害を受けた個人住宅便槽し尿被災者みずからが業者委託により収集された経費の一部に対する補助金交付義援金とは別にこのたびの災害被災した住家などの罹災状況に応じた見舞金給付、今回、町内会地域一丸となって災害救助活動復旧活動に果たされた役割はまことに大きく、今後の地域防災活動における中心的役割を担っていただくという期待も込めまして

尾道市議会 2018-09-07 09月07日-04号

そこで、義援金などを活用して今回だけでも床上浸水床下浸水被災者に市独自の義援金を、見舞金を支給してはいかがでしょうか。ちなみに庄原市では床上浸水の場合5万円、今回に限り床下浸水についても2万円を支給しているということでありますし、福山市も三原市も額に違いはありますが、こういう制度を持っております。 以上、お答えください。 ○副議長(加納康平) 理事者より答弁を求めます。 平谷市長

尾道市議会 2018-09-06 09月06日-03号

また、逆に私どもが災害を受けたときに釧路市の市長のほうから義援金等のお見舞いもいただいたりということございますので、本当に心配をしている状況でございますが、何はともあれそれぞれ新しい災害に対しての対応を求められている中で、復旧復興に向けて関係者ともども力合わせて取り組んでいかなければならないということで、改めて尾道復旧あるいは復興に向けて関係者皆様と本当に安心して暮らせるまちづくりということで取

庄原市議会 2018-09-05 09月05日-02号

なお、利益剰余金につきましては、2,000万円をこのたびの7月豪雨災害被災された方への義援金及び市への災害復旧に対する寄附金として支出をされております。続きまして、12ページをごらんください。損益計算書でございます。売上高につきましては、7億6,086万2,375円で、これに対し、売上原価が6億5,693万5,081円で、売上利益は1億392万7,294円であります。